ドラフト2019候補 長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)の成績・経歴・特徴は?

2019年ドラフト注目投手をご紹介していきます。

今回ご紹介する選手は最速153km/hを誇る長身右腕の新潟アルビレックスBCの長谷川凌汰です。

昨年のBCリーグでは1年目にも関わらず6勝を挙げている本格派右腕です。

今回はそんなドラフト2019候補 新潟アルビレックスBC・長谷川凌汰の成績・経歴・特徴をご紹介します。

2019ドラフト長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)の経歴は?

まずは長谷川凌汰の経歴の紹介です。

経歴
  • 名前:長谷川凌汰(はせがわ りょうた)
  • 出身地:福井県越前市
  • 生年月日:1995年11月8日
  • 身長:188cm
  • 体重:92kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:軟式野球(北新庄小学校) → 万葉中学校 → 福井商業高校 → 龍谷大学 → 新潟アルビレックスBC

詳しくみていきましょう。

長谷川凌汰は高校入学時は外野手だった

長谷川凌汰は小学2年生の頃から野球を始め、中学生の時には軟式野球部に所属しています。

その頃は野手としてプレーをしていたようです。

福井商業に入学した当初も外野手としてプレーをしていたようですが、その長身と肩の強さから投手に転向

1年の秋には控え投手としてベンチ入りをする実力を発揮しています。

長谷川凌汰は甲子園で完投勝利を飾っている

高校生から投手を始めた長谷川凌汰ですが、長身から繰り出される直球を武器に躍進します。

主に抑え投手として活躍し3年の夏には見事甲子園出場を果たしました。

続く甲子園では1回戦目で三者連続三振を奪うなどして、好リリーフをみせます。

その調子の良さから2回戦目ではいきなり先発投手となり、1失点での完投勝利を飾りました。

投手経歴が短いのにも関わらず、大舞台で完投勝利を成し遂げられるというのはすごいですよね。

長谷川凌汰のプロ野球選手になる夢のために体重を14kg増量

高校卒業後は龍谷大学に進学しましたが、そこでスランプに陥ります。

だんだんと自分のフォームがわからなくなっていき、高校の最速が141km/hだった真っ直ぐが120km/h近くまで落ち込んでしまいました。

しかし、そこで諦めることなく「プロ野球選手になる」という大きな夢を持ち、ウェイトトレーニングに励んだ結果、体重は入学当初よりも14kgアップの92kgとなります。

そして4年の秋には148km/hを計測できるまでの球速になりました。

そして一度は一般企業の就職を考えたようですが、自分の夢を叶えるために独立リーグへ挑戦の道を選び、新潟アルビレックスBCに入団します。

長谷川凌汰は独立リーグで153km/hを記録

新潟アルビレックスBCに入団した長谷川凌汰は1年目から躍動します。

前半戦は主に抑えとして活躍し4セーブを挙げ、後半からは先発投手に転向し6勝をマークし防御率も3.09を記録。

さらにNPB球団との交流戦では自己最速となる153km/hを計測し、その存在をNPB球団にアピールしました。

残念ながら、2018年のドラフトでは指名はなかったものの、2019年のドラフトでの目標は高く「競合ドラフト1位」を掲げています。

昨年の悔しさを胸に今年の大躍進にも期待がかかります。

2019ドラフト長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)の成績は?

続いて長谷川凌汰の成績の紹介です。

成績

・2018年通算成績:32試合、6勝5敗4S、87 1/3投球回、防御率3.09、奪三振72、自責30、四死球28、被安打96、奪三振率7.42、四死球率2.89

・2019年成績:6試合、2勝1敗、23回、防御率1.96、奪三振25、自責点5、四死球4、被安打12

2018年の通算記録と2019年の5月現在の記録となります。

1年目だった2018年の記録ですが防御率、奪三振率、四死球率を見るとした成績となっています。

特にドラフト1位を目指している今期は、勝利多くこそ挙げられてはいないものの防御率は6試合が終わって1.96とかなり好調です。

三振も投球回数より多いため、ドラフトに向けて十分にアピールができています。

また、四死球率も1.56と制球面でも成長が見られます。

このままの好調を続ければドラフト上位指名の可能性も十分にあるのではないでしょうか。

2019ドラフト長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)の特徴は?

続いて長谷川亮太の特徴の紹介です。

まずは動画を見ていきましょう。

こちらの動画は2019年の投球シーンとなっており、元楽天のポロ選手との対戦の動画となっています。

長身を生かして、投げ下ろすスタイルの投球フォームにより角度のある真っ直ぐなのがよくわかります。

少し球が浮いてる場面もありましたが基本的には低めに制球されており、バッターからすると低めいっぱいのボールが相当遠く感じるのではないでしょうか。

ノーワインドアップから、一度軸足で溜めてスムーズに投球ができているため癖のない投手です。

力任せな投球ではなく、制球力もある投手のためプロ入りしても即戦力として十分に力を発揮できるのではないでしょうか。

長谷川凌汰の武器は角度のある真っ直ぐ

先ほどもお話したように長谷川凌汰はその恵まれた体型を生かした、角度のあるボールを投げることができています。

ただ、身長が高いだけではなく腕の振りをほぼ真上に持ってこれるような投球フォームにしているので、球の回転も限りなく縦に近いようです。

低めへの制球もでき、コースの投げ分けもできています。

このストレートはかなり完成度が高いのではないでしょうか。

長谷川凌汰のもう一つの武器はフォーク

その長身を生かしてさらに武器となるのがフォークボールです。

角度があるボールがさらに鋭く落ちていくため空振りが取りやすくなります。

事実、この真っ直ぐとフォークのコンビネーションで三振を多く量産しているようです。

フォークの他にもカーブや2種類のスライダーを投げ分けており、先発投手としても球種の量は十分です。

また、三振が多く取れるので抑え投手としても期待がかかります。

高校、大学と抑えの経験があるためどちらの指名があってもおかしくないと思います。

長谷川凌汰の意識はプロ野球の一軍レベル

2018年のドラフトでは指名が濃厚だと言われていた中で指名漏れとなってしましたが、このことについて「自分の意識が低かった」と話していました。

「去年までの自分は2軍レベルで、プロが欲しいのは1軍としての戦力だ」と指名されることが目標ではなく1軍で戦える目標にして意識改革を行なってようです。

オフの間もコンディション調整に時間を割いて、今期のドラフトで1位指名をもらうための準備をしていたようです。

「BCリーグでは完封勝ちが当たり前にならないと」とシーズン前に話しており意識の高さが伺えます。

2019ドラフト長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)のスカウト評価は?

続いて長谷川凌汰のスカウト評価となります。

残念ながら今のところはスカウトからのコメントはないようでした。

しかし、スカウトの視察情報も出ていますし、NPB球団との交流戦でもアピールは十分にできているため注目しているチームも多いはずです。

さらに今期の成績も好調なので、これからの活躍次第ではドラフト指名に名乗りをあげるチームを増えてきそうですね。

本人の目標がドラフト1位で競合されることなので、その目標に向けてこれからの活躍にも期待したいです。

2019ドラフト長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)のまとめ

以上がドラフト2019候補 新潟アルビレックスBC・長谷川凌汰の成績・経歴・特徴の紹介でした。

いろんなことを経験し、一度は諦めかけた夢をさらに追い続けることで飛躍を続けている選手です。

志も高く、独立リーグという厳しい環境で成長し、しっかり実績を残しているためこれからの成績次第では上位指名も狙える存在だと思います。

これからの成績にも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です