【ドラフト】山本晃希(かずさマジック)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】山本晃希(かずさマジック)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手はかずさマジックの山本晃希投手です。

力のある最速155km/hのストレートとフォーク、カーブなどの変化球が強みの本格派右腕。

入社1年目から補強選手という形で都市対抗野球に出場しています。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 かずさマジック・山本晃希

記事の内容

をご紹介しています。

山本晃希(かずさマジック)経歴やプロフィール

【ドラフト】山本晃希(かずさマジック)の成績・経歴・特徴

まず、山本晃希の経歴です。

経歴
  • 名前:山本晃希(やまもと こうき)
  • 出身地:山口県下松市
  • 生年月日:1996年5月2日
  • 身長 :183cm
  • 体重: 92kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
    経歴:花岡スポーツ少年団(下松市立花岡小学校) → 下松市立末武中学校 → 山口県立熊毛南高校 → 九州国際大学 → 日本製鉄かずさマジック

詳しく見ていきましょう。

山本晃希は中学校3年生から投手に!

小学校3年生の時からソフトボールをはじめ、花岡スポーツ少年団でプレーします。

中学校では、軟式野球部に入り、当初は外野手でした。

中学校3年生になってから投手となります。

山本晃希は高校3年生夏の県大会で創部後初の準優勝!

山口県立熊毛南高校に進み、1年生秋から一塁手として試合に出場します。

2年生夏の県大会では、エースとして出場しました。

1回戦の大島商船高専戦では、7回2アウトまでまでノーヒットに抑え、7回1安打無失点で完封勝利を挙げますが、2回戦の岩国商業高校戦では7回7失点で試合も敗れます。

2年生秋は、県大会ベスト8まで勝ち進み、地区の選考では漏れますが、部員が17人の少人数だったこともあり、県推薦のセンバツ甲子園21世紀枠候補になりました。

3年生春の県大会では、1回戦の聖光高校戦で9回を完封しますが、爪を割った影響で2回戦以降の登板はありませんでした。

3年生夏の県大会では、準々決勝の下関工業高校戦で1安打完封勝利を挙げるなど、全5試合に先発、完投します。

決勝の岩国高校戦で敗れ甲子園出場を逃しますが、県大会準優勝は創部初だそうです。

山本晃希は大学1年生秋の明治神宮野球大会に出場!

高校卒業後は九州国際大学(九州六大学野球連盟)に進学します。

1年生春からリーグ戦に出場し、先発1試合を含む3試合に登板し、リリーフで4回を投げた北九州市立大学戦で初勝利を挙げました。

1年生秋は、肩を痛めた影響でリーグ戦の登板はありませんでした。

明治神宮野球大会には間に合い、1回戦の上武大戦では1アウト3塁のピンチで登板し2/3回を投げて2失点、試合は敗れますが、球速は144km/hをマークします。

2年生、3年生は1試合ないし2試合の登板にとどまりました。

しかし、4年生は春に6試合、秋に8試合と登板数を伸ばし、いずれも2勝を挙げます。

山本晃希は入社1年目に都市対抗野球に出場!

大学卒業後は、社会人野球の日本製鉄かずさマジックに入社します。

1年目から公式戦に出場し、都市対抗野球予選では、7試合中4試合に先発し、14回、防御率1.29の成績を挙げました。

チームの都市対抗野球出場はなりませんでしたが、Hondaの補強選手として都市対抗野球に出場します。

2回戦(初戦)の三菱自動車岡崎戦でリリーフとして、1アウト満塁のピンチに登板しましたが、タイムリーヒットを打たれたものの後続は抑えましたが、試合は敗れました。

1年目秋の関東大会で球速を155km/hに伸ばします

2年目春に行われた日本ハムとの練習試合では、3回を無失点に抑え、4個の三振を奪いました。

予定されていたセンバツ甲子園が中止になった影響もあり、この試合を9球団のスカウトが視察したそうです。

対戦した日本ハムの野村佑希は「タイミングが取りづらいフォーム。今日対戦した投手で1番だった」と話しています。

山本晃希(かずさマジック)の成績

次に、山本晃希の成績です。

成績
  • 都市対抗計(19):1試合、2 2/3投球回、防御率0.00、被安打率3.38、奪三振率6.75、四死球率0.00
  • 予選等計(19):11試合、43 2/3投球回、防御率4.53、被安打率9.48、奪三振率7.83、四死球率3.50

成績は、2019年までのものです。

都市対抗野球では、ピンチで打たれたものの、その後のイニングを抑えることができました。

予選等では、ヒットを打たれやすく、防御率が悪くなっており、大会や対戦相手などによっても波がありそうです。

一方で、四死球はそこまで多くありません

また、奪三振率を見ると、三振を奪う事もできるピッチャーのようです。

山本晃希(かずさマジック)の特徴や動画

続いて、山本晃希の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

山本晃希【センターカメラ映像】

左足を三塁方向に大きく上げてタメを作っていました。

テイクバックは大きくありませんが、腕がよく振れています。

肘の使い方も柔らかいです。

山本晃希は力のあるストレート!

ストレートは力があり、バッターが振り遅れています。

球速以上に速く感じるかもしれません。

球速は、常時140km/h台、最速155km/hです。

山本晃希は打者の近くで落ちるフォーク!

動画では、カットボール、スライダー、フォークを投げています。

スライダーは変化量が多いタイプで空振りが奪えています。

フォークは変化量が小さく、球速が速めなので、スプリット気味のボールという印象です。

カットボールは変化量が小さく、芯を外して打ち取れています。

他には、カーブも投げます。

山本晃希の制球力はまずまず!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられていて、内外角や低めに投げることもできています。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球となった場面も見られ、制球力はまずまずといった所です。

山本晃希の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 力のある最速155km/hのストレート
  • 変化球は、フォーク、カーブ、スライダー、カットボール
  • 制球力はまずまず

です。

力のある最速155km/hのストレートとフォーク、カーブなどの変化球が武器となっています。

山本晃希(かずさマジック)のスカウト評価や指名の可能性

次に、山本晃希のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ロッテ・榎チーフスカウト「元々球威はあったけど、これだけスカウトがそろうなんて山本君は持っているのかな」

日本ハムとの練習試合を視察した時のコメントで、球威を評価しています。

2020ドラフトで指名される可能性も高そうです。

山本晃希(かずさマジック)のまとめ!

以上が、かずさマジック 山本晃希経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

力のある最速155km/hのストレートとカットボール、スライダー、フォークなどの変化球が持ち味です。

2020ドラフトでも指名されるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です