【ドラフト】平良竜哉(九州共立大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、九州共立大学の平良竜哉内野手です。

小柄ですが、明治神宮野球大会で本塁打を打ち、リーグ戦でも10本以上の本塁打を打っており、長打力があります

また、バットコントロールや足の速さも魅力で、日本代表候補にも選ばれました。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 九州共立大学・平良竜哉

記事の内容

をご紹介しています。

平良竜哉(九州共立大)の経歴やプロフィール

まずは、平良竜哉の経歴です。

プロフィール
  • 名前:平良竜哉(たいら りゅうや)
  • 出身地:沖縄県うるま市
  • 生年月日:1998年度
  • 身長:170cm
  • 体重:72kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:三塁手、一塁手
  • 経歴:前原ルーキーズ(うるま市立伊波小学校)→ うるま市立伊波中学校 → 沖縄県立前原高校 → 九州共立大学

詳しく見ていきましょう。

平良竜哉は中学・高校とキャプテンを務める!

小学校3年生の頃から、軟式野球を始め、前原ルーキーズでプレーします。

小学生時代は、主に捕手でした。

中学生になってからは軟式野球部に所属し、投手、捕手、外野手といった複数のポジションを守りました。

中学校3年生からキャプテンとなり、夏には全国大会に出場します。

沖縄県立前原高校に進み、内野手兼投手としてプレーしました。

高校2年生秋からキャプテンとなります。

2年生秋の県大会では、3回戦の未来沖縄高校戦では延長戦でサヨナラヒットを打ちベスト8になりました。

3年生春の県大会でベスト8、3年生夏の県大会は、準々決勝の那覇西高校戦で延長戦の末に敗れ、甲子園出場を逃します。

平良竜哉は2年連続で明治神宮野球大会に出場!

プロ志望届は提出せず、高校卒業後は九州共立大学(福岡六大学野球連盟)に進学します。

1年生春のリーグ戦は、開幕戦から1番・ファーストで出場、九州産業大学戦で満塁本塁打を打つなど3本の本塁打を打ちました。

1年生秋は、明治神宮野球大会に6番・サードで出場し、1回戦の名城大学戦で本塁打と三塁打を打ちます。

準々決勝の日本体育大学戦でもヒットを打ちましたが、試合は敗れました。

2年生春からは4番に座ります。

2年生春のリーグ戦では、福岡教育大学戦で2本の本塁打を打つなど3本塁打を打ち、11盗塁で最多盗塁のタイトルを獲得しました。

それでも、「数字は良かったけど、大事な場面で4番の仕事ができなかった。難しいボールを振らされた」と振り返り、打撃投手に厳しいコースへ投げてもらう練習をします。

その成果もあり、2年生秋は、打率.564、4本塁打、20打点(全てリーグ1位)の活躍で、リーグ優勝に貢献し、MVPの連盟表彰も受けました。

2年連続の出場となった明治神宮野球大会では、準々決勝(初戦)の立正大学戦でノーヒット、試合も敗れます。

平良竜哉は大学4年生からキャプテンになる!

3年生秋は、リーグ1位となる打率.452をマークする活躍で大学野球日本代表候補に選ばれました。

しかし、選考合宿前にケガにより辞退したため、4年生春はリーグ戦で活躍し、代表入りを狙います。

また、大学4年生からは、中学、高校に続きキャプテンに選ばれました。

なお、大学3年生までに下記のタイトルを獲得しています。

タイトル(リーグ戦)
  • 最優秀選手:18秋
  • ベストナイン(一塁手): 18秋、19春秋
  • 首位打者:18秋、19秋:
  • 最多本塁打:18秋
  • 最多打点:18秋19秋
  • 最多盗塁:18春19秋

平良竜哉(九州共立大)の成績

続いて、平良竜哉の成績を見ていきましょう。

成績
  • 全国大会通算(全日本:17、18):3試合、打率.273、1三塁打、1本塁打、1打点、3三振、出塁率.273
  • リーグ戦(17春~19秋):66試合、打率.367、18二塁打、5三塁打、14本塁打、76打点、27盗塁

成績は2019年までのものです。

全国大会での打率が3割を下回り、ノーヒットに終わった試合もありました。

リーグ戦での三振数、四死球数は不明ですが、全国大会ては四死球を選べておらず、1試合に1個の割合で三振しているので、三振を減らし出塁率を高められるかが課題となりそうです。

一方で、全国大会でも本塁打を打ち、リーグ戦でも10本を越える本塁打を打つなど、長打を打てます

また、三塁打を打ったり盗塁を決めており、足も使えそうです。

平良竜哉(九州共立大)の特徴や動画

次に、平良竜哉の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

2020 大学野球注目選手 九州共立大 平良選手

左足を上げてタイミングを取っています。

体はそこまで大きくないですが、体重移動を使ってバットを振り切るスイングです。

なお、身長168cmのメジャーリーグ・アストロズのアルテューベ内野手に憧れており、シーズンMVPを獲得した事に刺激を受けています。

身長が低くてもできる」と考えており、練習後の筋力トレーニングを毎日欠かせません。

平良竜哉は長打力とバットコントロール!

動画の1分10秒過ぎでは、内角寄りの落ちる変化球を打ち、外野の頭を超える長打にしてます。

体はそこまで大きくないですが、体全体を使ってフルスイングしているので、長打を打つことができるのでしょう。

動画の15秒過ぎでは内角寄りの変化球に対応しており、色々な球に対応できるかもしれません。

動画の1分55秒辺りでは体勢を崩されながらもヒットにしており、バットコントロールができそうです。

平良竜哉の足の速さはまずまず!

動画の最初ではホームへの送球の際に、二塁まで進んでおり、次の塁に進もうとする姿勢があります。

動画の1分10秒過ぎでは、三塁までの到達タイムが12秒ほどで、足の速さもまずまずのようです。

そういったこともあり、リーグ戦で30個近くの盗塁を決めることができるのでしょう。

平良竜哉の選球眼はまずまず!

次に、こちらの動画を見ていきましょう。

【2019九州大学野球選手権】九州共立大学・平良竜哉選手(3年 前原)気合の戦士のフルスイング!➡︎初回2ランホームラン!10月23日

追い込まれるまでは打てる球を振りに行っているようですが、ボール球は見送る事ができており、選球眼はまずまずのようです。

ただ、今後は、三振を減らせるかが課題となるかもしれません。

平良竜哉の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 体全体を使ってバットを振り切るスイング
  • 長打力があるほか、バットコントロールができる
  • 足の速さはまずまず
  • 選球眼もまずまず

となります。

小柄ですが、長打力、バットコントロールが魅力でや足も使える選手です。

ファーストでの出場が中心ですが、サードも守れます。

平良竜哉(九州共立大)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、平良竜哉のスカウト評価です。

現時点でスカウトの寄せたコメントはありませんが、明治神宮野球大会などを視察したスカウトはいるかもしれません。

長打力、バットコントロール、足の速さが魅力の選手なので、長打を打てる内野手を必要としている球団は獲得を考えそうです。

今後の活躍次第では、2020ドラフトで指名される可能性もありそうです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

平良竜哉(九州共立大)のまとめ

以上が、九州共立大学・平良竜哉経歴や成績、特徴でした。

小柄ですが、長打を打て、バットコントロールや足の速さも魅力の選手です。

活躍次第で、2020ドラフトで指名される可能性もあると思います。

まずは、リーグ戦で活躍し、日本代表入りになるか注目です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です