【ドラフト】玉村昇悟(丹生)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 玉村昇悟(丹生)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、丹生高校の玉村昇悟投手です。

現状での最高成績は県大会ベスト8で甲子園出場もありませんが、2019春の県大会では9球団が視察に訪れています

今回はそんな丹生高校 玉村昇悟経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

玉村昇悟(丹生高校)の経歴は?

玉村昇悟の経歴です。

経歴
  • 名前 : 玉村昇悟(たまむら しょうご)
  • 出身地 : 福井県越前町
  • 生年月日 : 2001年4月16日
  • 身長 : 177cm
  • 体重 : 75kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:宮崎ファイヤーズ(越前町立宮崎小学校)→越前町立宮崎中学校→福井県立丹生高校

詳しく見ていきましょう。

玉村昇悟は高校2年生春に球速140km/hをマーク!

小学校4年生から軟式野球を始め、少年野球チームの宮崎ファイヤーズに入ります。

越前町立宮崎中学校では軟式野球部に所属。

強豪校からの誘いもあったそうですが、「地元の友達がみんな行く」という理由で、地元の福井県立丹生(にゅう)高校に進みます。

高校1年生春からベンチ入りし、高校1年生夏の県大会1回戦では、5番ファーストで先発出場し4打数3安打2打点。

途中からピッチャーに回り、1 2/3回を無失点に抑えました。

しかし、リリーフ登板した2回戦で5失点し、試合も敗れます。

1年生秋と2年生春の県大会ではベスト8。

2年生の春には球速140km/hをマークします。

玉村昇悟は、高校2年生秋の県大会で、2試合連続で完封勝利と二桁奪三振を挙げる!

2年生夏の県大会1回戦・藤島高校戦ではリリーフで9 2/3回を投げ15奪三振を挙げますが、5失点で試合も15回タイブレークで敗れました。

新チームとなった2年生秋からエースとなります。

2年生秋の県大会では、初戦の高志高校戦で13三振を奪い完封勝利。

次の北陸高校戦では10奪三振で1安打完封、2試合連続で完封勝利と二桁奪三振を挙げました。

準々決勝の福井工大福井高校戦では144キロをマークしますが、9回を投げて8失点と打たれ、ベスト8で敗退。

玉村昇悟は、高校3年生春に球速を147km/hに伸ばす!

2018年冬に石川・星稜高校と練習試合をする機会があり、2019ドラフト候補の奥川恭伸と投げ合いました。

試合後は奥川投手と話す機会があり、変化球の握り方を教えてもらったそうです。

3年生春の県大会では1回戦の三国高校戦で1安打完封勝利

2回戦の敦賀気比高校戦では、9回を投げて三振を9個奪いますが、12安打され4失点、試合にも敗れます。

因みに、この試合で、球速を147km/hに伸ばしました

今のところ、県大会ベスト8が最高成績で、甲子園出場はありません。

3年生夏は、丹生高校初となる甲子園出場を目指しているそうです。

玉村昇悟(丹生高校)の成績は?

玉村昇悟の成績です。

成績
  • 県大会通算(17年春~19年春):14試合(8先発)、96 1/3投球回、防御率4.02、被安打率8.50

2019年春までの県大会通算成績です。

調子が悪い時や対戦相手によっては打ち込まれるケースがあり、防御率や被安打率が高くなっています。

2019年春の奪三振率、四死球率は分かっていますが、奪三振率12.50、四死球率3.50でした。

四死球がやや多めなので、今後は四死球を減らし安定した投球をしていきたい所です。

一方で、奪三振率を見ると、三振を奪うタイプのピッチャーといっていいでしょう。

玉村昇悟(丹生高校)の特徴は?

玉村昇悟の特徴です。

まずはこちらの動画(2019年春の県大会、敦賀気比高校戦)を見ていきましょう。

スリークォーターに近い投げ方で、力を抜いて投げているように見えます。

右足を一塁方向に上げてタメを作っていますが、左足はブレることなく伸びたまま静止してています。

本人は、「体幹をかなり鍛えたので、軽く投げても球に力がある」と話していて、体幹トレーニングを重視したことによりブレることなく投げられるのでしょう。

常にセットポジションから投げていて、ランナーの有無によらず、同じような球威で投げることが出来そうです。

玉村昇悟は投球術!

動画を見ると、左バッターにはアウトコース中心、右バッターはインコース中心に投げています。

打者に応じて投球内容を変える投球術があり、イニングによっても力配分を変えるそうです。

また、大体はキャッチャーの構えた所に投げられ、ストライクゾーンいっぱいの所を中心に投げているので、制球力も高めといっていいでしょう。

ただ、大きく外れている球があり、四球も多めなので、今後はもう少し安定したピッチングが求められそうです。

相手から研究される事もあると思うので、投球内容を常に変化させていった方が良さそうです

玉村昇悟のストレートや変化球は?

ストレートはノビがあるように見えバッターが振り遅れている場面も見られます。

平均球速130km/h台、最速147km/hですが、球速よりも速く感じるかもしれません。

球の質もよさそうです。

動画を見ると、変化球はスライダーとカーブを投げています。

スライダーは、途中まではストレートと同じ軌道ですが、打者の手元で曲がります

コースが決まれば、カウントを取ったり空振りを取るのに使えそうです。

カーブは、動画の4分10秒過ぎに投げています。

スピードが非常に遅く緩急が付いて良いのですが、腕の振りが緩くなっているのが気になります。

また、他にはチェンジアップを投げるそうです。

玉村昇悟の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 状況に応じて変える投球術
  • 制球力はやや高め
  • 最速147km/hのノビのあるストレート
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
です。

最速147km/hのノビのあるストレートと変化球とのコンビネーションと投球術でアウトを取るのが特徴です。

高校に入ってからも球速を伸ばしているので、球速など色々な面で伸びしろがあるでしょう。

玉村昇悟(丹生高校)のスカウト評価は?

玉村昇悟のスカウト評価です。

現時点でコメントを寄せたスカウトはいません。

ただ、2019年春の県大会に9球団のスカウトが視察するなど、すでに10球団が視察ないし問い合わせを済ませています

左投手で将来性もあるので獲得を考えている球団が多いのかもしれません。

高校の春木竜一監督は、

「左投手では、全国でもトップクラスではないか。もっと注目されていい」

とコメントを残しています。

2019年のドラフトで指名される可能性は高く、活躍次第では上位指名もあるかも知れません。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

玉村昇悟(丹生高校)のまとめ!

以上が、丹生高校 玉村昇悟経歴、成績や特徴でした。

147km/hのストレートと変化球の投げ分けや投球術で抑えるタイプの投手ですが、まだ高校生で伸びしろもありそうです。

このまま活躍を続けていけば、2019年のドラフトで指名されそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【高校生】ドラフト2019候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です