ドラフト2019候補 飯塚脩人(習志野)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 飯塚脩人(習志野)の成績・経歴・特徴は?

2019年の高校生のドラフト注目選手を見ていきましょう。

その中の一人が習志野高校の飯塚脩人投手です。

最速147km/hの速球が武器で、今後の成長も楽しみなピッチャーです。

今回はそんな2019年ドラフト候補習志野高校・飯塚脩人経歴、成績特徴をご紹介します。

2019ドラフト 飯塚脩人(習志野高校)の経歴は?

まずは飯塚脩人の経歴です。

経歴
  • 名前:飯塚脩人(いいづか しゅうと)
  • 出身地:千葉県習志野市出身
  • 生年月日:2001年度
  • 身長:181cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:大久保フロッグス(小学校2年生~)→習志野市立第二中学校(軟式野球部)→習志野市立習志野高校

詳しく見ていきましょう。

飯塚脩人の小学校、中学校時代は?

飯塚脩人は、小学校2年の時に、軟式野球チームの大久保フロッグスで野球を初めました。

習志野市立第二中学校に進み、軟式野球部に入りますが、シニアなどの硬式野球チームには入らなかったようです。

中学時代は、控え投手ないし外野手でした。

飯塚脩人は、高校入学後にフォームを見直す

高校は、地元の強豪高校・習志野市立習志野高校に進学します。

甲子園にも出場した事もありますし、出身のプロ野球選手もいますね。

1学年上には、千葉ロッテマリーンズの2019年ルーキー・古谷拓郎投手がいます。

高校入学時は、最速が120km/h台で上半身を中心に使って投げていましたが、飯塚投手は古谷投手にフォームを教わり見直したそうです。

その成果もあり、球速が伸びコントロールも良くなりました。

そして、1年生の秋からベンチ入りを果たします。

2年生の春は、県予選決勝では木更津総合戦、関東大会では日大三(東京)戦に先発し負けてしまいますが、その経験を基に強い相手を想定した練習もするようになりました。

その頃から、140km/h以上のストレートを投げるようになります。

2年夏の県予選(西千葉大会)では3試合に先発し、16回を投げ4失点で16奪三振(奪三振率9.00)と活躍します。

特に、4回戦の船橋戦では8回1安打0失点に抑えました。

飯塚脩人は145km/hをマーク、センバツもほぼ確定

2年秋からエースとなります。

2年秋の大会では、7試合に登板し防御率0.50の活躍もあり準優勝、関東大会に出場します。

関東大会1回戦の桐生第一高(群馬)戦では自己最速の145km/hをマークしました。

しかし、準決勝の桐蔭学園高(神奈川)戦では、リリーフ登板しタイムリーで追加点を許し、チームも負けてしまいます。

ただ、関東大会ベスト4となり、2019年春のセンバツ出場を決めています。

センバツで決勝進出に貢献!

春の選抜ではリリーフとしてフル回転します。

準決勝では最速を更新する147km/hをマークする等、チームの決勝進出に貢献。

2019年ドラフト 飯塚脩人(習志野高校)の成績は?

続いて飯塚脩人の成績を見ていきましょう。

  • 2018秋季大会:7試合、36投球回、防御率0.50、42奪三振、6四死球

成績は2018年秋季大会のものです。

7試合で防御率0.50という素晴らしい安定感を誇っていますね。

イニング数を超える三振数で三振の取れるピッチャーだと言えます。

四死球率は1.5とフォアボールなどでの自滅が少ないピッチャーであることが分かります。

三振が奪え、四球を出さないことが、安定感に繋がっているのでしょう。

2019年は、春のセンバツ甲子園の出場がほぼ確定なので、甲子園でどのようなピッチングをするか注目です。

また、夏の県予選ないし甲子園は高校生活最後の大会であり、こちらは内容も求められそうです。

2019年ドラフト 飯塚脩人(習志野高校)の特徴は?

続いて飯塚脩人の特徴です。

最初に、動画を見てみましょう。

上の動画は、2018年秋季関東大会(恐らく桐蔭学園戦)のものです。

いったん後ろに引いて反動をつけて投げるフォームが特徴ですね。

投球後のフィニッシュが安定しており、バランスの良さを感じます。

飯塚脩人はノビのあるストレート!

一番の武器は、打者の手元で伸びるストレートです。

動画を見る限り、シュート回転は少なく、糸を引くようにキャッチャーミットに吸い込まれています。

特に外角ギリギリに決まるストレートは見ていて気持ちが良いほどです。

最速は147㎞/h、常時140km/h前後ですが、ファールや空振りが多いですね。

ストレートの質が良いのでしょう。

球速よりも体感速度が速く感じる、勢いがある速球であることがわかります。

動画内ではドラフト注目の森敬斗(桐蔭学院)もストレートで三振に打ち取っていますね。

また、常にセットポジションで投げているということもあり、ランナーを置いた場面でも球速は落ちないでしょう。

飯塚脩人はスライダーが持ちあじの本格派投手!

動画内で変化球はスライダー、カーブを投げているようです。

投球の多くがストレートなので、変化球には自身が無いのかもしれません。

しかし、スライダーの変化量はそこそこ大きく、空振りが取れそうなボールです。

時折、緩急をつけるカーブも有効なボールとなるでしょう。

動画内で確認出来なかった落ちる球系のボールを習得できれば、さらに投球の幅が広がるでしょうね。

飯塚脩人の制球力は?

では、制球力はどうでしょうか。

動画を見た限り、ほぼ捕手の構えたコースに投げられており、やや高い制球力がありそうです。

特にストレートは打者の外角の良いコースへ投げられています。

あの球速・球質でギリギリに決まられたら、高校生では太刀打ちできないでしょう。

しかし、内角に狙ったボールが甘く入るケースや変化球が高めに浮くケースがあります。

こういった制球力が安定すれば、もっと打者を抑えられるでしょう。

飯塚脩人の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴
  • 全身を使って反動をつけて投げる最速147km/hストレート
  • ファールや空振りが取れる質の良い速球
  • 変化球はスライダー、カーブ
  • スライダーは、変化量が大きい
  • やや高い制球力

です。

中学校時代は控えでフォームを見直してから2年も経っていないですし、球速がどんどん増しています。

なので、今後の伸びしろも非常にありそうですよね。

2019年ドラフト 飯塚脩人(習志野高校)のスカウト評価は?

2018年.10月21日(日).第71回秋季関東地区高等学校野球大会 山日YBS球場、第1試合.習志野高校 VS桐生第一、習志野が3対1で、延長14回のタイブレークでの熱戦を勝利しました。習志野は9安打、桐一は8安打。習志野の先発は背番号9の左腕の山内投手からエースの飯塚投手の継投、桐一は背番号8の本木投手からエースの杉山投手の継投でした。2回裏に桐一の5番キャッチャー久保田選手がソロ本塁打。両校の素晴らしい守備が印象に残る試合でした。習志野高校は次戦の東海大甲府に勝利しベスト4進出、来年のセンバツ出場を当確にしました。 #高校野球#第71回秋季関東地区高校野球大会 #山日ybs球場 #習志野高校野球部 #桐生第一野球部 #タイブレーク#山内翔太 #飯塚脩人 #本木康介 #杉山直杜#久保田駿斗

t a d aさん(@tada5589)がシェアした投稿 –


残念ながら、現時点でスカウトの寄せたコメントはないようですが、視察に訪れたスカウトはいると思います。

センバツ甲子園に出場すると思われるので、甲子園での投球に注目しているスカウトもいることでしょう。

伸びしろのある投手なので、プロ志望届を出せば将来性を考えてドラフトで指名するチームはあるでしょう。

さらには、今後の成長次第では、上位指名の可能性もありそうですね。

まずは選抜での活躍を楽しみにしましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019年ドラフト 飯塚脩人(習志野高校)のまとめ

以上が、習志野高校・飯塚脩人経歴、成績特徴でした。

全身を使って反動をつけて投げる最速147kmhの質の良いストレートが魅力の投手です。

高校から急成長しており、伸びしろもあるため、2019年ドラフトでの指名は確実でしょう。

センバツ甲子園、夏の選手権での投球内容が良ければ、ドラフト上位の可能性も考えられます。

これからの飯塚脩人の活躍や動向に注目したいですね。

合せて読みたい!

ドラフト2019 高校生候補まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です