【ドラフト】飯塚脩人(習志野)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 飯塚脩人(習志野)の成績・経歴・特徴は?

2019年の高校生のドラフト注目選手を見ていきましょう。

その中の一人が習志野高校の飯塚脩人投手です。

最速151km/hの速球が武器で、年々球速がアップしている今後の成長が楽しみなピッチャーです。

今回はそんな2019年ドラフト候補習志野高校・飯塚脩人経歴、成績特徴をご紹介します。

飯塚脩人(習志野高校)の経歴は?

まずは飯塚脩人の経歴です。

経歴
  • 名前:飯塚脩人(いいづか しゅうと)
  • 出身地:千葉県習志野市出身
  • 生年月日:2001年度
  • 身長:181cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:大久保フロッグス(小学校2年生~)→ 習志野市立第二中学校(軟式野球部)→ 習志野市立習志野高校

詳しく見ていきましょう。

飯塚脩人の小学校、中学校時代は?

飯塚脩人は、小学校2年の時に、軟式野球チームの大久保フロッグスで野球を初めました。

習志野市立第二中学校に進み、軟式野球部に入りますが、シニアなどの硬式野球チームには入らなかったようです。

中学時代は、控え投手ないし外野手でした。

飯塚脩人は、高校入学後にフォームを見直す

高校は、地元の強豪高校・習志野市立習志野高校に進学します。

甲子園にも出場した事もありますし、出身のプロ野球選手もいますね。

1学年上には、千葉ロッテマリーンズの2019年ルーキー・古谷拓郎投手がいます。

高校入学時は、最速が120km/h台で上半身を中心に使って投げていましたが、飯塚投手は古谷投手にフォームを教わり見直したそうです。

その成果もあり、球速が伸びコントロールも良くなりました。

そして、1年生の秋からベンチ入りを果たします。

2年生の春は、県予選決勝では木更津総合戦、関東大会では日大三(東京)戦に先発し負けてしまいますが、その経験を基に強い相手を想定した練習もするようになりました。

その頃から、140km/h以上のストレートを投げるようになります。

2年夏の県予選(西千葉大会)では3試合に先発し、16回を投げ4失点で16奪三振(奪三振率9.00)と活躍します。

特に、4回戦の船橋戦では8回1安打0失点に抑えました。

飯塚脩人は145km/hをマークし選抜出場!

2年秋からエースとなります。

2年秋の大会では、7試合に登板し防御率0.50の活躍もあり準優勝、関東大会に出場します。

関東大会1回戦の桐生第一高(群馬)戦では自己最速の145km/hをマークしました。

しかし、準決勝の桐蔭学園高(神奈川)戦では、リリーフ登板しタイムリーで追加点を許し、チームも負けてしまいます。

ただ、関東大会ベスト4となり、2019年春のセンバツ出場を決めています。

センバツで決勝進出に貢献!

春の選抜ではリリーフとしてフル回転します。

準決勝では最速を更新する147km/hをマークする等、チームの決勝進出に貢献。

決勝の東邦戦でもリリーフとして自己最速の148km/hを記録しますが、チームは敗戦となり準優勝となります。

二期連続の甲子園出場!

春季大会では千葉大会を優勝するも、関東大会では二回戦敗退となります。

夏の予選では最速150km/hを記録。

接戦も多く苦しい試合もありましたが、順当に勝ち上がり優勝し、二期連続の甲子園出場を果たしています。

甲子園では初戦の沖縄尚学戦で6連続奪三振の圧巻の投球を披露。

続く鶴岡東戦では5点ビハインドから登板するも、追加点を奪われ敗戦となっています。

U18では安定感抜群の投球!

続くU18ワールドカップでは安定感抜群の投球を披露します。

自己最速を更新する151km/hの速球を武器に、4試合6イニングを無失点。

抑えとしてフル回転の大活躍でした。

これまでの投球の中で、一番いい投球という印象でした。

こういう緊迫した試合で力を発揮してくれる選手ということがわかります。

進路は大学進学を希望しているようです。

飯塚脩人(習志野高校)の成績は?

続いて飯塚脩人の成績を見ていきましょう。

  • 甲子園通算:7試合、36 1/3投球回、防御率1.73、奪三振率11.28、四死球率1.71
  • 2018秋:7試合、36投球回、防御率0.50、奪三振率10.50、四死球率1.50
  • 2019夏予選:4試合、23投球回、防御率3.13、奪三振率7.83、四死球率1.96
  • U-18日本代表:4試合、6投球回、防御率0.00、奪三振率12.00、四死球率1.50

甲子園では防御率1点台と素晴らしい安定感でした。

ただ、2019夏の予選では打ち込まれる場面もあり、成績を落としています。

それでも投球回数に近い三振数を記録しており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

また、四死球率が1台となっており、制球面でも安定していることがわかります。

三振が多く四球が少ないので、大崩れしにくいタイプと言えるでしょうね。

飯塚脩人(習志野高校)の特徴は?

続いて飯塚脩人の特徴です。

最初に、動画を見てみましょう。

いったん後ろに引いて反動をつけて投げるフォームが特徴ですね。

投球後のフィニッシュが安定しており、バランスの良さを感じます。

飯塚脩人は勢いのあるストレート!

武器は最速150km/h、常時140km/h超えの勢いのあるストレートです。

相手打者が振り遅れるシーンが多く、勢いがありますね。

ランナーがいる場面でも148km/hを計測する等、セットポジションでも力は衰えません。

全体的にシュート回転気味で抜け気味なのが気になりますが、指にしっかり掛かった時は素晴らしいボールを投げていますね。

こういった質のバラツキを抑えていくことが今後の課題でしょうね。

飯塚脩人はスライダーが持ちあじの本格派投手!

動画内で変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップを投げています。

135km/h前後のフォークは変化量が非常の大きく、空振りが奪えていますね。

回転数が少ないので、球速が速くてもしっかり落ちています。

このフォークはなかなか打てないでしょう!

125km/h前後のスライダーは鋭く横に変化しています。

しっかり空振りが取れていますね。

120km/h前後のチェンジアップはしっかり腕が振れており落差も大きいです。

こちらも空振りが奪えています。

その他にはカーブを投げるようです。

以上のように複数の変化球を高レベルで操れることから、器用な投手であることがわかりますね。

飯塚脩人の制球力はまずまず

動画を見た限り、ある程度捕手の構えたコースに投げられており、まずまずの制球力がありそうです。

特に変化球全般は低めに集まっており、精度は良さそうです。

ただ、ストレートが高めにシュート回転で抜けるケースや逆球となるケースが目立ちます。

ストレートのバラツキが抑えられると、ワンランク上の投球が出来るようになるでしょうね。

飯塚脩人の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴
  • 全身を使って反動をつけて投げる最速151km/hストレート
  • 勢いのある速球
  • スライダー、フォーク、チェンジアップは高レベル
  • まずまずの制球力

です。

中学校時代は控えでフォームを見直してから2年も経っていないですし、球速がどんどん増しています。

変化球をしっかり投げられるタイプなので、器用さも持ち合わせています。

投手としてのポテンシャルを非常に感じる選手です!

飯塚脩人(習志野高校)のスカウト評価は?

スカウト評価は下記となっています。

スカウトコメント
  • 中日・米村明チーフスカウト「プロでも先発、リリーフ両方できるタイプ。ボールの質がいい。ベース板の上が速く、バッターは差し込まれてしまいます」
  • 在阪球団スカウト「力強い速球が武器。2年時は立ち上がりが不安定だったが、安定感が出てきた。体はもともと181センチと大きい。フォームがスリークオーター気味で好みが分かれるところだが、今後の伸びしろを感じさせる。サイン盗み疑惑でチームが揺れ、準々決勝では打球が左ヒザを直撃するアクシデントがあったが、タフな精神力も魅力。夏の成長次第では上位指名もある」

現時点でコメントは少ないですが、ストレートを評価しているコメントとなっています。

成長次第では上位指名もあるというコメントも出ており、評価は高いですね。

球速がどんどん伸びており、伸びしろもまだまだありそうなので、プロ志望届を出せばドラフト指名は確実でしょうね。

実力的にもドラフト上位は確実でしょう。

*追記:進路は大学進学を希望しているようです。

合せて読みたい!

【2019】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

飯塚脩人(習志野高校)のまとめ

以上が、習志野高校・飯塚脩人経歴、成績特徴でした。

最速151kmhのストレートと、多彩な変化球が持ちあじの期待の投手です。

高校から急成長しており、伸びしろもあるため、プロ志望届を提出すれば2019年ドラフトでの指名は確実でしょう。

これからの飯塚脩人の活躍や動向に注目したいですね。

合せて読みたい!

【2019】高校生ドラフト候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です