【ドラフト】渡部海夢(東海大甲府)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】渡部海夢(東海大甲府)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、東海大甲府高校の渡部海夢外野手です。

がっしりとした体型、長打力、逆方向に打てるバッティングや足の速さが持ち味。

プロ志望高校生合同練習会のフリー打撃では、木製バットで2本の本塁打を打っており、木製バットへの対応もできているようです。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 東海大甲府高校・渡部海夢

記事の内容

をご紹介しています。

渡部海夢(東海大甲府)の経歴やプロフィール

まずは、渡部海夢の経歴です。

プロフィール
  • 名前:渡部海夢(わたべ かいむ)
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 生年月日:2002年度
  • 身長:178cm
  • 体重:84kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:宝塚リトル → 大阪福島シニア → 東海大甲府高校

詳しく見ていきましょう。

渡部海夢は中学校3年生夏に全国大会出場!

小学校2年生の時から軟式野球をはじめ、宝塚リトルに所属します。

現・広島の小園海斗は2学年上で、小学校時代からスイングを参考にしていたそうです。

中学生に入ってからは、硬式野球チームの大阪福島シニアに入りました。

中学校3年生夏には、ジャイアンツカップ(全国大会)に出場します。

因みに、名前は「広い海のような夢を持ってほしい」という願いが込められているそうです。

渡部海夢は高校2年生秋の県大会で3本塁打!

高校は東海大甲府高校に進みます。

高校1年生秋からベンチ入り、ライトのレギュラーとして県大会に出場、初戦の甲府南高校戦で本塁打を打ちました。

県大会で優勝し、関東大会では準々決勝の習志野高校戦に出場しますが、ノーヒットに終わり試合も敗れます。

しかし、2年生の春から夏にかけての3か月間は、ベンチ外となりました。

その間は、ベンチ外となった原因を考えた上で、低めの球やタイミングを外した球を打撃練習で投げてもらい、体勢が崩れた状態でも打てるように練習したそうです。

その成果もあり、2年生秋からは、レギュラーに復帰し、4番を打ちます。

1回戦の日川高校戦では2本の本塁打を打ちました。

2回戦の甲府城西高校戦では三塁打を含む2本のヒットを打ちます。

準々決勝の山梨学院高校戦では1点差に追いつく本塁打を打ちますが、試合は敗れました。

渡部海夢はプロ志望高校生合同練習会のフリー打撃で2本塁打!

3年生夏は、県大会前の甲府城西高校との練習試合では木製バットで場外本塁打を打ちました。

県大会準々決勝の日本航空高校戦、決勝の山梨学院高校戦で本塁打を打ち、5年ぶりとなる優勝に貢献します。

決勝で打った本塁打は山日YBS球場(中堅120m、両翼92m)の場外まで飛び、本人は「コンパクトに振り切って100点満点の本塁打だった」そうです。

高校の村中監督も「場外は見たことがない。現・中日の高橋周平よりも凄い」と話しています。

大会後、プロ志望届を提出しました。

木製バットを使って行われたプロ志望高校生合同練習会のフリー打撃では、参加選手最多タイとなる2本の柵越え本塁打を打ちます

「結果を出さないとというプレッシャーを感じながら緊張感がありました。自分のスイングができ、スタンドインできたのは良かった」そうです。

翌日の、シート打撃では、6打数1安打3四球で、打ったヒットも内野安打でした。

「ヒットはなかったが、1打席だけいい打球を飛ばすことができた。ドラフトまで気を抜かずに常にいい状態でいられるように練習を続けたい」と振り返ります。

渡部海夢(東海大甲府)の成績

続いて、渡部海夢の成績を見ていきましょう。

成績
  • 地方大会通算(関東大会:18秋、県大会:19秋):4試合、打率.571、1二塁打、1三塁打、3本塁打、9打点
  • 高校通算本塁打:21本

分かっている成績は少ないです。

関東大会ではノーヒットに終わりましたが、県大会で高打率を残していました。

高校通算本塁打が20本を超え、秋の県大会では打った8本のヒットのうち5本が長打となっており、長打を打てます

また、公式戦で三塁打を打ったこともあり、足も速そうです。

渡部海夢(東海大甲府)の特徴や動画

次に、渡部海夢の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

東海大甲府 渡部 2020夏VS山梨学院 決勝 第4打席 推定140m

がっしりとした体型です。

右足を上げてタイミングを取っています。

右足を踏み込んでからは、体重移動を使ってバットを振り、バットを最後まで振り抜いていました

鋭いスイングで、スイングスピードも速そうです。

渡部海夢は長打を打てる!

動画では、ほぼ真ん中の球を、ライトスタンドへの場外本塁打としています。

体重移動を使いバットを振り切っているので、打球が伸び長打を打てるのでしょう。

両翼100m近くの球場で場外に打てるのでパワーもありそうです。

渡部海夢は逆方向にも打てる!

次にこちらの動画を見ていきましょう。

東海大甲府 渡部
19年秋vs甲府城西

動画の最初では、外角の球を上手く合わせてレフト方向へのヒットにしています。

逆方向にも打て、長打力だけでなく状況に応じたバッティングができそうです。

渡部海夢の足の速さはまずまず!

ヒットを打ってからは、守備がもたつく間に三塁まで進んでいます。

三塁到達タイムは12秒台で、足の速さはまずまずと言っていいでしょう。

渡部海夢の選球眼はまずまず!

ボール球を見送る事ができており、ストライクゾーンギリギリの球もファウルで粘れています。

選球眼はまずまずといったところです。

渡部海夢の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • がっしりとした体型
  • フルスイングで長打を打てる
  • 逆方向にも打てる
  • 足の速さはまずまず
  • 選球眼はまずまず

です。

がっしりとした体型、長打力、逆方向に打てるバッティングや足の速さが魅力の選手と言っていいでしょう。

渡部海夢(東海大甲府)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、渡部海夢のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 広島・苑田スカウト統括部長「ノーステップでボールの捉え方が一番うまい。変化球も打てるのでは」
  • 巨人・榑松スカウト部次長「飛距離が出ますね」「(今夏の山梨大会も足を運んだ)あれだけバットを振れるのは大きな魅力」
  • プロスカウト「バッティングに関しては今回の参加選手の中で一番いいのではないか」

高校3年生の夏以降から注目を集めており、長打力やボールへのミートなど打撃面に対して評価されています。

木製バットで本塁打を打つなど木製バットへの対応もできており、2020ドラフトで指名される可能性も高いと言っていいでしょう。

本人は、「3歳から野球をやってきて、プロは夢なので実現させたい」と話しており、プロ入りへの意欲が強いです。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

渡部海夢(東海大甲府)のまとめ

以上が、東海大甲府高校 渡部海夢経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

がっしりとした体型、長打力、逆方向に打てるバッティングや足の速さが魅力です。

2020ドラフトでの指名もあるかもしれません。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です