【ドラフト】森木大智(高知高)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】森木大智(高知高)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は高知高校の森木大智投手です。

中学校時代に軟式で150km/hをマークし、高校では1年生夏に148km/hを計測した期待の逸材です。

今回はそんな高知高校 森木大智経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

森木大智(高知高)経歴やプロフィール

まず、森木大智の経歴です。

経歴
  • 名前 : 森木大智(もりき だいち)
  • 出身地 : 高知県土佐市
  • 生年月日 : 2003年4月17日
  • 身長 : 184cm
  • 体重 : 82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:高岡第二イーグルス(土佐市立蓮池小学校)→ 高知中学校 → 高知高校

詳しく見ていきましょう。

森木大智は中学校3年生の時に2度の全国優勝!

小学校3年生の時から軟式野球をはじめ、高岡第二イーグルスでプレーします。

その頃から投手で、小学生の時に130km/hをマークしました。

中学校は、中高一貫校の高知中学校に進み、軟式野球部に所属します。

中学校3年生の春に、全日本少年春季軟式野球大会決勝で優勝しました。

3年生夏は、四国総体(軟式野球)の決勝で、150km/hを計測します。

中学生が150km/hを投げたのは、初めての事だったそうです。

硬式よりも球速が出ない軟式でマークしたこともあり、注目を集めました。

そして、全国中学校軟式野球大会では笹倉世凪擁する秀光中等教育に勝利し優勝、春夏全国制覇を果たします。

森木大智は1年生夏の県大会で148km/hをマーク!

他の強豪校からも誘いがありましたが、高知高校に進みます。

高知中学校の濵口監督が高知高校の監督になったのも進学理由の1つだそうです。

1年生4月に、八幡浜高校との練習試合にリリーフ登板し、3回を投げ無失点に抑えました。

この試合で144km/hをマークします。

春の四国大会では、公式戦初登板を果たし、1回戦の高松商業高校(香川)戦では2回を投げて1失点、1奪三振でした。

この試合をプロ野球の6球団が視察したそうです。

1年生夏は、準決勝の高知商業高校戦で、リリーフとして4回を投げ無失点、5奪三振に抑え、球速を148km/hまで伸ばします

決勝の明徳義塾高校戦では、3回から登板し、7回を投げて3失点でしたが、試合は敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

なお、この試合では、本塁打も打っています。

森木大智は1年生夏の県大会後、投球を控えた時期があった!

夏の県大会後に、右ひじの違和感を訴え、しばらく投球を控えます

1年生秋は一塁を守り、ピッチャーとして出場したのは準々決勝の高知中央高校戦のみでした。

ビハインドの場面から1人のバッターから三振を奪いますが、試合は敗れます。

濵口監督は「まだ、腕の振りが安定していないので、柔軟性を付けながらひじに負担のかかならない身体づくりをさせたい」と話したそうです。

1年生冬に、身体づくりしっかりと行い、2年生以降に備えていけるといいでしょう。

森木大智(高知高)の成績

次に、森木大智の成績です。

成績
  • 地方大会通算(四国:19春、県19夏秋):5試合、19 1/3投球回、防御率1.86、被安打率5.59、奪三振率8.84、四死球率5.59

成績は、2019年終了時点のものです。

打たれたヒットはそこまで多くなく、失点も抑えられています。

ただ、四死球が多いので、無駄な四死球を減らせるかが今後の課題となりそうです。

一方で、イニング数に近い三振を奪う事が出来ており、三振を奪うタイプのピッチャーと言って良さそうです。

森木大智(高知高)の特徴や動画

続いて、森木大智の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

森木大智 7月25日 高知予選初登板!

左足を三塁方向に大きく上げてタメを作ってから、体重移動を使って腕を大きく振って投げています。

肘を柔らかく使えているフォームですね。

森木大智は勢いあるストレート!

ストレートの球速は最速148km/hで、常時145km/h前後です。

バッターが振り遅れており、球速以上に速く感じているかもしれません。

シュート変化が多い多く、きれいな軌道とは言えませんが、勢いを感じますね。

回転数が多いのかもしれません。

森木大智は多彩な変化球!

動画では、スライダー、カーブを投げています。

スライダーは、縦方向に大きく変化し、打者の手元で鋭く曲がり、ストライクカウントを取るのにも空振りを奪うのにも使えそうです。

カーブは、緩く大きく曲がり、コースが決まればカウントを取るのに使えます。

それ以外の変化球は、スプリット、チェンジアップ、ツーシームを投げます。

森木大智の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、コースギリギリの所にも投げる事ができています。

一方で、投球が高めに浮いたり、投球が抜けてデッドボールとなった場面も見られました。

四死球が多めなので、制球力はまずまずといったところです。

今後は、より安定した投球が求められるでしょう。

森木大智の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速148km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップ、ツーシーム
  • 制球力はまずまず

です。

ノビのあるストレートが魅力で、高校1年生ですがスライダーなど多彩な変化球を投げる事が出来ます。

中学校時代に軟式野球部にいたことを考えると、今後の伸びしろもありそうです。

一方で、夏の県大会決勝で本塁打を打つなど、バッティングも優れています。

また、学校では特別進学クラスにいて、学業成績も優秀なようです。

森木大智(高知高)のスカウト評価や指名の可能性

次に、森木大智のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・武田チーフスカウト「1年生でこれだけ投げられたら申し分ない。バランスがいい。3年生になったら末恐ろしい」
  • 阪神・山本スカウト「腕が振れているし、変化球もいろんな球種を持っていて器用さがある。これからが楽しみ。大きく育ってほしい」「投手としてのセンスを感じる。150キロは時間の問題」
  • ヤクルト・岡林スカウト「1年生でこれだけ投げられたら十分です。まだまだ先がある選手。そっとしておきましょう」「スピードは申し分ない。投球がうまい。来年ドラフトの上位候補」
  • 楽天・山下スカウト「この時期に1年生を見に来ることはないけど、1度見てみたかった。フォームも含めて悪いところが見つからない。伸びしろは十分で2年後が楽しみ」
  • 某NPB球団スカウト「力強いボールが投げられているし、やろうとしていることもできている。将来楽しみしかない」

現時点で巨人、阪神、ヤクルト、楽天のコメントが出ています。

ヤクルトは2年生夏時点で上位候補としており、非常に高い評価をしています。

順調に成長できれば、2021ドラフトでの上位指名、さらには1位指名もあると思います。

また、本人は「高校時代に球速165km/h、通算50本塁打。将来は、メジャーリーガーになり、野球人口を増やしたい」という大きな目標を持っているそうです。

森木大智(高知高)のまとめ!

以上が、高知高校 森木大智経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

ノビのあるストレートやスライダーなどの多彩な変化球が魅力です。

2021ドラフトでは、上位指名されると思います。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です