【ドラフト】加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、武蔵ヒートベアーズの加藤壮太外野手です。

長身ながら高い身体能力があり、阪神の糸井嘉男を彷彿とさせる選手です。

今回はそんな武蔵ヒートベアーズ 加藤壮太経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)の経歴は?

加藤壮太の経歴です。

経歴
  • 名前 : 加藤壮太(かとう そうた)
  • 出身地 : 愛知県春日井市
  • 生年月日 : 1998年4月15日
  • 身長 : 188cm
  • 体重 : 89kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:春日井市立神領小学校 → 瀬戸シニア(春日井市立南城中)→ 中京学院大学附属中京高校 → 武蔵ヒートベアーズ

詳しく見ていきましょう。

加藤壮太は高校時代に右膝を痛める!

春日井市立神領小学校の3年生の時から野球を始めます。

中学生になってからは瀬戸シニアでプレー。

高校は、岐阜県の中京学院大学附属中京高校に進学します。

しかし、入学後に右膝を痛め、半月板を手術することになり、リハビリを経て試合に出るようになったのは2年生の秋でした。

打撃機会はありませんでしたが、2年生秋の東海大会で途中出場するようになります。

加藤壮太は高校3年生夏に甲子園出場!

3年生夏の県大会では、2番センターとして全試合に出場し、23打数7安打4盗塁の成績を挙げ、県大会優勝。

甲子園1回戦の大分高校戦でヒットを打ち、甲子園初ヒット。

2回戦の常総学院戦(茨城)戦では、タイムリー三塁打を含む2安打を打ちましたが、試合は敗れます。

3年生秋にプロ志望届を提出しましたが、指名はありませんでした。

なお、高校の同級生には、北海道日本ハムの今井順之助内野手がいます。

加藤壮太は、武蔵ヒートベアーズ入団後、打撃フォームの改造を行う!

高校卒業後は、BCリーグ(独立リーグ)の武蔵ヒートベアーズに入団しました。

1年目から、主に2番センターとしてリーグ戦に出場。

また、試合に出場しつつ、打撃フォームの改造を行ってきました

「テークバックの際にグリップが上がる」という欠点があったため、「グリップを少し下げて、下半身を使ったフォーム」に修正したものです。

1年目は、打率.213、14盗塁(14位タイ)でした。

2年目は、70試合中69試合とほぼ全試合に出場、打率を.245に伸ばし、2桁盗塁(12盗塁)も達成。

3年目は、1番や3番も打つようになり、39試合終了終了時点ですが、打率が3割を超えています。

シーズンと途中ながら盗塁も16と過去最高を更新し、3年連続の2桁盗塁となりました。

なお、チームメイトにはドラフト2019候補の松岡洸希がいる。

加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)の成績は?

加藤壮太の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(17年~18年):121試合、打率.231、1本塁打、32打点、131三振、出塁率.304、26盗塁
  • 2019年リーグ戦:67試合、打率.310、7本塁打、35打点、56三振、出塁率.422、29盗塁

2年目までと3年目(2019年)の成績を分けて載せましたが、打率が大幅に上がっているのが分かり、本塁打も増えています

打撃フォームの改造の成果が表れ始めていると言って良さそうです。

また、試合数を超える三振をしていましたが、3年目は58試合に出場し48三振と三振を減らせています。

さらに、四球を選んでの出塁を増やせています。

打率よりも1割以上高い出塁率となっており、チームへの貢献度が高いタイプと言えるでしょう。

また、足が速く盗塁数も増えており、2019年は29盗塁と過去最高を更新しています。

出塁が増えたので、自慢のスピードがしっかり生かされていますね。

加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)の特徴は?

加藤壮太の特徴です。

まずはこちらの動画(2019年前期リーグ、栃木ゴールデンブレーブス戦)を見ていきましょう。

長身で、バランスの取れた体型ですね。

長身で身体能力に優れており、本人は阪神の糸井嘉男を目標としているようです。

足を曲げて開きながら待っていますが、右足を上げてタイミングを取った後は、足を開かずに打っています。

また、グリップがそこまで上下することなく、しっかりとフルスイングできています

加藤壮太は広角に打てる!

動画の30秒辺りでは逆方向(ライト方向)に、55秒あたりはライト方向に、2分5秒あたりはセンター方向にそれぞれ打っています。

ボールに対して引き付けて打っているので、広角に打てそうです

特に、センター方向に打った時の球は落ちる変化球ですが上手く対応しています。

来た球に逆らわずにバットが出ており、バッティングコントロールが良く、あらゆる球に対応できそうです。

また、足を開かないで打っているので、体重移動が効率よくでき、打球が伸びそうです。

加藤壮太の選球眼は高い!

追い込まれる前は、自分の打てる球を打ちに行っているようです。

しかし、追い込まれてからは、ファウルで粘ったりボール球を見送ることが出来ています。

動画の2分30秒あたりから3分あたりでは、フォアボールを選んでいます。

三振を減らせ四球での出塁が増えている事もあり、選球眼は高めと言って良さそうです。

ただ、動画の最初の打席では、左投手のスライダーを空振りし三振をしていたので、今後は、より確実なバッティングが求められそうです。

加藤壮太の走力や守備は?

動画の後半部分は盗塁シーンを取り上げています。

盗塁のタイムが3.7秒、動画の55秒あたりの一塁到達タイムは4.3秒台で大回り&流している、ということを考えると走力が高そうです。

ちなみに50m走は5秒8だそうです。

さらに後(3分13秒以降)では、守備を取り上げています。

そこまで難しい打球ではありませんが、ゴロやフライを難なくさばいています。

安定した守備をしているので、エラーを少なくできそうです。

一番最後では、練習ですが、三塁やホームの手前までノーバウンドで投げていて強肩であることが分かります。

遠投は100mまでできるそうです。

ただ、投げ方にぎこちなさを感じますので、改善の余地はまだまだありそうです。

加藤壮太の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 長身でバラスの良い体格
  • 広角に打てる
  • 選球眼は高め
  • 足が速い
  • 安定した守備ができ、肩が強い

です。

バッティングの技術が上がっており、走攻守三拍子揃った選手という印象です。

独立リーグに入ってから、打撃を伸ばしており、まだ伸びしろもありそうです。

長身で高い身体能力があるので、阪神の糸井嘉男のように超人を目指してほしいですね。

加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)のスカウト評価は?

加藤壮太のスカウト評価です。

残念ながら、コメントを寄せたスカウトはいないようです。

しかし、BCリーグの試合をスカウトが視察し、「ノックも含めビデオ撮影していた」という情報があります。

打撃フォームの改造の成果が出始めているので、これから、注目を集めそうです。

また、元プロ野球選手の川相昌弘さん、嶋田信敏さんがNPBに行ける素材と評価しています。

現時点でもしっかり結果を残していますし、大学三年生と同じ年ということで、若さという点でアドバンテージもあります。

このまま活躍できれば、2019ドラフトで指名される可能性も十分あると思います。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

加藤壮太(武蔵ヒートベアーズ)のまとめ!

以上が、武蔵ヒートベアーズ 加藤壮太経歴、成績や特徴でした。

走攻守揃った外野手で、打撃の調子が上がっています

体格に恵まれていることもあり、潜在能力も非常に高そうです。

このまま活躍できれば、2019ドラフトでの指名の可能性は十分あるでしょう。

糸井嘉男二世を目指して頑張って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です