【ドラフト】小向直樹(共栄大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、共栄大学の小向直樹です。

最速151km/hのノビのあるストレートが魅力の本格派右腕。

三年生秋の横浜市長杯でプロスカウトから絶賛された期待の逸材です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 共栄大学・小向直樹

記事の内容

をご紹介しています。

小向直樹の経歴やプロフィール

まずは、小向直樹の経歴です。

プロフィール
  • 名前:小向直樹(こむかい なおき)
  • 出身地:埼玉県伊奈町
  • 生年月日:1999年7月5日
  • 身長:185cm
  • 体重:75kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:伊奈町立南中学校 → 桶川高校 → 共栄大学
  • 関連ページ:共栄大HPInstagram

詳しく見ていきましょう。

中学時代は軟式野球部

小学校四年生時から野球を開始、当時から投手を務めていました。

伊奈町立南中学校では軟式野球部に所属していました。

高校時代は甲子園未出場

桶川高校では一年生からベンチ入り。

二年生夏の選手予選では、二回戦の所沢西でリリーフ登板し2回1失点。

四回戦の滑川総合戦では先発登板するも、3回途中3失点で降板となり、チームは敗退となっています。

三年生夏の選手権予選では主にリリーフとして登板するも、二回戦の川越戦で敗戦となっています。

大学時代にフォーム改造

共栄大では入学後にフォーム改造に着手します。

スリークウォーターだったフォームを、新井監督の勧めにより現在の上から投げ下ろすフォームに変更しました。

二年生春からリリーフとしてリーグ戦に出場。

秋季リーグから先発を任されるようになり、杏林大戦で初勝利を挙げています。

三年生秋季リーグに最多勝を獲得

三年生春季リーグはコロナの影響で中止になるも、秋季リーグで躍動します。

エースとして4勝2敗、防御率2.69という成績を残し、最多勝のタイトルを獲得。

続く関東地区大学野球選手権大会では、初戦の白鷗大戦で8回無失点10奪三振の好投を披露。

続く日体大戦ではリリーフとして2 1/3を4連続含む5奪三振でチームの勝利に繋げています。

三連投で迎えた桐蔭横浜戦では先発として5回途中4失点で降板し敗戦となっています。

小向直樹の特徴や動画

次に、小向直樹の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

2021年ドラフト候補 小向直樹(共栄大学) 151km右腕

足を大きく上げ、上体を一塁側方向に傾けながら上から投げ下ろす投球フォームです。

最速151km/hのストレート

最大の魅力は最速151km/hのストレートです。

空振りやファールを奪えており、力強さを感じます。

上から投げ下ろす投球フォームで、腕を縦に振れています。

その為、回転の質が良く、ホップ量が多いストレートだと思われます。

キレの良い変化球

変化球はスライダー、スプリット、チェンジアップを持ち球としています。

中でもスプリットを軸に投球を組み立てており、自信があるボールのようです。

130km/h中盤と球速が速めで、変化量が小さくゴロで打ち取るタイプのボールです。

いわゆる来ない系のボールなので、質の良いストレートとの相性は良さそうです。

その他には、120km/h後半のスライダーは、110km/h台の緩めのチェンジアップを投げています。

制球面ではバラツキがみられる

制球面ではバラツキが見られている印象です。

ある程度ストライクに投げ込めていますが、抜け球や逆球もまだまだ多いです。

ただ、ボールの勢いで勝負するタイプなので、逆にバラツキがあるのも打者にとっては厄介です。

四死球で崩れるほどではないので、まずは強いボールをどんどんストライクに投げ込んでいく、という意識で良いでしょうね。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのストレート
  • 回転の質が良くホップ量が多そう
  • 変化球はスライダー、スプリット、チェンジアップ
  • 来ない系のスプリットは厄介
  • 制球面はバラツキがある

です。

魅力は最速151km/hのストレートです。

投球フォームから、回転の質の良さも推測でき、ホップ量が多いタイプだと思われます。

小向直樹の成績

続いて、小向直樹の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計:17試合、77投球回、防御率2.69、奪三振率7.60、四死球率3.39、被安打率6.43
  • 20秋季リーグ:9試合、52 2/3投球回、防御率2.91、奪三振率7.86、四死球率2.73、被安打率7.35
  • 20関東:3試合、15投球回、防御率1.80、奪三振率10.80、四死球率3.00、被安打率6.00

成績は2020年終了時です。

リーグ戦通算では防御率2.69とまずまずの成績です。

四死球率は3を超えており、若干高めとなっています。

ボールの質から言えば奪三振率が低い印象を受けますが、関東地区大学野球選手権大会ではイニング数を超える三振を奪えています。

その為、実力を発揮できれば、このくらいの奪三振率は安定して残せるでしょう。

2021年はさらに成績を上げてくると思いますので、期待したいですね。

小向直樹のスカウト評価や指名の可能性

続いて、小向直樹のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・野間口スカウト:「今大会を通じて成長している。投げっぷりも良いし、負けん気の強さも見える」
  • 阪神・吉野スカウト:「伸びしろを感じる」
  • 中日・八木智哉スカウト:「投球スタイルを確立できている。上から叩けていて、真っすぐはもちろんいいが、変化球も途中まで直球と同じ軌道で来て打者の手元で落ちている。日本人というより、海外の選手にタイプとしては近い。枠にはまらない、本当に面白い投手。1年あるので、まだまだ伸びると思います」
  • 中日・正津スカウト:「直球も変化球も同じように腕が振れる」

現時点で3球団からスカウトコメントが出ています。

真っすぐの良さや伸びしろを評価されているようです。

現時点での実力から言えばドラフト2021での指名は確実と言えるでしょう。

今後の活躍次第では上位指名の可能性も高いと思われます。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

小向直樹の関連ニュース

続いて、小向直樹の関連ニュースです。

>>2021ドラフト戦線は始まっている。敵も「えぐい」と脱帽する右腕に注目

>>共栄大・小向「人生一番の打者」西武1位渡部に完敗

>>中日ドラ2森との投げ合い「楽しかった」ピンチで好投 共栄大・小向直樹にスカウト高評価

>>共栄大の右腕・小向が150キロ連発 スカウト「本当に面白い投手」

小向直樹のまとめ

以上が、共栄大学 小向直樹経歴、成績や特徴でした。

最速151km/hのノビのあるストレートが魅力の本格派右腕です。

2021ドラフトでの指名は確実でしょう。

今後の動向や活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です