【ドラフト】宮野結希(信濃グランセローズ)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】宮野結希(信濃グランセローズ)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は信濃グランセローズの宮野結希投手です。

ノビのある最速143km/hのストレートとチェンジアップ、カーブといった変化球を投げ分けて抑えます。

高校時代に球速や身長を伸ばし、BCリーグに入ってからは体重の増量に力を入れました。

1年目からリーグ戦で投げ、プロとの練習試合にも登板しています。

今回はそんな信濃グランセローズ 宮野結希

記事の内容

をご紹介しています。

宮野結希(信濃グランセローズ)経歴やプロフィール

まず、宮野結希の経歴です。

経歴
  • 名前:宮野結希(みやの ゆうき)
  • 出身地:東京都三鷹市
  • 生年月日:2000年11月23日
  • 身長 :185cm
  • 体重: 73kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:新川リトルズ(三鷹市立第一小学校)→ 武蔵府中シニア(三鷹市立第六中学校)→ 堀越高校 → 信濃グランセローズ

詳しく見ていきましょう。

宮野結希は高校時代に球速を伸ばす!

小学校から軟式野球をはじめ、新川リトルズでプレーします。

6年生の時に、ジャビットカップ三鷹市大会(読売ジャイアンツが主催の軟式野球大会)で優勝し、最優秀選手に選ばれました。

中学生になってからは、硬式野球チームの武蔵府中シニアに入りますが、出場機会が限られ、「野球を辞めようかと思った」事もあったそうです。

高校は、堀越高校に進みます。

高校2年生からベンチ入りし、2年生秋の東京都大会では1回戦の佼成学園高校戦で 2回を投げて無失点に抑えました。

高校3年生の都大会では、5回戦の城東高校戦では先発して5回を無失点に抑えて完封します(参考記録)。

7年ぶりとなるベスト8まで勝ち進みますが、準々決勝の二松学舎高校戦でも先発しますが、9失点し4回途中で降板しました。

高校に進んでから、球速を20km/h伸ばし、身長も185cmまで伸びたそうです。

夏の都大会後は、プロ志望届を提出しましたが、指名漏れでした。

宮野結希は独立リーグ1年目からリーグ戦に登板!

大学からの勧誘もありましたが、高校卒業後は、BCリーグ(独立リーグ)の信濃グランセローズに入団します。

大学に入ると4年、社会人チームだと3年経たないとプロ入りできないため、「NPBで長く活躍するため、早くプロになって環境に慣れたい」と言う理由で独立リーグに入りました。

また、「1年目から注目される投手になりたいので、まずは体を大きくしていきたい」と考え、体重の増量に力を入れ、入団時に68kgだった体重を73kgまで増やします。

入団1年目は、夏以降から登板機会を伸ばしました。

リリーフとして1回を無失点に抑えた滋賀戦では、リーグ戦初勝利を挙げます。

その後は、先発として投げるようになり、福井戦では6回を1失点に抑え、6個の三振を奪い勝ち投手となりました。

リーグ戦後は、BCリーグ選抜に選ばれ、巨人三軍、オリックス二軍との練習試合では、計4試合に投げて無失点に抑えます。

宮野結希(信濃グランセローズ)の成績

次に、宮野結希の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(19):7試合、20投球回、2勝1敗、防御率3.15、被安打率8.55、奪三振率4.50、四死球率4.50
  • 練習試合(19、巨人戦):2試合、2投球回、防御率0.00、被安打率4.50、奪三振率13.50、四死球率4.50

成績は、2019年終了時点のものです。

ヒットを打たれやすく、四死球を出しやすかった割には、失点はそこまで多くはありません。

四死球の数を抑えられるかが今後の課題となりそうです。

一方で、三振を奪う事もできるピッチャーと言っていいっでしょう。

プロ相手にも三振を奪えており、投球回は少ないですが無失点に抑えられていました。

その他に、オリックスとの練習試合2試合でも無失点に抑えています。

宮野結希(信濃グランセローズ)の特徴や動画

続いて、宮野結希の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

【信濃グランセローズ特集2019】#19 宮野結希選手

左足を三塁方向に大きく上げてタメを作っており、長身から投げ下ろしています

しなやかな腕の振りで、肘の使い方が柔らかそうです。

一方で、テイクバックはそこまで大きくありません。

宮野結希はノビのあるストレート!

バッターが振り遅れており、ストレートにノビがありそうです。

ストレートの球速は最速143km/hですが、しなやかな腕の振りで投げられているので、ノビのあるストレートを投げられるのかもしれません。

また、長身から投げ下ろすので、球に角度が付いています

次にこちらの動画を見ていきましょう。

宮野結希の球質分析とクイックタイム【スロー撮影】

スローモーションで見ると、回転軸は地面と水平で、回転数はメジャーリーグの平均よりも多いです。

宮野結希は大きく落ちるチェンジアップ!

動画では、チェンジアップを投げています。

チェンジアップは、回転数が少なくシュートしながら落ちており、大きく落ちていました。

空振りを奪ったり、バットの芯を外すのに使えそうです。

カーブは、回転軸が水平に近くジャイロ回転も見られ、一塁方向に変化しながら落ちます。

緩急をつけた投球ができ、コースが決まればストライクカウントを取れそうです。

宮野結希のクイックモーションはまずまず!

動画の3分5秒辺りからは、クイックモーションのタイムを測っています。

クイックのタイムは1.4~1.5秒で、クイックモーションはまずまずのようです。

宮野結希の制球力はまずまず!

動画を見ると、内外角や低めといったストライクゾーンギリギリの所にも投げられており、概ねキャッチャーの構えた所に投げられています。

制球力はまずまずといった所でしょう。

一方で、四死球数が多めで、投球が高めに浮いた場面も見られたので、細かいコントロールが課題のようです。

宮野結希の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速143km/hのストレート
  • 変化球は、チェンジアップ、カーブ
  • クイック、制球力はまずまず

です。

ノビのある最速143km/hのストレートとチェンジアップ、カーブといった変化球を投げ分けて抑えています。

高卒2年目と若いので、伸びしろもまだありそうです。

宮野結希(信濃グランセローズ)のスカウト評価や指名の可能性

次に、宮野結希のスカウト評価です。

残念ながら、現時点でスカウトの寄せた評価はありませんでした。

ですが、リーグ戦やプロとの交流戦を視察したスカウトはいるかもしれません。

伸びしろがあるので、2020ドラフトでは、将来性を考えて指名する球団もありそうです。

経歴の所でも書いた通り、本人はプロを志望しており、「憧れているのは楽天の則本昂大投手で、打者が押されるような気迫がすごく、流れを変えられる存在になりたい」と話しています。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

宮野結希(信濃グランセローズ)のまとめ!

以上が、信濃グランセローズ 宮野結希経歴、成績や特徴でした。

ノビのある最速143km/hのストレートとチェンジアップ、カーブといった変化球が持ち味です。

2020ドラフトで指名される可能性もあるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です