【ドラフト】佐野大河(堺シュライクス)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】佐野大河(堺シュライクス)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は堺シュライクスの佐野大河投手です。

色々な変化をする回転数の少ないナックルが持ち味のナックルボーラー。

現在は、大学に籍を置きながら、独立リーグでプレーしています。

今回はそんな堺シュライクス 佐野大河

記事の内容

をご紹介しています。

佐野大河(堺シュライクス)経歴やプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

開始まで後18日!! そして本日はナックルを投げ佐野選手!! #堺シュライクス #佐野大河 #開幕までのカウントダウン

バイロン(@bairon2255)がシェアした投稿 –


まず、佐野大河の経歴です。

経歴
  • 名前:佐野大河(さの たいが)
  • 出身地:静岡県浜松市
  • 生年月日:1998年11月16日
  • 身長 :172cm
  • 体重: 68kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:浜松南リトルシニア(浜松中部中学)→ 静岡県立浜松南高校 → 千葉大学(在学中)→ 堺シュライクス

詳しく見ていきましょう。

佐野大河は中学生時代からナックルボールを投げる!

小学校2年生のころからソフトボールをはじめました

中学生時代は、浜松南リトルシニアで内野手としてプレーします。

また、その頃、同じ内野手のチームメイトが遊びでナックルボールを投げていて、教わって投げた事がありました。

高校は、静岡県立浜松南高校に進みます。

2年生になると、内野手だけでなく投手としても出場するようになりました。

試合でナックルボールを投げたこともありますが、見せ球として使う程度だったそうです。

3年生夏の県大会初戦の静岡商業高校戦で敗れました。

甲子園出場経験はありません。

佐野大河は大学3年生の時に野球部を退部、独立リーグでのプレーを望む!

高校卒業後は、千葉大学(千葉県大学野球連盟3部)に進学します。

「家庭の経済事情と、東京で就職したいと考えて関東の国公立大学への進学したい」と考えたのが進学理由で、現役で法政経学部法政経学科に合格しました。

また、「大学でも野球を続けたかったが、関東の私立や1部リーグだとレベルが高くついていけない」と感じ、プロ入りは考えず、卒業後は金融業界への就職を考えたそうです

大学入学後は、リリーフを中心にリーグ戦に投げます。

それと同時に、ナックルボールをメインに投げたいと考えティム・ウェイクフィールドやR.A.ディッキーといったメジャーリーガーが投球する動画を参考に練習を行いました。

2年生の時には、NHKで放送している野球関係のテレビ番組「球辞苑」で、ウェイクフィールド(元メジャーリーガー)のナックルボールの握りを参考にします。

その結果、ナックルの精度が良くなりました。

さらに、ナックルボールを投げている動画をSNSに投稿すると、「ナックル大学生」として多くの人から反響があり、「色々な野球の世界を見てみたい」「もっと高いレベルでプレーしたい」と思うようになります。

独立リーグなどのトライアウトを受験したいという理由で、3年生秋には、所属していた硬式野球部を退部しました。

佐野大河は堺シュライクスに入団!

野球部を退部した後は、BCリーグ、四国アイランドリーグのトライアウトを受けますが、契約には至らず、メジャーリーグや国内外の独立リーグがスカウトに訪れたWorldTryout2019に臨みます。

予選を通過し、本選では、第1試合で1アウトも取れないでマウンドを降りましたが、第2試合では、ダブルプレーに打ち取るなどの活躍を見せました。

その結果、関西独立リーグの堺シュライクスと北海道ベースボールリーグ(2020年よりリーグ開始)からオファーを貰います。

堺の松本オーナーから熱心に声をかけてもらったこともあり、堺シュライクスへの入団を決めました。

大学3年生のテストが終わった後、3年生2月からチームに合流して練習に参加します。

「堺シュライクスには、大学に在籍しながら行くことに決め、シーズン中の4月から10月はチームの寮に住む。単位に余裕があるので、休学ではなく通わない形をとり、後期から大学に戻る」そうです。

また、周りのチームメイトが就職活動を行っていますが、「就職はせず、野球一本で行きたい」と話しており、国内外のプロ野球チームでのプレーを目指します

佐野大河は練習試合で力の差を痛感!

3月の練習試合で先発しますが、四球を出したこともあり2回を投げて6失点と苦しみました。

「大学のリーグよりもレベルが高く、コントロールを良くしないと通用しない」と思ったそうです。

また、元プロ野球選手でもある大西宏明監督、藤江均コーチからは、「ナックルボーラーである以前に投手として必要なことを身につけるのも大事」と言われました。

そういう事もあって、投球フォームの基本やクイック、フィールディングなどの練習にも力を入れています

佐野大河が初勝利を挙げる

6月13日に関西独立リーグが開幕。

開幕戦で先発を任されると、7回1失点の好投を披露し、初勝利を挙げます。

次回登板でも8回自責点1で2連勝を挙げます。

三戦目の和歌山ファイティングバース戦では5回5失点と打ち込まれ、その後は約2か月登板がありませんでした。

しかし、9月24日に和歌山戦に登板すると7回無失点の好投を披露しています。

佐野大河(堺シュライクス)の成績

次に、佐野大河の成績です。

大学では3部リーグ(2年生秋のみ2部)で注目度が低く、まだ、詳しい情報がありません。

大学3年生秋は、1試合の登板のみだったそうです。

独立リーグでの成績は下記となります。

成績
  • 2020年:4試合、防御率2.61、31投球回、2勝1敗、被打率6.39、奪三振率3.48、四死球率8.13

防御率2.61とまずまずの結果を残しています。

被打率が少ないのが要因でしょう。

しかし、四死球率が8を超えており、制球面で課題がありそうです。

ナックルボールという特徴から、制球するのは難しいでしょうが、上のレベルで活躍するには精度向上が必須でしょう。

佐野大河(堺シュライクス)の特徴や動画

続いて、佐野大河の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2020候補】佐野太河のナックルボールのスロー映像

背はそこまで大きくありませんが、ほぼ上から投げ下ろすフォームです。

左足を上げてタメを作っています。

大きい腕の振りで投げ、肘の使い方も柔らかそうです。

佐野大河は回転数の少ないナックル!

最速130km/hのストレートも投げますが、最速112km/h、平均100km/h前後のナックルボールを中心に投げています。

ナックルは、横に大きく変化する球、横に揺れながら落ちる球、大きく落ちる球など、色々な変化が見られ、空振りを取ることができていました

1分間の回転数は、高くても200回転台で、ほぼ無回転と言って良さそうです。

本人は、「ナックルが回転すると打たれやすかった」と話し、無回転にこだわって練習しています。

大学の後輩捕手の話では「たまに、捕球する直前で急に浮いてくることもあって、受けるのが大変だった」そうです。

佐野大河の制球力は普通!

動画を見ると、ストライクゾーンぎりぎりの所に投げる事も出来ています。

ただ、ナックル主体のピッチングなので、キャッチャーの構えた所から外れているケースが目立ち、パスボールを誘う場面も見られました。

制球力は普通といった所で、今後は精度の向上が求められるでしょう。

佐野大河の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 110km/h前後のナックルボール
  • 制球力は普通

です。

色々な変化をする回転数の少ないナックルボールが主体のピッチングをします。

ナックルボールを本格的に投げたのは大学に入ってからなので、まだ伸びしろがありそうです。

佐野大河(堺シュライクス)のスカウト評価や指名の可能性

次に、佐野大河のスカウト評価です。

スカウトが、現時点で寄せたコメントはありません。

大学では三部リーグという事があり、まだ、注目度が低いのかもしれません。

2020年は独立リーグでプレーするので、活躍次第では、2020ドラフトで指名される可能性もあると思います。

ただ、リーグ戦の開幕が延期になっており、10月には大学に戻る予定なので、アピールできる期間が短かそうです。

将来の夢はメジャーリーガーで、「今のままでは無理ですが、体を強くして、ナックルの精度を上げていければ夢も可能になると思う」と話しています。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

佐野大河(堺シュライクス)のまとめ!

以上が、堺シュライクス 佐野大河経歴、成績や特徴でした。

色々な変化をする回転数の少ないナックルボールが主体のピッチングをしています。

独立リーグでの活躍次第で、2020ドラフトでの指名もあるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です