【ドラフト】高橋康二(BC福井)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】高橋康二(BC福井)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手はBC福井の高橋康二投手です。

ノビのある最速154km/hのストレートが強みの本格派右腕。

大学時代の公式戦登板はありませんでしたが、独立リーグで力を付けました。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 BC福井・高橋康二

記事の内容

をご紹介しています。

高橋康二(BC福井)経歴やプロフィール

【ドラフト】高橋康二(BC福井)の成績・経歴・特徴

まず、高橋康二の経歴です。

経歴
  • 名前:高橋康二(たかはし こうじ)
  • 出身地:滋賀県甲賀市
  • 生年月日:1995年2月7日
  • 身長 :190cm
  • 体重:87kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:甲賀市立甲南第一小学校 → 甲賀市立甲南中学校 → 滋賀県立水口高校 → 福井工業大学 → BC滋賀 → BC福井

詳しく見ていきましょう。

高橋康二は小学校3年生からピッチャー!

4つ上の兄の練習を見ていた影響で、6歳から軟式野球チームに入りました

野球を始めた当初はサードで、小学校3年生の時からピッチャーをするようになります。

監督にいつも提出している野球ノートに「ピッチャーがやりたくなった」と書いたら、ピッチャーをやらせてもらえたそうです。

中学生になってからボーイズリーグのチームに入りますが、中学校2年生の時から中学校の軟式野球部に入ります。

学校の部活動の顧問として有名な監督が赴任してきて、そこで教わりたいと思ったそうです。

高橋康二は2年生秋の近畿大会に出場!

高校は、滋賀県立水口(みなくち)高校に進みます。

家に近く、兄も通っていたというのが進学理由だそうです。

1年生冬に、筋力トレーニングを行い、球速を110km/hから130km/h前後まで伸ばし、2年生からはエースとなりました。

2年生秋は、準決勝の野洲高校戦で延長11回を投げて1失点14奪三振に抑えるなど、6試合全てに先発します。

決勝の近江高校戦は8回7失点で試合も敗れましたが、準優勝で44年ぶりとなる近畿大会に出場しました。

1回戦の那賀高校(和歌山)戦では9回を投げて1失点で完投勝利を挙げます。

準々決勝の履正社高校(大阪)戦にも先発しますが、3回途中6失点で降板、試合も敗れセンバツ甲子園出場はなりませんでした。

3年生夏は、八幡工業高校戦、滋賀短大附属高校戦、彦根東高校戦と3回戦までは3試合連続で完投勝利を挙げます。

準々決勝の八幡商業高校戦では、7 2/3回をリリーフとして投げますが、試合は敗れました。

高橋康二は大学時代に公式戦登板はなかったが、練習で145km/hをマーク!

大会後は、登板過多の影響で肘を痛め、手術しました

高校卒業後は、福井工業大学に進学します。

全国大会の出場回数が多く、高校の先輩が進んだというのが進学理由だそうです。

しかし、肘の状態が悪く、すぐに痛みを感じて思うように投げられず、3年生のころまでそれが続きます。

さらに、一時は野球をやめたいと思うようになり、退部の報告に行こうとしましたが、野球が大好きな両親の顔を思い出して退部を思いとどまりました。

その後は、開き直って練習をしたところ、145km/hを投げるまでになります

高橋康二は独立リーグ4年目に球速を154km/hに伸ばす!

大学時代の公式戦登板はありませんでしたが、自分の力を試したいとBCリーグ(独立リーグ)の滋賀に入団しました。

入団後2年間で、48試合に投げましたが、防御率7.89で勝利もなく終わります。

その後、希望を出してBCリーグの福井に移籍しました。

当初は目立たなかった岩本輝投手(福井からオリックスに入団、現・阪神職員)が見違える成長をしたのを見て指導力の高さを感じたそうです。

移籍後は、福沢卓宏コーチ(元・中日、現・監督)から「体の開きが早い」とアドバイスをもらい、フォームを修正します

移籍1年目は、リリーフとして37試合を投げて9セーブを挙げました。

シーズン終了後は、オーストラリアプロリーグに参加し、「選手が、規則正しい生活を送り、ジムでは野球を理解した上で細部まで鍛えていて驚いた」そうです。

移籍2年目は、抑え中心となり、リーグ戦を半分ほど終えた段階で9セーブを挙げます。

8月には球速を154km/hに伸ばしました

高橋康二(BC福井)の成績

次に、高橋康二の成績です。

成績
  • リーグ戦計(17~20):115試合、3勝9敗19セーブ、163 2/3投球回、防御率5.11、被安打率9.95、奪三振率7.20、四死球率5.88
  • 20リーグ戦:30試合、2勝10セーブ、39 1/3投球回、防御率1.37、被安打率6.41、奪三振率9.15、四死球率2.29

2020年は防御率1.37という素晴らしい成績を残しています。

ヒットや四死球でランナーを出すことが少なくなっており、投球そのものの質が良くなっているのでしょう。

また、三振を奪う事もできるピッチャーと言って良さそうです。

高橋康二(BC福井)の特徴や動画

続いて、高橋康二の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

高橋がMax更新…152キロ!右脚の使い方を変えた…成長が止まりません。

右足を三塁方向に大きく上げてタメを作っています。

右足が着地してからは、左足に体重が乗るように、全身を使って投げています。

肘の使い方も柔らかそうです。

高橋康二はノビのあるストレート!

球速は最速154km/hですが、バッターが振り遅れていて球に伸びがありそうです

また、長身から投げ下ろしており、角度があります。

高橋康二は速く鋭く変化する縦スライダー!

変化球は縦スライダーを投げています。

縦スライダーは速く鋭く変化し、カットボールとの中間であるスラッターに近く、ストライクカウントを取れていました。

次にこちらの動画を見ていきましょう。

この動画では、打者の手元で落ちるフォークを投げています。

コースが決まれば、空振りを取るのに使えそうです。

他には緩いカーブも投げます。

高橋康二の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角に投げられていました。

一方で、ボールが高めに浮くこともあったり明らかなボール球となったこともあったので、制球力はまずまずといった所でしょう。

高橋康二の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速154km/hのストレート
  • 変化球は縦スライダー、フォーク、カーブ
  • 制球力はまずまず

です。

ノビのある最速154km/hのストレートと速く鋭く変化する縦スライダーなどの変化球を投げ分けています。

高橋康二(BC福井)のスカウト評価や指名の可能性

次に、高橋康二のスカウト評価です。

現時点でコメントを寄せたスカウトはいませんが、視察しているスカウトがいるという情報があります。

このまま活躍できれば、2020ドラフトで指名される可能性が高くなるかもしれません。

本人は、「なにがなんでも、この秋、NPBに行きます。そのためにできることはなんでもしたい」と話しています。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

高橋康二(BC福井)のまとめ!

以上が、BC福井 高橋康二経歴、成績や特徴でした。

ノビのある最速154km/hのストレートと速く鋭く変化する縦スライダーなどの変化球が持ち味です。

活躍次第では、2020ドラフトで指名されるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です