【ドラフト】大畑蓮(明豊)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 大畑蓮(明豊)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手をご紹介いたします。

今回紹介するのは、明豊高校の大畑蓮投手です。

2019年センバツ甲子園にも出場し、初戦の横浜高校戦ではロングリリーフ、球速は144km/hをマークし、勝利に貢献しました。

今回はそんな明豊高校 大畑蓮経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

大畑蓮(明豊)の経歴は?

大畑蓮の経歴です。

経歴
  • 名前:大畑蓮(おおはた れん)
  • 出身地:大分県別府市
  • 生年月日:2001年5月30日
  • 身長:184cm
  • 体重:73kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:別府市立朝日小学校→ 明豊中学校→ 明豊高校

詳しく見ていきましょう。

大畑蓮の小学校、中学校時代は?

別府市立朝日小学校の時に軟式野球を始めます

地元の中高一貫校である明豊中学校(大分県別府市)に進み、軟式野球部に所属。

高校は、そのまま明豊高校に進学します。

大畑蓮は、高校2年生夏に右肩痛を発症!

1年生の夏に、明豊高校は甲子園に出場しますが、その時はベンチ外でした。

2年生になるとベンチ入りし、春の九州大会にも出場。

初戦の聖心ウルスラ高校(宮崎)戦でリリーフ登板し、3回を1失点に抑えます。

決勝の九州国際大学附属高校(福岡)戦で先発しますが、4回途中で降板し、試合も敗れます。

2年生夏の県大会では、先発ないしロングリリーフで登板します。

先発した準決勝の柳ヶ浦高校戦では6回までは2失点に抑えていましたが、7回途中に打ち込まれ降板、試合も負けてしまいました。

夏の県大会で右肩を痛めたため、大会後は1ヶ月間投球できませんでした

その間は、インナーマッスルを鍛えるなどのトレーニングを行っていたそうです。

大畑蓮は高校3年生春にセンバツ甲子園出場

右肩痛でしたが、2年生秋の県大会には間に合い、リリーフとして県大会優勝に貢献。

九州大会1回戦の鹿屋(かのや)中央高校(鹿児島)戦では141km/hをマーク、リリーフとして4 1/3回を無失点に抑え逆転勝ち。

九州大会は決勝で敗れるものの、センバツ甲子園に出場します。

センバツ甲子園の初戦では144km/hをマーク、4回からロングリリーフで1失点と活躍し、横浜高校に勝ちます。

準決勝では146km/hを記録。

大畑蓮(明豊)の成績は? 

大畑蓮の成績です。

成績
  • 2018春季九州大会:2試合、6 1/3投球回、防御率8.53、被安打率14.2、奪三振率4.26、四死球率4.26
  • 2018夏の大分県大会:3試合、19投球回、防御率6.16、被安打率9.47
  • 2018秋季大会通算(大分県大会、九州大会):6試合、13 2/3投球回、防御率2.63、被安打率7.90、奪三振率5.27、四死球率3.29
  • 2019年センバツ甲子園成績:4試合、11 2/3投球回、防御率3.18、奪三振率8.74、四死球率5.56
  • 2019年夏予選:3試合、8 2/3投球回、防御率1.04

成績は、2019年夏予選までのものです。

防御率が大会を重ねる毎に良くなっていますね

2018年までの大会の奪三振率を見ると、そこまで三振をとるタイプのピッチャーではありませんでした。

しかし、春のセンバツでの奪三振率が去年の各大会の倍近くになっています。

成長とともに三振が取れるようになり、安定した投球が出来るようになっている印象ですね。

今後の成長に期待しましょう。

大畑蓮(明豊)の特徴は?

大畑蓮の特徴です。

センバツ甲子園の動画(横浜高校戦)を見ていきましょう。

細身で長身ですね。

左足を上げてタメを作ってから、体重移動して投げています。

ゆったりとしたフォームから、鋭くムチのように腕が出てくるので、打者はタイミングが取りにくいかもしれません。

大畑蓮は角度のあるストレート!

しなやかな腕の振りで、長身から投げ下ろすので、球に角度が付いています。

バッターが振り遅れていて、ストレートに力がありそうです。

ストレートの球速は最速146㎞/h、常時140km/前後ですが、打者が球速以上に速く感じていそうですね。

上から投げ下ろす投球フォームなので、シュート回転が少なく、ストレートの質が良さそうです。

動画は9回裏の投球ですが、8回までに90球近く投げていますが、そこまで球威は衰えていなそうですね。

大畑蓮は多彩な変化球!

動画では、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げています。

115km/h前後のスライダーを軸に投球しており、変化量も大きく、空振りを取れています。

決め球として十分使えそうです。

また、110km/h前後のチェンジアップもしっかり腕が振れており、空振りが取れています。

こちらも決め球として十分使えそうですね。

さらに緩急をつける球速100km/h台のカーブもあり、多彩な変化球を持ち球としています。

変化球の全体的なレベルは高いですね。

大畑蓮の制球力は?

制球力はまずまずといった所でしょうか。

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えたところに投げられています。

その一方で、ボールが浮いたところをヒットにされる場面が目立ち、大きく抜けてボール球になる場面も見られました。

こういったバラツキがあるので、被安打や与四死球が増えてしまうのかもしれません。

制球力を高めてもっと安定した投球ができるかが、今後の課題となるでしょう。

大畑蓮(明豊)の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • しなやかな腕の振りで長身から投げ下ろす投球フォーム
  • 最速144㎞/hの質の良いストレート
  • 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力はまずます

です。

長身から投げ下ろす最速144㎞/hのストレートが特徴ですね。

一方で、スライダーやチェンジアップは変化量が大きく、変化球でもアウトを取れる本格派投手です。

センバツ甲子園では、2018年の秋から3㎞/h球速を上げるなど、まだ伸びしろがありそうです。

まだ、線が細いので、体重をもう少し増やすと、球速や球威が伸びる気もします。

制球力に課題はあるので、ストレートや変化球を磨きつつ、制球力を高め安定した投球ができるといいでしょうね。

大畑蓮(明豊)のスカウト評価は?

残念ながらコメントを寄せたスカウトはいません。

全国大会に出場したのが今回のセンバツ甲子園が初めてで、まだ注目度は低いのかも知れません。

ですが、センバツ甲子園1回戦の投球を見る限りは、非常に良い投手であることがわかります。

まだ勝ち残っているので、センバツ甲子園の2回戦以降もアピールしていけば、スカウトのコメントも出てくるでしょう。

そして、夏までに、課題の制球を克服し、球速を伸ばしていってほしいですね。

実力的には十分ドラフト候補で、今後の成長次第では、ドラフト上位も見えてくるでしょうね。

 

合せて読みたい!

【2019】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

大畑蓮(明豊)のまとめ!

以上が、明豊高校 大畑蓮経歴、成績や特徴でした。

長身から投げ下ろす最速144㎞/hのストレートと変化量の大きい変化球が魅力の本格派右腕です。

制球力に課題はありますが、まだ伸びしろがあり、今後の成長が楽しみなピッチャーです。

大畑蓮の今後の活躍や動向に注目していきましょう。

合せて読みたい!

【2019】高校生ドラフト候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です