【ドラフト】森翔平(三菱重工West)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、三菱重工Westの森翔平です。

最速150km/hのストレートなど全体的に高レベルでまとまった左腕投手。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 三菱重工West・森翔平

記事の内容

をご紹介しています。

森翔平の経歴やプロフィール

森翔平

まずは、森翔平の経歴です。

プロフィール
  • 名前:森翔平(もり しょうへい)
  • 出身地:鳥取県鳥取市
  • 生年月日:1998年1月1日
  • 身長:177cm
  • 体重:80kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:鳥取市立青谷小学校 → 鳥取クラウンボーイズ(青谷中学校)→ 鳥取商業高校 → 関西大学 → 三菱重工West
  • 関連ページ:三菱重工WestHP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は硬式野球

鳥取市立青谷小学校一年生時に野球を開始。

青谷中学校では鳥取クラウンボーイズに所属していました。

高校時代は甲子園未出場

鳥取商業高校では一年生夏からファーストのレギュラーとして出場。

秋からは投手兼外野手としてチームをけん引します。

三年生春季大会では、全4試合に登板し、33回自責点1の活躍で、チームの優勝に貢献しています。

続く中国大会では、初戦の創志学園戦で現楽天・高田萌生と投げ合い、5回2失点(自責1)ながら敗戦となっています。

夏の選手権予選では、センター兼投手として、準々決勝の鳥取西戦で敗戦となり、ベスト8で終わっています。

大学では全国準優勝に大きく貢献

関西大学では投手に専念し、三年生春からリリーフとしてリーグ戦に出場。

四年生秋からは先発に転向し、チーム4年ぶりの優勝に貢献します。

続く明治神宮大会では準々決勝の金沢学院大戦では最速149km/hを記録し、8 0/3回を13奪三振無失点の好投を披露。

決勝戦の慶應大学戦では、初回に現中日の郡司裕也からホームランを打たれるなど、8回途中4失点で敗戦となっています。

社会人では一年目から公式戦に出場

三菱重工神戸高砂では一年目から公式戦に出場。

都市対抗予選のパナソニック戦では、7球団のスカウトが視察する中、8回1失点8奪三振の好投を見せます。

都市対抗本戦では、NTT西日本の補強選手に選出。

Honda鈴鹿戦で149km/hを記録するも1 2/3回2失点と打ち込まれています。

二年目には日本選手権で好投

二年目には、3月に行われた阪神との二軍戦で5回0失点、オリックスとの練習試合では3回0失点の好投を見せています。

4月に行われたJABA京都大会では、東芝戦で先発し、149km/hを計測するなど7回0失点7奪三振の好投を披露。

日本選手権では、初戦のJR四国戦に先発し、7 2/3回2失点5奪三振の好投も、チームは敗戦となっています。

続く都市対抗予選では、日本製薬戦で八回からリリーフ登板し、自己最速を更新する150km/hを記録しています。

森翔平の特徴や動画

次に、森翔平の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】森翔平の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

常時セットポジションから、オーソドックスな投球フォームで投げ込みます。

最速150km/hのストレート

ストレートは最速150km/hで、常時140km/h超えを投げ込みます。

ストレートで空振りやファールを奪えており、まずまずの力強さを感じます。

回転数はMLB平均よりも少ないですが、回転の質がまずまずの為、ホップ量はプロの平均的なレベルです。

プロレベルということで、アマチュア相手には有効です。

しかし、レベルが上がって来ると標準的なボールということなので、もっと特徴を出したいところです。

抜群のカーブ

変化球はカットボール、カーブ、チェンジアップを投げています。

中でもカーブが変化球の中心となっています。

球速はストレートとの球速比が標準的で、縦に割れる大きな変化を見せています。

上のレベルでも十分使えるボールでしょう。

その他には、カットボールや、チェンジアップも投げています。

制球面はまずまず

動画を見る限りは制球面はまずまずです。

コースに投げ分けることも出来ており、変化球も精度が高いです。

その為、四死球で崩れるタイプでは無そうです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速150km/hのストレート
  • プロの平均的な球種でアマチュアレベルでは十分通用
  • 変化球はカットボール、カーブ、チェンジアップ
  • 制球面はまずまず

です。

最速150km/hのストレートはプロレベルです。

変化球もカーブを中心に精度よく投げられる総合力の高い選手です。

全体的に高レベルですが、これといって突出するものが無いので、即プロで通用するというわけにはいかないでしょう。

今後の伸びしろをどこまで見るかで、評価は大きく変わる選手と言えるでしょう。

森翔平の成績

続いて、森翔平の成績を見ていきましょう。

成績
  • 2021年公式戦:4試合、24 1/3投球回、防御率4.07、奪三振率7.03、与四死球率2.59、被安打率10.73

成績は7月時点です。

公式戦では4試合に登板し、防御率4点台とよくありません。

試合により好不調の波が激しくなっています。

その中でも比較的三振は奪え、四死球数は少ないですが、安打を打たれる割合が非常に多くなっています。

突出したボールがない為、好不調の波により結果が左右してしまうのでしょうね。

森翔平のスカウト評価や指名の可能性

続いて、森翔平のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・榑松アマスカウト統括「長いイニングを投げられる。総合的にレベルが高い」
  • 巨人・岸スカウト「力の伝え方が上手。変化球も精度が高く、即戦力になる」
  • 阪神・畑山統括スカウト「今年の上位候補左腕に比べても)直球の力は負けていない。上位候補の力はあると思う」
  • 阪神・田中秀太スカウト「スピードも十分。間違いなく来年の上位候補」
  • 中日・米村チーフスカウト「左投手が成功する第一条件は制球力と思っている。森はまずコントロールが良い。変化球も豊富。カットボールに落ちる球(チェンジアップ)も持っている。阪神の能見をほうふつとさせる」
  • 中日・中田宗男アマスカウト・アドバイザー「力は文句なしにある。微妙な制球が課題。立ち上がりは特に、球威があってもちょっとズレて、ボールになる。実戦が足りてないからかもしれないが、そこを修正できるようになればもっと良くなる」
  • 横浜・安部スカウト「左で150キロを超える投手はなかなかいない。変化球も多彩。大学でも成長して社会人でもさらに成長した。変化球もスピードボールもあるので、先発でもリリーフでもどちらでも対応してくれる投手」
  • 広島・鞘師スカウト「今日は今年の中でも1、2を争う良いピッチングをしている。左の先発としてローテーションを争う可能性がある」
  • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「上位は揺るがない。再確認しました」
  • ロッテ・三家スカウト「真っすぐのキレと質が良い。三振を取ることも打たせて取ることもできる」
  • オリックス・谷口悦司スカウト「春より断然良くなっている。落ちる球もあり、変化球の精度も上がった。走者を出してもギアチェンジできる。ストレートに強さがあり、本当に春とはイメージが変わった」
  • 在阪球団スカウト「昨年までのパフォーマンスを継続できれば、間違いなく上位候補」

複数球団からコメントが出ています。

どの球団も高い評価をしており、「即戦力」「上位候補」というコメントが出ています。

スカウトコメントを見る限りは、貴重な左腕投手ということもあり、ドラフト2021では上位指名の可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に注目です。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

森翔平の関連ニュース

続いて、森翔平の関連ニュースです。

>>三菱重工Westが三度目の正直で本戦へ、プロ注目左腕の森翔平が完封

>>統合した三菱重工West、都市対抗出場決定!2年ぶり…ドラフト候補・森翔平が完封勝利「これまでの投球で一番良かった」

>>三菱重工West・森 7回3安打0封7K 11球団21人スカウトに猛アピール

>>今秋ドラフト候補左腕の三菱重工West・森翔平に11球団スカウト21人集結

>>今秋ドラフト候補の三菱重工West・森翔平が7回7奪三振零封 11球団スカウトが注目【都市対抗野球予選】

>>三菱重工Westのドラフト候補・森&八木 7球団視察の中、完封リレー

>>来秋のドラフト候補、三菱重工神戸・高砂の森翔平が一発に泣く

>>【スポニチ潜入 大阪発(4)】三菱重工West・森 今永のスタイル技追求する最速149キロ左腕

森翔平のまとめ

以上が、三菱重工West 森翔平経歴、成績や特徴でした。

最速150km/hのストレートやカーブなどの変化球を精度よくまとめる左腕投手。

2021ドラフトで上位指名される可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です