ドラフト2019候補 宮城大弥(興南)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 宮城大弥(興南)の成績・経歴・特徴は?

2019年ドラフト注目選手をご紹介していきます。

今回ご紹介する選手は沖縄の名門である、興南高校のエース宮城大弥です。

1年生の夏から甲子園の舞台に立った経験を持つ、期待の左腕です。

今回はそんなドラフト2019候補 興南高校・宮城大弥の成績・経歴・特徴をご紹介します。

2019ドラフト 宮城大弥(興南高校)の経歴は?

まずは宮城大弥の経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:宮城大弥(みやぎ ひろや)
  • 出身地:沖縄県宜野湾市
  • 生年月日:2001年8月25日
  • 身長:171cm
  • 体重:78kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:志真志ドラゴンズ(宜野湾市志真志小学校) → 宜野湾ポニーズ(宜野湾市立嘉数中学校)→ 興南高校

詳しくみていきましょう。

宮城大弥は侍ジャパンU15のメンバー

宮城大弥は志真志小学校に通っているときに軟式野球を始めます。

中学になると硬式野球チームである宜野湾ポニーズに入団するとその野球センスが開花。

中学3年生の時には日の丸を背負い、U-15の日本代表選手に選ばれます。

この時のメンバーには同じ左腕でもある横浜高校のエース及川雅貴もおり、宮城大弥は今でもライバルとして意識しているようです。

宮城大弥は1年生で夏の決勝戦を完投勝利

日本代表にも選ばれた宮城大弥は地元である沖縄の強豪校、興南高校に進学します。

興南高校といえば実力があれば下級生でも試合に出していくのが伝統的で、宮城大弥も1年生の春からベンチ入りを果たします。

夏の大会でもベンチ入りを果たした宮城大弥は、夏の県大会で全6試合に登板し防御率0.40という驚異的な成績を残しました。

また、この夏の大会で初めて先発登板したのが夏の沖縄県大会の決勝戦で13奪三振、無四球完投を記録

チームの甲子園出場に大きく貢献しました。

1年生にも関わらず、甲子園をかけた大事な決勝戦を任せられるというのは、チームからかなり期待されていることがわかります。

宮城大弥は甲子園でホロ苦いデビュー

1年生の夏から予選大会で活躍した宮城大弥は甲子園の初戦で先発を任されます。

初戦の相手は強打を誇る智弁和歌山でした。

そんな強打のチームに宮城は3回まで無失点とするものの、4回に2失点をすると続く5回にはツーランホームランを浴びて無念の降板。

その後のリリーフ陣も崩れてしまい、興南高校は初戦敗退となり宮城大弥は甲子園でホロ苦いデビューをしました。

しかし、この敗戦がいい経験となり宮城はさらに成長していきます。

宮城大弥は2年の夏にリベンジを果たす

宮城大弥は2年の夏に再び甲子園の舞台に立ち、初戦の土浦日大戦でノーアウト満塁のピンチでマウンドに上がります。

そこで最初のバッターを三振に仕留めると続くバッターをピッチャーゴロの併殺打に打ち取り、チームのピンチを見事に救援しました。

「去年の悔しさを晴らすことができた」とコメントをしていました。

2019ドラフト 宮城大弥(興南高校)の成績は?

続いて宮城大弥の成績の紹介です。

成績
  • 甲子園通算:3試合、9 2/3投球回、防御率4.66、奪三振7、自責5、四死球7

甲子園での通算成績にスポットを当ててみました。

まず、2年生ですでに2回も甲子園のマウンドを経験しているというのがすごいことですよね。

甲子園での経験というものは大きな成長につながるようです。

成績としては少し物足りなさを感じますが、この成績以上のポテンシャルがあります。

最後の夏の大会でも甲子園出場をして、3期連続でマウンドに立つことができるのか期待がかかります。

2019ドラフト 宮城大弥(興南高校)の特徴は?

続いて宮城大弥の特徴の紹介です。

まずは動画を見ていきましょう。

2018年夏の甲子園での土浦日大戦に登板した時の動画となります。

2回の投球回数ですが、宮城の良さがよくわかる動画です。

身長はそれほど大きくないものの、がっしりとした体格から力強く腕を振っています。

投球フォームが独特で、一塁側に大きくインステップで踏み込んで投げ込みます。

その為、ボールに角度が付くので、動画内でも右バッターが窮屈そうにインコースのボールを振っているのがわかります。

これが宮城大弥の1つの武器です。

宮城大弥の売りはインコースへの投球

右バッターのインコースにしっかりとボールを投げ込めているのがわかります。

インコースへのボールは決まれば投球の幅が広がる有効的なボールですが、甘く入れば強打される諸刃の剣です。

クロスファイヤーを武器にするのであれば制球力は必然的に求められます。

宮城は中学の頃からこの制球力に定評があり、その売りを生かしているのが現在の投球スタイルです。

投球フォーム的にも、角度がかなりついているので、右打者は打ちにくいでしょうね。

宮城大弥の直球はスピン量が多い

ストレートの球速は最速が145km/hで常時130km/h後半が出ています。

動画を見ると、高めの釣り球に空振りしたり、振り遅れのファールが目立ちます。

左投手ということで球速が速く見えるのに加えて、ストレートの質が良い証拠でしょう。

質の高いストレートをコースに投げ分けられるとなかなか手を出すことができません。

宮城大弥は緩急を使った投球も持ち味

ストレートの質が高いことに加えて変化球にも定評があります。

スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートと変化球は多彩です。

特にスライダーが武器で、ストライクゾーンからボールに大きく変化しています。

切れも良く、腕の振りが緩まないでの、空振りを奪うことが出来ていますね。

完成度の高い投手です。

宮城大弥の目標は150km/h

現在最速は145km/hを投げていますが、この一冬を越えてさらに球速は増していると思われます。

自身の目標は夏までに150km/hということで、夏の大会で自己最速を更新ができるのか楽しみです。

150km/hが投げれる左腕投手というものはプロ野球でもなかなかいないので、スカウト達も注目しているところだといえます。

制球力、緩急、さらに球速がつけばドラフト上位候補の可能性も大いにあり得るのではないでしょうか。

2019ドラフト 宮城大弥(興南高校)のスカウト評価は?

続いて宮城大弥のスカウト評価の紹介です。

残念ながら今の段階ではスカウトからの評価はありませんでした。

しかし、全国の舞台でも投げていることや侍ジャパンに選出されていることもあり、注目はされている間違えないでしょう。

甲子園の舞台で成績が出てはいないものの、そのポテンシャルの高さはトップクラスです。

特に左で独特な投球フォームということもあり、貴重な存在です。

夏の選手権大会で全国を相手に成績を残すことができれば、ドラフト上位候補も十分あるでしょう。

最後の年のどれだけの成績を残すことができるのか楽しみです。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019ドラフト 宮城大弥(興南高校)のまとめ

以上が興南高校 宮城大弥の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

1年生の頃からチームの戦力として戦い、大舞台も経験して、今年は先輩がいない最後の年となります。

今までは自分がいなくてもという気持ちがあったようですが、今は自分がチームを引っ張っていくという自覚が芽生えたようです。

取り組む姿勢が変わったことにより、さらなる飛躍が期待されます。

高校生ならではの急成長にまだまだ期待できるので、これからの大会での成績が楽しみな選手です。

合せて読みたい!

ドラフト2019 高校生候補まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です