【ドラフト】黒原拓未(関西学院大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、関西学院大学の黒原拓未です。

最速151km/hのノビのあるストレートや140km/h前後のカットボールが持ち味の本格派左腕。

高校生時代には智辯和歌山のエースとして甲子園にも出場しています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 関西学院大学・黒原拓未

記事の内容

をご紹介しています。

黒原拓未の経歴やプロフィール

黒原拓未

まずは、黒原拓未の経歴です。

プロフィール
  • 名前:黒原拓未(くろはら たくみ)
  • 出身地:和歌山県海南市
  • 生年月日:1999年11月29日
  • 身長:173cm
  • 体重:76kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:日方スポーツ少年団(海南市立日方小学校) → 海南市立海南中学校 → 智辯和歌山高校 → 関西学院大学
  • 関連ページ:関西学院大野球部HP

詳しく見ていきましょう。

中学校時代は軟式野球部

海南市立日方小学校一年生時から日方スポーツ少年団で野球を開始。

海南中学校では軟式野球部に所属していました。

智辯和歌山では高校二年生秋からエース

智辯和歌山高校では一年生秋からベンチ入り。

二年生秋からはエースとしてチームを牽引します。

三年生夏に甲子園初先発

三年生夏の選手権予選前にひじ痛を発症。

3試合11投球回のみの登板でしたが、チームは優勝し甲子園出場を決めます。

甲子園では、二回戦の大阪桐蔭戦で先発。

5回途中を1失点に抑えるも、チームは敗戦となっています。

四年生時にリーグ優勝でMVPを獲得

関西学院大学では一年生春から公式戦に出場します。

春季リーグでは8試合に登板。

秋季リーグでは自己最速を更新する150km/hを記録。

二年生春季リーグからはエースとしてチームを牽引。

四年生春季リーグでは、防御率0.88という抜群の成績を残し、5勝を挙げMVP&最優秀投手賞&ベストナインを獲得しています。

黒原拓未の特徴や動画

次に、黒原拓未の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】黒原拓未の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

常時クイックから投げており、ランナーがいる場面でも通常時と変わらず投げられるでしょう。

ノビのあるストレート

ストレートの最速は151km/hで常時145km/h前後を投げ込みます。

高めのボール球で空振りを多く奪っており、勢いを感じます。

回転数はNPB平均レベルですが、回転軸がバックスピンに近く、ホップ量が多い球質です。

その為、ストレートで空振りが奪えるタイプです。

多彩な変化球

変化球はスライダー、カットボール、スプリット、チェンジアップです。

一番の武器はストレートと球速差の少ないカットボールです。

140km/h前後でホップ成分が多めの球質なので、ストレートと見極めしにくい球質です。

アマチュアレベルよりもプロレベルで力を発揮するボールと言えるでしょう。

また、120km/h台の遅めのチェンジアップを投げます。

バックスピン成分が多めで、ストレートと見極めしにくそうですね。

ただ、対左に投げているシーンがなかったので、対左に投げられるかどうかは今後の課題となるかもしれません。

制球面はやや課題がある

制球面はやや課題がありそうです。

高めに浮くケースや抜けるボールが見られます。

ストレートはホップ量が多いので、あえて高めに投げていると思いますので問題ありません。

やや変化球が浮くケースがあり、より変化球を低めに集められると良いでしょうね。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのストレート
  • ストレートは空振りが奪えるノビのある球質
  • 変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、スプリット
  • ストレートと球速差の少ないホップ系のカットボールが抜群
  • 制球面はやや課題がある

です。

最速151km/hのノビのあるストレートは威力十分です。

また、140km/h前後のカットボールもよく、上のレベルでも十分通用する投手でしょう。

黒原拓未の成績

続いて、黒原拓未の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(21春):6試合、51 1/3投球回、防御率0.88、奪三振率7.36、四死球率2.98、被安打率4.21
  • 21全日本選手権:2試合、12投球回、防御率2.25、奪三振率8.25、四死球率3.00、被安打率7.50

成績は2021年の春季リーグと全日本選手権です。

春季リーグでは、51 1/3投球回で防御率0.88という圧倒的な安定感です。

奪三振率が7.36と高くありませんが、変化球の主体がカットボールという事で、打たせて取ることが多いからでしょう。

四死球率は3近くでそこまで低くはありませんが、被安打率が4前半という非常に低い水準です。

黒原拓未のスカウト評価や指名の可能性

続いて、黒原拓未のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・榑松アマスカウト統括「球の強さが一番の魅力。ドラフト上位候補に入ってくる」
  • 巨人・水野スカウト部参与「真っすぐが強いしバランスも悪くない。春にこれだけ投げられれば十分」
  • 巨人・渡辺スカウト「左で強い球を投げられるのは魅力」「打者が左右関係なくインコースを攻められる」
  • 阪神・嶌村球団本部長「直球の威力がある。いい投手の何人かの1人には入る」
  • 阪神・和田テクニカルアドバイザー「見た感じ湯舟(敏郎)そっくり。昨年よりよくなっている印象。暴れるイメージだったが、コントロールもいい。両サイドに投げ分けられるしね」「どの球種もウイニングショットにできる。コントロールがいい」「勝負所を理解している。終盤でも球威が衰えていない」「どの球種も勝負球に使える。速球は強いし、カットボールで左打者に三振を取って右打者を詰まらせられる。的を絞らせない」
  • 阪神・畑山統括スカウト「途中から彼らしい投球が見られたのでよかった。球速も十分。左であれぐらいの球速が出れば(いい)」「完全に圧倒されたわけではない。直球も変化球も、両コーナーにきっちり制球できる投手」
  • 阪神・熊野スカウト「球数が多くなっても145キロ出ている。力のある球を投げる」「コントロールがいい。雨でも試合を作れている」「変化球の精度が本当に良くなった。上位候補に入ってくる」
  • 中日・米村アマスカウトチーフ「左で145キロ以上。いいんじゃないですか。普通に(ドラフト)指名されると思う」
  • 中日・山本チーフスカウト補佐「去年までは真っすぐばかりだったが、4年になって変化球をうまく使えるようになった。上位候補でしょう」
  • 中日・中田宗男アマスカウト・アドバイザー「勝てている要因は、やや甘い球の1球でゴロを打たせていること。打たせて取るコツを覚えて、安定感がある。基本的にストレートに力があるから、遅い球も生きる」「中2日を感じさせない。先発で完投できる能力がある」
  • DeNA・安部スカウト「五回以降は本来の力を出していた。指名の上位候補になってくるでしょう」
  • ヤクルト・小川GM「試合を作れる左投手。序盤、抜ける球が多かったが修正ができ、後半は変化球主体で抑えた。現時点では上位候補かな」
  • ヤクルト・橿渕聡スカウト育成グループデスク「ウチの石川みたい。ボールは黒原君の方が威力ある。直球、カットボールと、カーブ、チェンジアップの緩急をうまく使えている」
  • ロッテ・永野スカウト部長「球の力があり、スピードの出る投げ方をしている。変化球をうまく使えるし、左が欲しいチームでは上位に推される素材」
  • オリックス・牧田勝吾編成部副部長「序盤は力みがあったが、チームを全国に連れてきたという思いをマウンドで出せている。左腕として引き続き注目して見ていきたい。」
  • オリックス・乾スカウト「真っすぐと変化球のバランスがいい」

現時点で多くの球団からコメントが出ています。

複数球団から「上位候補」というコメントが出ており、非常に高い評価であることがわかります。

現時点では上位指名は確実で、今後の状況次第では一位指名も見えてくるでしょう。

今後の動向に注目です。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

黒原拓未の関連ニュース

続いて、黒原拓未の関連ニュースです。

>>ヤクルト、ドラフト上位候補に3投手 スカウト会議

>>関学大のプロ注目左腕に意外な評価 最速151キロでも、スカウト「石川雅規みたい」

>>関学大 70年越しリベンジならず…慶大に敗れ準々決勝敗退 エース黒原5回4失点もスカウト評価揺るがず

>>【大学選手権】関学大57年ぶり勝った!黒原7回1失点!巨人スカウト絶賛

>>今秋ドラフト候補の関学大左腕・黒原が7回1失点8奪三振 チームは57年ぶり勝利【全日本大学野球】

>>阪神ドラフト上位候補に関学大151キロ左腕・黒原拓未 1位浮上可能性も

>>関学大・黒原、中2日で2試合連続完封 今秋ドラフト候補の熱投で8年ぶりV王手

>>関学大がV王手 プロ注目のエース左腕・黒原が同志社大に2安打完封

>>今秋ドラフト上位も…関学大151km左腕・黒原拓未が今季3度目完封、スカウト高評価 2013秋以来のV王手

>>阪神スカウト4人熱視線!関学大・黒原3安打完封の快投 93年以来春Vへ前進

>>プロ注目左腕の関学大・黒原が「関関戦」で7回無失点 阪神スカウト高評価

黒原拓未のまとめ

以上が、関西学院大学 黒原拓未経歴、成績や特徴でした。

最速151km/hのノビのあるストレートと140km/h前後の抜群のカットボールが持ち味です。

2021ドラフトで上位指名される可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です