【ドラフト】達孝太(天理)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】達孝太(天理)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は天理高校の達孝太投手です。

長身から投げ下ろすノビのあるストレートが魅力の期待の右腕。

怪物級のポテンシャルを秘めており、今後の成長が楽しみな選手です。

2020センバツ甲子園への出場はほぼ確実で、センバツ甲子園での活躍も期待できます。

今回はそんな天理高校 達孝太の経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

達孝太(天理)経歴やプロフィール

まず、達孝太の経歴です。

経歴
  • 名前 : 達孝太(たつ こうた)
  • 出身地 : 大阪府堺市
  • 生年月日 : 2004年3月27日
  • 身長 : 190cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:高石スワーローズ(堺市立浜寺昭和小学校)→ 泉州阪堺ボーイズ(堺市立浜寺南中学校)→ 天理高校

詳しく見ていきましょう。

達孝太はジャイアンツカップにも出場!

小学校4年生の時から軟式野球をはじめ、高石スワーローズに入ります。

その当時はキャッチャーでした。

小学6年生の時点での身長は177cmで、「幼少の頃から暇が有れば寝ていて、1日12時間睡眠を取った」事もあったそうです。

中学生になってからは、硬式チームの泉州阪堺ボーイズでプレーし、その頃からピッチャーをやりました。

3年連続でボーイズ選手権大会に出場します。

中学校2年生、3年生の時にはジャイアンツカップにも出場しています。

達孝太は高校1年生秋に大阪桐蔭を抑える!

高校は、奈良県の天理高校に進みます。

1年生の時からベンチ入りし、夏の県大会では、準々決勝の大和広陵高校戦で公式戦初登板しました。

ビハインドの場面でリリーフし、2回無失点に抑えます。

1年生秋は、県大会3位で近畿大会に出場、決勝の大阪桐蔭高校戦に先発しました。

初回にドラフト2020候補の西野力矢に本塁打を打たれますが、2回から7回まで無失点。

8回にタイムリーヒットを打たれたところで降板しますが、大量点もあり試合は勝ちます。

この試合で、4奪三振、球速141km/hをマークしました。

先発を告げられたのは試合開始の約30分前で、「大阪桐蔭高校戦なので、変に気負わせたくなかった」と監督が考えたからだそうです。

達孝太は明治神宮大会で悔しい敗戦

明治神宮野球大会では、準決勝の中京大中京高校戦(愛知)に先発、8回途中まで投げて5失点で、試合も敗れます。

この試合では、「マウンドがいつもより固くて、傾斜も急でした。真っ直ぐが抜けている感じがありました」と違和感を感じていました。

途中からランナーがいなくてもセットポジションで投げると、フォームのバランスを良くする事ができ、対応力を見せます。

初の全国大会で失点した事に対して悔しさを感じ、「まずは体重を増やしたいです。球速は、最低でも150キロを投げたと思っています」と話しており、1年生冬は体力作りに力を入れるそうです。

また、2020年春に行われるセンバツ甲子園の出場もほぼ確実で、センバツ甲子園での活躍も期待できます。

達孝太(天理)の成績

次に、達孝太の成績です。

成績
  • 明治神宮野球大会(19):1試合、7 0/3球回、防御率6.43、被安打率6.43、奪三振率1.29、四死球率9.00
  • 地方大会通算(近畿:19秋、県19夏秋):3試合、10 0/3投球回、防御率3.60、被安打率8.10、奪三振率5.40、四死球率6.30

成績は2019年終了時点のものです。

打たれたヒットや失点が多く、大会や対戦相手などによって調子の波がある気がします。

また、四死球も多く、安定した投球をしていく必要がありそうです。

1年生冬に体作りを行うそうなので、2年生春のセンバツ以降、どれだけ成績を伸ばせるか期待できます。

一方で、奪三振率は低いものの、三振を奪う事も出来そうです。

達孝太(天理)の特徴や動画

続いて、達孝太の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

大阪桐蔭を7回2失点に抑えた速球と変化球・天理高校1年生投手達君2019秋季・近畿大会決勝戦

左足を大きく上げてタメを作ってから、大きな腕の振りで、体重移動を使って投げています。

肘の使い方も柔らかそうです。

ドラフト2019でロッテから一位指名を受けた佐々木朗希によく似た印象です。

本人は、同じ長身のダルビッシュ投手のフォーム参考にしているそうです。

達孝太は長身から投げ下ろすノビのあるストレート!

190㎝の長身から投げ下ろしており、球に角度が付いています

バッターが見送っていたケースが多く、軌道に慣れないうちは打ちにくいかもしれません。

また、バッターは振り遅れており、ストレートの球速は最速141km/hですが、それより速く感じそうです。

肘を柔らかく使えているので、回転の質が良さそうです。

その為、ノビのあるボールが投げられているのでしょう。

達孝太は多彩な変化球!

動画ではスライダー、カーブ、フォークを投げています。

スライダーは、打者の手元で鋭く落ちており、カウントを取るのに使えそうです。

フォークは、縦に大きく変化しており、空振りが取れています。

緩いカーブも投げており、緩急をつける投球も出来ていますね。

達孝太の制球力はまずまず!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられており、低めやストライクゾーンギリギリの所にも投げられています。

一方で、投球が高めに浮く場面も見られました。

制球力はまずまずといったところですが、四死球が多めなので、今後は、より安定した投球が求められそうです。

達孝太の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 長身から投げ下ろすノビのあるストレート
  • 変化球はスライダー、カーブ、フォーク
  • 制球力はまずまず

です。

長身から投げ下ろすノビのあるストレートと縦スライダー、チェンジアップといった変化球を投げ分けて抑えます。

現時点で球速は最速141km/hですが、球速も含めて今後の伸びしろもあり、1年生冬に行う体作りでどれだけ成長できるか期待できそうです。

また、中学生時代からネイルサロンに通い、爪の保護を怠らず、細かい部分についても高い意識を持っています

達孝太(天理)のスカウト評価や指名の可能性

次に、達孝太のスカウト評価です。

現時点でスカウトの寄せたコメントはないですが、まだ高校1年生ということもあって注目度は低いのかもしれません。

ただ、明治神宮野球大会を視察したスカウトもいると思いますし、今後、視察する機会が増えると思います。

現時点での球質や伸びしろを考えれば、一位指名の可能性も十分にある楽しみな選手です。

このまま順調に成長出来れば、ドラフト2021では最低でも上位指名で一位指名の可能性が高いでしょう。

因みに、本人は「高校卒業後は、メジャーリーグに挑戦したい」とのことです。

達孝太(天理)のまとめ!

以上が、天理高校 達孝太経歴、成績や特徴でした。

長身から投げ下ろすノビのあるストレートとスライダー、フォークといった変化球が魅力です。

ここまま順調に行けば一位指名の可能性が高そうです。

まずは、2020センバツ甲子園でどこまで成長を見せるのか注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です