【ドラフト】翁田大勢(関西国際大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、関西国際大の翁田大勢です。

変則フォーム投げる最速157km/hのストレートが魅力の右腕投手。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 関西国際大・翁田大勢

記事の内容

をご紹介しています。

翁田大勢の経歴やプロフィール

まずは、翁田大勢の経歴です。

プロフィール
  • 名前:翁田大勢(おうた たいせい)
  • 出身地:兵庫県多可町
  • 生年月日:1999年6月29日
  • 身長:181cm
  • 体重:93kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:八千代北少年野球クラブ(八千代市立八千代北小学校) → 氷上ボーイズ(八千代中学校)→ 西脇工業高校 → 関西国際大
  • 関連ページ:関西国際大HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は硬式野球チームで遊撃手

八千代市立八千代北小学校一年生時に八千代北少年野球クラブで野球を開始。

八千代中学校では氷上ボーイズに所属し、遊撃手としてプレーしています。

西脇工業高校では三年生時に147km/h

西脇工業高校では一年生春から一塁手としてベンチ入り。

夏の選手権予選では四番を任されていました。

二年生秋季大会からはエースを任されるも登板が無くチームは敗戦となります。

三年生春季大会では、二回戦の報徳戦で6球団のスカウトが視察する中、145km/hを計測しています。

夏の選手権予選では、東洋姫路戦で147km/hを記録しています。

関西国際大では二年生秋から先発を任される

関西国際大では二年生春季リーグから公式戦に出場。

二年生秋季リーグから先発を任され、防御率2.41という好成績を残します。

三年生時は春季リーグが中止、秋季リーグは右肘の故障で登板なく終わります。

四年生春季リーグでは、大阪体育大戦で登板するも、1アウトも取れずに4失点で降板します。

その後、肘の状態を考慮し登板が無く終わります。

四年生秋季リーグで157km/hを記録

秋季リーグでは、天理大戦でリリーフ登板します。

7回から1イニングを無失点に抑え、自己最速を更新する153km/hを記録しています。

続く大阪産業大戦では、初回に自己最速を更新する157km/hを記録し、14奪三振の好投も、タイブレークの末敗戦となっています。

翁田大勢の特徴や動画

次に、翁田大勢の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【21年スポニチ潜入⑥】関西国際大・翁田大勢 2021年アマ野球有力選手

試合での投球映像が出回っていないので、ブルペン映像や報道などからわかることを解説していきます。

腕を下げた変則右腕

ブルペン映像を見ると、腕を下げたスリークウォーターとなっています。

その為、ホップ量は少なく、シュート変化量が多い球質で、ゴロで打ち取るタイプでしょう。

報道では回転数が2500rpmを超えるとのことで、シュート変化量が多そうです。

多彩な変化球

変化球はスライダー、カーブ、フォーク、シンカーを持ち球としているようです。

本人のコメントではフォークが得意とのことで、軸となるのはフォークのようです。

ストレートの球速があり、フォークで落とせるのであれば、空振りが奪いやすいタイプと言えるでしょう。

また、腕を下げ気味なので、スライダーやカーブは横変化が大きいタイプと思われます。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速157km/hのストレート
  • ホップ量は少なく、ゴロで打ち取るタイプ
  • 変化球はスライダー、カーブ、フォーク、シンカー
  • フォークに自身がある

です。

一番の魅力は変則フォームから投げる最速157km/hのストレートでしょう。

変則ということで、打者にとっては厄介です。

また、フォークが得意ということで、空振りが奪えるタイプです。

リリーフ適性が高そうなタイプですね。

翁田大勢の成績

続いて、翁田大勢の成績を見ていきましょう。

成績
  • 2021年秋季リーグ:1試合、1投球回、防御率0.00、奪三振率9.00、被安打率9.00

成績は2021年秋季リーグです。

三年生や四年生春季リーグでは、右肘の故障により、ほぼ登板がありません。

その為、直近は2021年秋季リーグのみとなります。

現時点で1試合のみの登板なので、参考にはなりませんが随時更新していきます。

翁田大勢のスカウト評価や指名の可能性

続いて、翁田大勢のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・榑松スカウト部次長「柔軟性と馬力の両方を兼ね備えている。直球のキレ、強さが素晴らしい。真っすぐで空振りが取れる投手はなかなかいない。サイドに近い特徴的な投げ方も魅力。希少な投手。いい投手です」「潜在能力で言えば、翁田が上かもしれない」
  • 巨人・岸スカウト「来年の上位候補は間違いない。体が強い」
  • 阪神・山本スカウト「ボールの力がある。細かい制球と変化球の制度が上がれば」「ボールが強くて力がある。あの(腕の)位置であれだけの強いボールを放れるのは武器になる。シンカー、フォーク、落ちるボールもあるし、上位候補になってくると思います」「一番の魅力は直球。順調なら上位候補」「来年の上位候補。益田の4年時の力に近い」
  • 中日・米村チームスカウト「あの角度で投げられると怖さがある。スピードがあるとバッターが踏み込めない。打者が怖い投手だと思う」「モノは一級品。決め球もある」
  • あるスカウト「いい真っすぐを投げていた。球の強さは屈指だと思う」
  • 別のスカウト「短いイニングなら1軍でも通用する」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

三年生時点で「上位候補」という非常に高い評価を受けています。

四年生秋季リーグでは無観客でスカウトも入場できないようなので、8月のオープン戦で多くの球団が視察をしたようです。

変則ながら最速157km/hとうことで、リリーフを強化したい球団から需要は高いでしょう。

その為、ドラフト2021での指名の可能性は高そうです。

今後の動向に注目です。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

翁田大勢の関連ニュース

続いて、翁田大勢の関連ニュースです。

>>【大学野球】関西国際大が連盟記録の1イニング14得点で圧勝 プロ注右腕・翁田大勢は登板せず

>>今秋ドラフト候補の関西国際大・翁田 自己最速157キロ「普通に投げたら、出ると思っていた」

>>【大学野球】ドラフト候補の関西国際大・翁田大勢が自己最速153キロ 1回1安打無失点

>>ドラフト候補右腕の関西国際大・翁田が自己最速153キロ! 「真っすぐは理想に近い形になってきた」

>>隠れた剛腕ドラフト上位急浮上、関西国際大・翁田大勢が最速更新153キロ

>>翁田vs森のプロ注目投手対決に6球団スカウト集結

>>関西国際大の最速152キロ右腕・翁田大勢を巨人スカウトが大絶賛 6球団が視察

>>関西国際大・翁田150キロ連発、阪神井上も併殺打

翁田大勢のまとめ

以上が、関西国際大 翁田大勢経歴、成績や特徴でした。

変則フォーム投げる最速157km/hのストレートが魅力の右腕投手。

2021ドラフトで指名される可能性は高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です