【ドラフト】速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、群馬ダイヤモンドペガサスの速水隆成捕手です。

長打力が魅力の打てるキャッチャーで、二塁送球タイム1.86秒という強肩です。

今回はそんな群馬ダイヤモンドペガサス 速水隆成経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)の経歴は?

速水隆成の経歴です。

経歴
  • 名前 : 速水隆成(はやみず たかなり)
  • 出身地 : 群馬県高崎市
  • 生年月日 : 1997年7月28日
  • 身長 : 189cm
  • 体重 : 102kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:高崎市立北部小学校 → 高崎市立並榎中学校 → 桐生第一高校 → 群馬ダイヤモンドペガサス

詳しく見ていきましょう。

速水隆成の小学校、中学校時代は?

高崎市立北部小学校の1年生の時から、軟式野球を始めます

高崎市立並榎中学校では軟式野球部に所属し、主に捕手としてプレーしました。

高校は県内の桐生第一高校に進み、1年生の時からベンチ入り。

速水隆成は高校2年生春に甲子園出場!

1年生秋からの一塁手のレギュラーとして出場し、関東大会準優勝となりました。

2年生春のセンバツ甲子園では、初戦の今治西高校(愛媛)戦で、甲子園初安打となるヒットを打ちます。

2回戦の広島新庄高校戦は、1対1の引き分けで再試合となりました。

再試合では、8番での出場ながら、二塁打、三塁打を含む3安打を打つ活躍で勝利に貢献。

しかし、3回戦の龍谷大平安高校(京都)戦では途中出場で1打数ノーヒット、試合も敗れます。

2年生夏は県大会の準決勝、2年生秋は4回戦、3年生夏は決勝で、いずれも健大高崎高校に敗れ甲子園出場はなりませんでした。

3年生夏の決勝は、5打数1安打で打点も挙げ、1点差での敗退でした。

プロ志望届を提出しますが、指名漏れとなります。

速水隆成はBCリーグ1年目途中に捕手に転向!

高校卒業後は、BCリーグ(独立リーグ)の群馬ダイヤモンドペガサスに入団。

入団当初は、一塁ないし三塁を守っていましたが、1年目の6月以降、中学校以来となる捕手の練習を始めました

捕手をやるようになったのは、練習中に遊びで二塁送球をやったのがきっかけです。

良い球が送球され、チームメートから「捕手でこれだけ大きな体があれば特徴になる。挑戦したら?」と言われ、転向を決意したそうです。

1年目は43試合の出場で打率も.186でしたが、2年目は正捕手の座を獲得。

2年目は67試合に出場し打率.285、三年目は打率.341、15本塁打という飛躍的に成績を伸ばしています。

4年目も7月3日の時点で、3割4分を超える打率を残しており、あとは、守備面での正確さを求めていくシーズンとなりそうです。

速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)の成績は?

速水隆成の成績です。

打撃と守備に分けて見ていきましょう。

2019年ドラフト 速水隆成の成績は?

まずは打撃成績です。

打撃成績
  • リーグ戦通算(17年~18年):180試合、打率.293、23本塁打、103打点、83三振、出塁率.375
  • 2018年リーグ戦:70試合、打率.341、15本塁打、59打点、38三振、出塁率.418
  • 2019年リーグ戦:55試合、打率.340、13本塁打、54打点、39三振、出塁率.452

2019年の成績は8月20日時点でのものです。

2018年までの通算打率が3割を切っていますが、2018年は.341と3割を超え、成績を伸ばしています。

2019年も3割4分を超える打率を残し、好調を維持できているようです。

何といっても、魅力は長打力で、本塁打は2018年はリーグ5位の15本を打ち、2019年も現時点でリーグ4位の13本を打っています。

本塁打のペースも増えており、より長打が打てるようになっています。

また、出塁率を見ると、ヒットでの出塁の他にフォアボールを選んでの出塁も出来ています。

ただ、2018年までは76四球に対し83三振、2019年は41四球に対し39三振と、三振がやや多めです。

長打を常に狙うスタイルなので、三振数が多いのは仕方がないですが、上のレベルでやるためには、見極めすることも重要になってきます。

2019年ドラフト 速水隆成の守備の成績は?

次に守備の成績を見ていきましょう。

守備成績
  • 2019リーグ戦:55試合、4失策、2捕逸、盗塁阻止率.347

8月19日までの2019リーグ戦の成績です。

エラーや捕逸が少なく、盗塁阻止率も3割を越えていてまずまずです。

捕手としては4年目ですが、捕手として問題なくこなせている印象ですね。

速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)の特徴は?

速水隆成の特徴です。

まずはこちらの動画(2018BCリーグ、栃木戦)を見ていきましょう。

恵まれた体格ですね。

足を開いて構えており、左足を少し動かしながらタイミングを取っています。

本人は現ヤンキースのアーロンジャッジに憧れており、打撃フォームも似ていますね。

速水隆成は長打を打てる!

動画では、内角寄りの速球をレフトにホームランを打っていますね。

ネットの上の方に当たっており、球場の広さを考慮すると125~130mくらいは飛んでいそうです。

やや後ろ(キャッチャー)寄りに構えており、そこから、一気に体重移動が出来ています

そして、しっかりとフルスイングできていますね。

体格の良さはもちろん、全身を使ったバッティングが出来ており、パワーはプロでも十分通用するでしょう。

速水隆成は状況に応じたバッティング!

動画の1分30秒辺りでは、フライアウトになったものの逆方向(ライト方向)に大きな打球を打っています。

ランナーが三塁にいる場面で、追い込まれた状況ですが、外角低めのチェンジアップを逆らわずに打てています。

ホームランを打つだけでなく、逆方向にも打て、状況に応じたバッティングも出来るタイプですね。

もちろんパワーもあるので、下記の動画のように逆方向にもスタンドインできます。

こういった打撃ができるので、打率も残せそうです。

速水隆成の選球眼はまずまず

選球眼はまずまずと言えるでしょう。

動画の2分15秒あたりでは、落ちる球に空振りしており、本人も反省している様子から、ボール球の見極めは課題だと思っているのでしょう。

ただ、それ以外の打席ではボール球をしっかり見極め、甘いボールを打ちに行けています。

四球での出塁も出来ていますので、選球眼はまずまずといって良いでしょう。

もちろん、さらに上のレベルでやるためには、もっと三振を減らしたいところでしょうね。

速水隆成の守備は?

動画3分46秒あたりから守備を特集しています。

動画の最初は、スローイングを特集しており、捕球してから、二塁へ投げるタイムは1.86秒と、プロトップレベルのタイムです。

捕ってから投げる動作が速く、大体は野手のミットの位置に正確に送球できています。

遠投は100mまででき、肩は強いです。

また、50m走も6秒3でまずまずのタイムとなっており、体格が大きい割に俊敏性があるので、身体能力の高さも感じます。

動画の4分47秒過ぎからは、キャッチングを特集しています。

低めの投球を捕れませんでしたが、後ろに逸らすことなく体で止め、前にこぼして捕っており、落ち着いて一塁へ送球できています。

キャッチャーとしての基本的な動きはできているので、エラーや捕逸が少ないのでしょう。

試合後は、ベンチに残って、試合中の配球を思い出しながら、気付いた事などをメモするのが日課のようです。

「自分なりに投手の長所を引き出そうと考えながらリードを勉強中」とコメントしています。

こういった、気付いた事を振り返る姿勢は、プロに入ってからも大事になってきそうですね。

速水隆成の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 恵まれた体格から繰り出すパワー
  • 広角に長打が打てる
  • まずまずの選球眼
  • 二塁送球タイム1.86秒はプロトップレベル

です。

恵まれた体格からの長打力が魅力の打てる捕手です。

二塁送球タイムも1.86秒とプロトップレベルなので、捕手としても十分やれるでしょう。

本格的にキャッチャーでプレーしたのがBCリーグ1年目途中だった事もあり、まだ伸びしろがありそうです。

速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)のスカウト評価は?

速水隆成のスカウト評価です。

残念ながら、スカウトの寄せたコメントはありません。

リーグ戦やプロとの練習試合を視察したスカウトはいると思いますし、今後、打てるキャッチャーとして、注目を集めそうです。

参考までに、プロ入りした選手の2018年BCリーグ成績と比較しておきます。

2018年主要選手成績との比較
  • 村田修一(元巨人):60試合、打率.343、14本塁打、62打点、24三振、出塁率.423、OPS.994
  • 片山雄哉(阪神育成1位):64試合、打率.330、14本塁打、62打点、50三振、出塁率.467、OPS.1097
  • 内山太嗣(ヤク育成1位):64試合、打率.292、0本塁打、18打点、23三振、出塁率.343、OPS.717
  • 速水隆成(2019年):55試合、打率.340、13本塁打、54打点、39三振、出塁率.452、OPS1.057

元巨人の村田修一や2018年阪神育成一位の片山雄哉とほぼ同等の成績です。

片山雄哉は育成ですが、すでに阪神二軍の4番を打っているほどで、近いうちに支配下登録されてもおかしくない活躍です。

*追記:片山雄哉は7月30日に支配下登録されました。

成績的には、すでにプロの二軍で通用するレベルにあると考えて良いでしょう。

また、片山雄哉は大学2年で中退し、BCリーグを4年経験してプロ入りしていますが、速水隆成の場合は高卒4年目なので、現在の大学四年生と同い年です。

なので、若さというアドバンテージもあります。

また、元日本ハムの嶋田信敏さんは「スローイングに課題があるが、長打力などのバッティングは将来性があり楽しみ」と評価しています。

そういった背景を考えると、ドラフト2019では指名される可能性は高いでしょう。

合せて読みたい!

【2019】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス)のまとめ!

以上が、群馬ダイヤモンドペガサス 速水隆成経歴、成績や特徴でした。

プロでも十分通用するパワーが持ちあじの打てる捕手です。

二塁送球タイム1.86秒と肩の強さでもプロトップレベルで、打撃成績も年々向上しており、伸びしろもまだまだありそうです。

実力を見る限りは2019ドラフトで指名される可能性は高いでしょう。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です