【ドラフト】野口智哉(関西大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、関西大学の野口智哉内野手です。

内角の球にも対応できるバットコントロール、など走攻守揃った遊撃手。

大学1年生春からレギュラーとなり、リーグ戦後には、大学野球日本代表候補に選ばれました。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 関西大学・野口智哉

記事の内容

をご紹介しています。

野口智哉の経歴やプロフィール

まずは、野口智哉の経歴です。

プロフィール
  • 名前:野口智哉(のぐち ともや)
  • 出身地:奈良県橿原市
  • 生年月日:1999年9月20日
  • 身長:181cm
  • 体重:83kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:遊撃手
  • 経歴:真菅ファイターズ(橿原市立真菅小学校) → 葛城JFKボーイズ(橿原市立大成中学校) → 徳島県立鳴門渦潮高等学校 → 関西大学
  • 関連ページ:近畿大HPTwitter

詳しく見ていきましょう。

小学校6年生の時にプロ野球ジュニアトーナメントに出場!

真菅ファイターズで小学1年生から野球を始め、真菅ファイターズでプレーします。

友人に誘われたのが野球を始めたきっかけだそうです。

オリックスジュニアに選ばれ、プロ野球12球団ジュニアトーナメントに出場しました。

オリックスジュニアでは、キャプテンを務めています。

中学生になってからは、硬式野球チームの葛城JFKボーイズに入りました。

中学校3年生春には、全国大会でベスト4となります。

高校3年生夏に甲子園出場!

高校は、徳島県立鳴門渦潮高校に進みます。

高校1年生6月からベンチ入りし、1年生夏の徳島県大会では5番・セカンドで出場しました。

1年生秋からショートを守るようになり、3番を打ちます。

2年生秋は、県大会で準優勝し、四国大会では、英明高校(香川)戦で3本のヒットを打ちましたが、試合は敗れました。

3年生夏の県大会では、初戦(2回戦)の阿南高専戦でサイクルヒットを打ちます。

決勝の板野高校戦でタイムリーヒットを含む2本のヒットを打つなど、通算4試合で、打率.467、1本塁打と成績を残し、県大会優勝に貢献しました。

甲子園では、1回戦の日本文理高校(大分)戦で、2本のヒットを放ちましたが、試合は敗れます。

この試合では、投手としてもマウンドに上がり、1回を無失点に抑え、最速143km/hをマークしました。

大学1年生春のリーグ戦後に大学野球日本代表に選ばれる!

高校卒業後は、関西大学(関西学生野球連盟)に進みます。

1年生春から、ライトのレギュラーとして、リーグ戦に出場しました。

12試合で打率.364と成績を残し、リーグ戦後は、大学野球日本代表候補に選ばれます。

1年生で選ばれたのは、他に1人だけでした。

1年生秋はサード、2年生春以降はショートを守ります。

2年生春は、リーグ戦初本塁打となるランニングホームランを打ちました。

大学2年生秋の明治神宮野球大会で準優勝!

2年生秋は4番を打ち、1本塁打、打率.352の成績を残し優勝に貢献、遊撃手のベストナインにも選ばれます。

明治神宮野球大会では、初戦(2回戦)の金沢学院大学戦では、ヒットを打ち、盗塁を決めました。

準決勝の東海大学戦では2本の二塁打を打ち、決勝の慶応大学戦でもヒットを打ちますが試合は敗れます。

リーグ戦後は、「3試合ともヒットを打てて自信になった」そうです。

その一方で、「2回生であの場面に立たせてもらえた経験もある。勝つことを目的としてやっていきたい」と全国大会優勝を目標に定め、スイングの量を1日500~700スイングに増やしました

3年生秋のリーグ戦では、リーグ2位となる打率.353の成績を残し、2度目のベストナインにも選ばれます。

リーグ戦後は、大学野球日本代表候補に選ばれています。

野口智哉の特徴や動画

次に、野口智哉の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

2021年ドラフト候補 野口 智哉(関西大学)

右足を上げてタイミングを取っています。

体全体を使ってフルスイングしていました。

スイングスピードも速そうです。

バットコントロール!

動画では、内角の球などをヒットにしています。

バットコントロールができ、どのような球にも対応できそうです。

また、フルスイングをしているので、当たれば長打を打てるかもしれません

足の速さはまずまず!

動画の6分辺りでは、内野安打を打っていますが、一塁到達タイムは4秒ほどでした。

足の速さはまずまずと言っていいでしょう。

選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見送っており、ストライクゾーンギリギリの球はファウルとしていました。

選球眼はまずまずと言っていいでしょう。

軽快な守備で肩が強い!

守備のシーンでは、打球の正面に素早く入って捕球し、捕ってからすぐに投げています

肩も強く、遠投は120mまでできます。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • バットコントロールができる
  • 足の速さはまずまず
  • 選球眼はまずまず
  • 軽快な守備で肩が強い

です。

内角の球にも対応できるバットコントロール、足の速さ、軽快な守備や肩の強さなどが強みで、走攻守揃った選手と言っていいでしょう。

野口智哉の成績

続いて、野口智哉の成績を見ていきましょう。

成績
  • 全国大会通算(19神宮):3試合、打率.400、2二塁打、出塁率.500、2三振、1盗塁
  • リーグ戦計(18春~20秋):63試合、打率.321、13二塁打、4三塁打、2本塁打、出塁率.404、44三振、6盗塁

成績は3年生秋までのものです。

全国大会でも、4割の打率を残せました。

四死球を選んでの出塁もできており、打率以上の貢献ができています。

ただ、四死球(全国2、リーグ33)の数よりも三振の数が多いので、今後は、三振を減らしていけるといいでしょう。

一方で、本塁打を打っており、二塁打の数も多く、長打を打てます

また、盗塁を決め、三塁打を打っているので、足も速い選手といってよさそうです。

野口智哉のスカウト評価や指名の可能性

続いて、野口智哉のスカウト評価です。

スカウト評価
  • オリックス・乾スカウト「まだこれからで、あくまで個人的なものですが、関西大の野口(智哉)くんはオリックスジュニアのメンバーで、当時からいいなと思っていたので、面白そう。会うのが楽しみですね」

小学校の頃から注目されており、今後も継続して視察する可能性がありそうです。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

因みに、プロ野球選手は本人の小さな頃からの夢だそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

野口智哉の関連ニュース

続いて、野口智哉の関連ニュースです。

>>早大・蛭間、日体大・矢沢ら/侍大学代表候補一覧

>>【関大野球】侍ジャパン大学代表候補入りの野口智哉遊撃手(人間健康学部3年)インタビュー「代表入りする自信はある。関大の代表として恥じないように頑張りたい」

>>関大が短期合宿、4番野口は「野球小僧みたい」監督

野口智哉のまとめ

以上が、関西大学 野口智哉経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

内角の球にも対応できるバットコントロール、足の速さ、軽快な守備や肩の強さが持ち味の走攻守揃った選手です。

活躍次第では、2021ドラフトで指名される可能性もあるかもしれません。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です