【東京オリンピック】野球の日程や会場、チケット、予想メンバーは?

【東京オリンピック】野球の日程や会場、チケット、予想メンバーは?

東京オリンピックでは野球が種目として復活します!

野球ファンとしては、2008年以来の野球復活という事で、楽しみですよね。

そんな東京五輪の野球について、日程や会場、チケット、予想メンバーについてまとめました。

【東京オリンピック】野球の日程と会場

まずは東京オリンピックの野球の日時と会場についてご紹介します。

【東京オリンピック】野球の日程と会場一覧表

時間会場区分
7月29日(水)12時~福島あづま球場予選
7月30日(木)19時~横浜スタジアム予選
7月31日(金)12時~横浜スタジアム予選
7月31日(金)19時~横浜スタジアム予選
8月1日(土)12時~横浜スタジアム予選
8月1日(土)19時~横浜スタジアム予選
8月2日(日)12時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月2日(日)19時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月3日(月)12時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月3日(月)19時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月4日(火)19時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月5日(水)12時~横浜スタジアムノックアウトステージ
8月5日(水)19時~横浜スタジアム準決勝
8月6日(木)19時~横浜スタジアム準決勝
8月8日(土)12時~横浜スタジアム3位決定戦
8月8日(土)19時~横浜スタジアム決勝

日程については7月29日~8月8日となっています。

会場については、開幕戦のみ福島あづま球場で、その他は横浜スタジアムでの開催となっています。

7月29日~8月1日までは予選、8月2~5日がノックアウトステージ、8月5~6日が準決勝、8月8日が三位決定戦と決勝戦となっています。

続いて予選とノックアウトステージについて説明していきますね。

【東京オリンピック】野球の予選は何か国で何試合?

出場国は6か国のみで、3チームずつにわかれて予選を行います。

各1試合づつなので、予選については各チーム2試合のみということになります。

予選が2試合のみというのは少ない感じがしますね。

ただ、その後にノックアウトステージが行われます。

このノックアウトステージが重要なんですよね。

【東京オリンピック】野球のノックアウトステージとは?

今大会ではノックアウトステージと呼ばれるルールがあります。

いわゆる敗者復活戦です。

東京五輪野球 ノックアウトステージ

東京五輪 野球 ノックアウトステージ

予選の順位に応じて、上図のようなトーナメントで優勝が決まります。

これを見ると、敗者から優勝も十分可能であることがわかりますね。

【東京オリンピック】野球の出場国は?

そこで気になるのは出場国ですね。

日本は開催国なので、出場は決定しています。

他の五か国はどこなのでしょうか?

現時点ではまだ未定となっています。

出場国は下記で決まるそうです。

オリンピック出場国
  • プレミア12・・・2か国
  • アフリカ・ヨーロッパ予選・・・1か国
  • アメリカ大陸予選・・・1か国
  • インターコンチネンタル予選・・・1か国

日本を含めて6か国ということもあり、非常に狭き門といった印象ですね。

【東京オリンピック】野球チケットの発売日や価格は?

続いて東京オリンピック野球のチケットの発売日や価格についてご紹介します。

【東京オリンピック】野球チケットの発売日

チケットについては、東京2020大会公式チケット販売サイトを通じて抽選申込が行われる予定です。

抽選については2019年5月9~28日までの申し込みという予定です。

東京オリンピックチケット日程

出典:東京オリンピック公式HP

チケットが欲しいという方は、まずは抽選に申し込みしましょう。

申し込みには「TOKYO 2020 ID」に登録する必要があります。

まだの方は、今のうちに登録しておきましょう!

仮に抽選漏れしてしまっても、2019年秋から冬に、先着順発売が始まります。

さらにそこで買えなかったとしても、2020年春には都内の販売所での窓口販売やリセールなどがあるそうです。

【東京オリンピック】野球チケットの価格

野球チケットの価格は下記となります。

区分ABCD
予選(あづま球場)13,500円11,000円7,000円4,000円
予選(横浜スタジアム)15,500円12,000円8,000円6,000円
ノックアウトステージ23,000円18,000円12,000円6,000円
準決勝31,000円24,000円16,000円8,000円
三位決定戦45,000円36,000円20,000円9,000円
決勝67,500円54,000円30,000円10,000円

価格はA~Dといった座席に応じた価格になっています。

また、予選やノックアウトステージといった、区分によっても変わってきます。

決勝のA席では67,500円という高額チケットですが、D席は10,000円といった具合です。

D席であれば十分手の届く金額なので、個人的にはホッとしています(笑)

【東京オリンピック】野球のメンバーは?

やはり気になるのは東京オリンピックの出場メンバーですよね。

東京オリンピックの期間中は、プロ野球の開催も一時中断するようなので、日本はフルメンバーとなるでしょう。

どんなメンバーが選ばれるのかワクワクしますよね。

現時点でどんなメンバーになるのか、予想してみました!

オリンピックの場合、登録選手数24名ということで、投手11名、野手13名で予想しています。

かなり少ないですね・・・

【東京オリンピック】野球のメンバー予想 投手編

名前役割2018年成績
防御率セーブH
菅野智之先発2.141500
千賀滉大先発3.511300
岸孝之先発2.721100
今永昇太先発6.80404
東克樹先発2.451100
高橋礼中継3.00000
宮西尚生中継1.804037
山本由伸中継2.894032
森唯斗中継2.792376
松井裕樹抑え3.655511
山崎康晃抑え2.722373

先発投手を5名選んでいますが、日程的には3~4名いれば十分足ります。

ただ、球数制限もあるでしょうから、ロングリリーフも考慮し、先発を多めに入れています。

高橋礼や山本由伸といった、短いイニングでも長いイニングでもどちらでも投げられる投手は重宝しそうですよね。

基本的には2018年成績から選定していますが、2019年に好成績を残しそうな、今永・高橋礼あたりは十分メンバーに入ってくるでしょうね。

2019年ペナントレースの状況を見つつ、随時更新していきたいと思います。

【東京オリンピック】野球のメンバー予想 野手編

名前守備2018年成績
打率HR打点OPS
森友哉.2751680.823
甲斐拓也.213737.602
山川穂高.28147124.985
山田哲人.31534891.014
中村奨吾二三遊.284857.767
岡本和真一三外.30933100.935
坂本勇人.3451867.962
外崎修汰外二三.2871867.830
丸佳浩.30639971.096
柳田悠岐.352361021.092
秋山翔吾.3232482.937
近藤健介外三捕.323969.884
青木宣親.3271067.884

基本的な選出基準は、走攻守の全てのレベルを考慮しています。

捕手は二名体制ですが、一応最悪の事態を考え、近藤を選出しています。

また、二塁には菊池涼介を推す声が多いと思いますが、山田がいますので、サブには複数ポジション守れる中村奨吾を選出。

セカンドと遊撃手をこなせるという点は高評価ですね。

さらに、内野だけでなく外野も守れる外崎修汰も貴重な存在です。

登録メンバーが少ないオリンピックでは、こういったユーティリティープレイヤーの出番が多くなるでしょうね。

また、チームリーダー役として青木宣親を選出しました。

国際経験も豊富ですし、性格的にチームを鼓舞する存在は必須でしょうね。

【東京オリンピック】野球の打線を予想!

打順名前守備2018年成績
打率HR打点
1山田哲人.3153489
2秋山翔吾.3232482
3坂本勇人.3451867
4柳田悠岐.35236102
5丸佳浩.3063997
6山川穂高DH.28147124
7岡本和真.30933100
8森友哉.2751680 
9外崎修汰.2871867

かなり悩ましいですね~

考え方としては、やはり上位打線は出塁率が高く、走れる選手を置きたいですね。

3、4番にはタイムリーを打てる高打率の選手を配置し、5~7番はホームランで返せる選手を置いてみました。

9番には走れる選手を置き、上位に繋がるようにしています。

上記は9番を外崎修汰にしていますが、中村奨吾でも良さそうですね。

以上の予想に意義がある方は多いと思いますので(笑)、是非コメントを下さい!

【東京オリンピック】期間中のプロ野球・高校野球・社会人野球は?

基本的にはオリンピック期間中は、プロ野球も高校野球も都市対抗も開催しないようです。

【東京オリンピック】期間中のプロ野球

プロ野球はオリンピックを優先するので、一時中断するようです。

現在のところ、7月22日~8月13日の約3週間ほど、プロ野球を中断する方針のようです。

なので、オールスターを7月19、20日(21日が予備日)で実施して、そのまま中断となるようです。

そして、オリンピックにより三週間の穴埋めとして

  • 公式戦開幕が1週間早まる
  • シーズン終了が2週間ほど遅くなる

という日程になるそうです。

さらに、オリンピックに出場しない選手の調整目的の為、無観客で練習試合を行う見通しだそうです。

また、上記の期間中だけでなく、神宮球場は7月6~9月13日まで使用中止となるようです。

ヤクルトのホーム球場ですが、長期間使用できないというのは、ヤクルトにとっては非常に影響がありそうです。

期間中に巨人や横浜といった関東での対戦が多くなるように、検討して欲しいですね。

【東京オリンピック】期間中の高校野球

高校野球についてもオリンピック期間を避ける方針のようです。

例年であれば、8月7日前後から夏の甲子園が開催されますが、2020年はオリンピック閉会後になる見通しのようです。

さらに甲子園だけでなく、地区予選についてもオリンピックの影響が出るようです。

東西・東京大会では神宮球場を使用しますが、オリンピックにより7月6~9月13日まで使用中止となります。

その為、東京ドームの使用も検討されているようです。

また、横浜スタジアムもオリンピックでの使用となるため、神奈川大会で使用できない見通しとなっています。

【東京オリンピック】期間中の社会人野球

社会人野球でもオリンピックの影響が出るそうです。

毎年7月に行われている都市対抗野球大会ですが、2020年は11月に行われる見通しのようです。

宿泊施設などの問題があり、東京でイベントを開催しにくい状況がある為だそうですね。

代わりに、11月に京セラドームで行われていた、日本選手権を7月に開催するようです。

【東京オリンピック】野球のまとめ

以上が2020東京五輪の野球についてでした。

2008年以来、オリンピックで野球が見れるということで、非常に楽しみですよね。

しかも日本開催ですから、球場で観戦したいですよね~

チケットについては2019年5月以降に先行抽選があります。

抽選には「TOKYO 2020 ID」に登録する必要がありますので、今のうちに登録しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です