【ドラフト】稲川竜汰(折尾愛真)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、折尾愛真の稲川竜汰です。

高校二年生6月に145km/hを計測した逸材。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 折尾愛真・稲川竜汰

記事の内容

をご紹介しています。

稲川竜汰の経歴やプロフィール

まずは、稲川竜汰の経歴です。

プロフィール
  • 名前:稲川竜汰(いながわ りゅうた)
  • 出身地:山口県周南市
  • 生年月日:2004年2月25日
  • 身長:183cm
  • 体重:88kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:灘はやぶさスポーツ少年団(岩国市立灘小学校) → 岩国ヤングホープス(灘中学校)→ 折尾愛真
  • 関連ページ:

詳しく見ていきましょう。

中学校時に捕手から投手に転向

岩国市立灘小学校五年生時に灘はやぶさスポーツ少年団で野球を開始。

灘中学校では岩国ヤングホープスに所属し、二年生時に捕手から投手に転向しています。

折尾愛真では一年生時から公式戦出場

折尾愛真では一年生夏の選手権予選の、若松戦で先発。

4安打完封勝利を挙げ、チームの勝利に貢献しています。

二年生六月に145km/hを計測するも骨折で離脱

二年生六月には自己最速を更新する145km/hを記録。

その後、練習試合で左足首を骨折し離脱しています。

三年生夏に15奪三振の力投

手術を経て、三年生春の公式戦から復帰します。

夏の選手権予選では、二回戦の東築紫学園戦で15奪三振の投球を披露。

続く香椎工戦では11奪三振2失点完投勝利を挙げるも、五回戦の西日本短付戦で4回5失点で敗戦となっています。

稲川竜汰の特徴や動画

次に、稲川竜汰の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

常時セットポジションで、ゆったりと足を上げて投げ込みます。

ランナーがいる場面では、躍動感がある投球です。

勢いあるストレート

ストレートの最速は145km/hです。

この日は常時140km/h前後で、平均球速はまずまずとなっています。

ストレートで押し込む場面もあり、力強さを感じます。

空振りが奪えていないので、質の良さはまずまずといったところでしょうか。

縦割れの大きなカーブ

動画で投げている変化球はスライダー、カーブとなっています。

スライダーはやや球速が遅く、変化量は小さくなっています。

カーブはやや緩めですが、非常に変化量が大きい縦割れのカーブです。

こういったカーブを投げられるという事は、指先の感覚に優れている証拠です。

その為、今後はもっと多くの変化球を操れるようになるでしょう。

制球面はやや課題がある

制球面はやや課題があります。

抜けるボールや逆球がみられ、バラツキが大きい印象です。

ただ、全体的にはストライク近辺に投げられているので、四死球で崩れるタイプというわけではないでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速145km/hのストレート
  • 変化球はスライダー、カーブ
  • 縦割れの大きなカーブがセンスを感じる
  • 制球面はやや課題上がる

です。

最速は145km/hです。

しかし、故障明けということや、動きの良さを考えれば、近いうちに150km/hに届くでしょう。

また、縦割れのカーブを投げており、感覚の良さもありそうです。

現時点では実力不足ですが、将来性を非常に感じる投手と言えるでしょう。

稲川竜汰の成績

続いて、稲川竜汰の成績を見ていきましょう。

成績
  • 2021年夏選手権予選:3試合、21 1/3投球回、防御率4.64、奪三振率11.81、被安打率8.02

成績は2021年夏の選手権予選です。

3試合で防御率4.64という成績は物足りなさを感じます。

奪三振率が12に迫る数値となっており、三振を奪う能力があるようです。

ただし、四回戦までのチーム相手に多くの三振を奪っていたこともあり、参考程度に見ておいた方が良いでしょう。

稲川竜汰のスカウト評価や指名の可能性

続いて、稲川竜汰のスカウト評価です。

現時点でスカウトのコメントは出ていません。

しかし、10球団が視察に訪れているという報道もあり、注目度は高いようです。

現時点での実力はまだまだですが、可能性を感じる選手です。

その為、長い目で育成を計画できる球団からの、育成指名の可能性がありそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

稲川竜汰の関連ニュース

続いて、稲川竜汰の関連ニュースです。

>>折尾愛真・稲川 圧巻の15奪三振!東筑紫学園相手に8回1/3を4失点の力投 昨夏のケガから復活

>>福岡・折尾愛真のエース稲川、シード校から15奪三振 プロ10球団が熱視線

稲川竜汰のまとめ

以上が、折尾愛真 稲川竜汰経歴、成績や特徴でした。

二年生六月に145km/hを記録した逸材投手。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です