【ドラフト】市川祐(関東一)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、関東一の市川祐です。

最速152km/hのクセ球や変化球を精度良くあやつる完成度の高さが魅力の右腕投手です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 関東一・市川祐

記事の内容

をご紹介しています。

市川祐の経歴やプロフィール

まずは、市川祐の経歴です。

プロフィール
  • 名前:市川祐(いちかわ たすく)
  • 出身地:東京都新宿区
  • 生年月日:2003年8月23日
  • 身長:182cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:四谷フェニックス(四谷小学校) → 新宿シニア(四谷中学校) → 関東一
  • 関連ページ:関東一HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は日本代表

四谷小学校四年生時から四谷フェニックスで野球を開始。

四谷中学校では新宿シニアに所属していました。

三年生時には日本代表に選出され、全米選手権の決勝戦でも登板する活躍を見せていました。

関東一では一年生時に甲子園登板

関東一では一年生夏には背番号11として甲子園に出場。

準々決勝の履正社戦でリリーフ登板し、1回無失点に抑えています。

二年生夏の都大会では、リリーフとして活躍し、決勝の帝京戦で142km/hを計測しています。

二年生秋にはエースでノーヒットノーラン

秋季都大会からはエースとしてチームをけん引。

新宿戦では15奪三振ノーヒットノーランを達成するなど活躍し、チームの都大会ベスト4に貢献しています。

三年生春季大会では関東大会に出場。

二回戦の千葉学芸戦では2失点完投勝利を挙げ、チームの勝利に貢献します。

その後はリリーフとして全試合登板し、チームを関東準優勝に導きます。

関東大会後に行われた、延期されていた都大会決勝の日大三戦では、2安打完封勝利でチームの大会優勝に貢献しています。

三年生夏に152km/hを記録

夏の選手権予選では、準決勝の修徳戦で自己最速を更新する152km/hを記録し、9回1失点12奪三振で勝利に貢献。

続く決勝の二松学舎戦では、8回5失点で敗戦となっています。

市川祐の特徴や動画

次に、市川祐の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

常時セットポジションから足をゆっくり上げて投げ込みます。

最速152km/hのストレート

ストレートは最速152km/hです。

報道では、回転数が2400rpmとのことですが、ジャイロ成分が多い場合は回転数が多くなる傾向にあります。

その為、動画を見てもややマッスラ気味の変化をしていることがわかります。

ホップ量はそこまで多くないと思いますが、クセのある球質で球速もあるので、厄介なボールと言えそうです。

多彩な変化球

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを投げています。

スライダーはやや緩めで、横に滑るように変化する球質です。

カーブはやや球速があり、縦に大きく変化するパワーカーブのような球種となっています。

空振りを多く奪っており、決め球として有効に使えています。

また、緩めのチェンジアップも投げており、カウント球として使ったり、空振りが奪えていました。

どのボールも高レベルで多彩に変化球を投げ分けています。

制球力はまずまず

映像を見る限り、制球力はまずまずといえます。

きっちりコースにというほどではありませんが、どのボールもストライクゾーンに投げ込めています。

四死球で崩れるタイプでは無いでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速152km/hのストレート
  • マッスラ気味のクセのある球質
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
  • そのボールも高レベルで多彩
  • 制球力はまずまず

です。

最速152km/hですが、球質的には空振りをバンバン奪っていくタイプではなさそうです。

逆にクセ球を活かした打たせて取るタイプと言えるでしょう。

変化球が多彩で、制球面でも安定した、良いグラウンドボーラーになれる素材と言えます。

市川祐の成績

続いて、市川祐の成績を見ていきましょう。

成績
  • 2021夏選手権予選:4試合、27投球回、防御率2.67、奪三振率10.00、与四死球率2.00、被安打率5.00

成績は2021年の夏の選手権予選です。

4試合で防御率2.67とまずまずの成績です。

奪三振率の高さや、予四死球率や被安打率の低さから考えると、やや防御率が上振れているようす。

市川祐のスカウト評価や指名の可能性

続いて、市川祐のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・水野スカウト部参与「直球が強くなり、腕もよく振れていた。変化球はどの球種でもカウントが取れていた」
  • 巨人・木佐貫スカウト「春も良くなっていると感じましたが、さらに良くなっている」「変化球がゾーンに決まるのは、指先の感覚がいいからでしょう。直球も春より上がっています。」
  • 広島・尾形佳紀スカウト「春よりスピードが出てコントロールもいい」
  • ロッテ・榎アマチーフスカウト「体もボールも力強さが増した。春からの成長ぶりは驚きに近いものを感じる」

現時点で複数球団からのコメントが出ています。

春よりも良くなっているというコメントが多く、春先にかけての成長を感じているようです。

制球の高さも評価するコメントがあり、評価は高くなっています。

球速の速さや、全体的な完成度の高さを考慮すれば、ドラフト2021での指名は確実でしょう。

状況次第では、上位指名もありそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

市川祐の関連ニュース

続いて、市川祐の関連ニュースです。

>>関東第一・市川 自己最速152キロ!1失点完投12KでV王手

>>【東東京】関東第一のプロ注目・市川祐が自己最速を更新する152キロ 12奪三振完投でV王手

>>決勝延期中に復調、関東第一エース市川祐が完封でV「甲子園優勝が目標」

市川祐のまとめ

以上が、関東一 市川祐経歴、成績や特徴でした。

最速152km/hのマッスラと、多彩な変化球を精度よく投げ分ける右腕投手。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です