【ドラフト】秋山恭平(広島新庄)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は広島新庄高校の秋山恭平投手です。

中学校時代に15歳以下の日本代表に選ばれ、2020センバツ甲子園にも出場します。

最速140km/hのキレのあるストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球が持ち味で、制球力も高めです。

今回はそんな広島新庄高校 秋山恭平経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

秋山恭平(広島新庄)経歴やプロフィール

まず、秋山恭平の経歴です。

経歴
  • 名前:秋山恭平(あきやま きょうへい)
  • 出身地:福岡県久留米市
  • 生年月日:2003年度
  • 身長 :167cm
  • 体重: 61kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:筑後サザンホークス(久留米市立明星中学校)→ 広島新庄高校

詳しく見ていきましょう。

秋山恭平は中学3年生の時に15歳以下の日本代表に選ばれる!

友達に誘われ、9歳から野球をはじめました

中学校時代は、硬式野球チームの筑後サザンホークスでプレーします。

全国大会の出場はありませんでしたが、15歳以下の日本代表に選ばれました

ワールドカップでは、3試合に登板します。

キューバ戦に先発しますが、打ち込まれ6失点、2回途中でマウンドを降りました。

その2日後の南アフリカ戦にも先発し、ピンチを作りましたが、3回を投げて無失点に抑えます。

この試合では、9個のアウトを全て三振で取ったほか、振り逃げもあり、3回で10個の三振を奪いました

大会を振り返り、「海外の選手とは、パワーやスイングスピードに力の差があり、甘いコースに行ったら打たれるので、低め中心に厳しく攻めないといけないと感じた」そうです。

中学生時代の球速は133km/hでした。

秋山恭平は左投手が育つという理由で広島新庄高校を選ぶ!

全国の強豪校から誘いがありましたが、高校は広島新庄高校に進みます。

左投手を育てるのが上手な学校に行きたい」と思い、選手の育成に定評のある迫田守昭監督の元で野球をしたかったそうです。

また、「甲子園を目指してチームを引っ張れるようなピッチャーになりたい。高校でも日本代表に選ばれて、プロ野球選手にもなりたい」と話しています。

巨人の田口麗斗、日本ハムの堀瑞樹といったプロ野球に指名された選手がいるのも大きかったかもしれません。

高校1年生夏の広島県大会では、2回戦の賀茂北高校戦、準々決勝の尾道商業高校戦でリリーフとして投げますが、準々決勝で敗れ、甲子園出場を逃します。

秋山恭平は2020センバツ甲子園に出場!

1年生秋の県大会では、3回戦の市立呉高校戦で9回3失点と完投し、準々決勝の広島国泰寺高校戦、準決勝の盈進高校戦と3試合連続で先発しました。

県大会で優勝して出場した中国大会では、1回戦の八頭高校(鳥取)戦で9回を完投し1失点、12個の三振を奪います。

準々決勝の高川学園高校(山口)戦、準決勝の倉敷商業高校(岡山)戦と3試合連続で完投しますが、準決勝で延長戦(11回)の末に敗れました。

試合を終え、「気持ちも球も甘くなってしまった。今日の負けを課題に、これから自分のプレーができるよう頑張りたい」と話します。

この頃には、球速を最速140km/hまで伸ばし、身長は2cm伸び、体重も5㎏ほど増やしました。

また、1月末に2020センバツ甲子園の出場が決まり、甲子園での活躍も期待です。

中国大会ではベスト4でしたが、中国大会優勝校に延長まで戦った試合内容が評価され、「中国No.1左腕で、球速は130km/h台ながらコースに投げ分ける」と話し、秋山を甲子園で見たいと思っている選考委員の方もいました。

秋山恭平(広島新庄)の成績

次に、秋山恭平の成績です。

成績
  • 地方大会通算(中国:19秋):3試合、29投球回、防御率3.41、被安打率7.45、奪三振率5.90、四死球率2.48

成績は、2019年終了時点のものです。

ヒットを打たれやすく、失点が少し多めになっています。

一方で、四死球は多くないので、四死球で崩れる事は少なそうです。

また、奪三振率はそこまで高くないですが、三振を奪う事もできます

秋山恭平(広島新庄)の特徴や動画

続いて、秋山恭平の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

広島新庄 秋山恭平(1年) 奪三振シーン

右足を大きく一塁方向に上げてタメを作っており、テイクバックはそこまで大きくありません。

大きな体格ではないものの、体重移動を使い、体全体で投げています

大きな腕の振りで、肘も柔らく使えているようです。

秋山恭平はキレのあるストレート!

ストレートの球速は最速140km/hですが、球速以上に速く感じそうです。

キレのあるストレートを投げており、バッターが振り遅れています。

腕を大きく振り、柔らかい肘の振りなので、キレのあるストレートを投げられるのでしょう。

また、ストレートで空振りを取る事もでき、ストレートの質も良さそうです。

秋山恭平は大きく落ちるチェンジアップ!

変化球は、チェンジアップ、スライダーを投げています。

チェンジアップは大きく落ちており、打者の近くでブレーキが効いているようです。

空振りを取ったり、ストライクカウントを取るのに使えます。

スライダーは、縦方向にも変化しながら鋭く曲がり、コースが決まればストライクカウントを取るのに使えそうです。

他には、緩く変化するカーブも投げます。

秋山恭平の制球力はやや高め!

動画を見ると、キャッチャーの構えた所に概ね投げられており、ストライクゾーンぎりぎりの所に投げる事もできています。

制球力はやや高めといったところで、四死球も少ないのでしょう。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球になる場面も見られており、今後は、より細かなコントロールが求められそうです。

秋山恭平の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • キレのある最速140km/hのストレート
  • 変化球は、チェンジアップ、スライダー、カーブ
  • 制球力はやや高め

です。

最速140km/hのキレのあるストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球が持ち味で、ストレートでも変化球でもアウトに取れます。

高校生になってから、身長・体重など体格面で成長し球速も伸びているので、まだ、伸びしろがありそうです。

秋山恭平(広島新庄)のスカウト評価や指名の可能性

次に、秋山恭平のスカウト評価です。

残念ながら、現時点でスカウトが寄せたコメントはありません。

これから高校2年生になるという事もあり、まだ、注目度は低いのかもしれません。

しかし、センバツ甲子園に出場するので、活躍次第では、一気に注目を集めそうです。

また、筑後サザンホークスの練習場が福岡ソフトバンクの二軍球場に近いことから、中学校時代に福岡ソフトバンクの関係者が視察したという情報もあります。

15歳以下日本代表の代表合宿を視察した小倉清一郎さん(元・横浜高校部長、現・山梨学院高校コーチ)は、「投げっぷりが良い」と評価しました。

将来性のある左投手という事もあり、投球内容を見る限りでは2021ドラフトでの指名は確実で、活躍次第では、上位指名や1位指名もあるかもしれません。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

秋山恭平(広島新庄)のまとめ!

以上が、広島新庄高校 秋山恭平経歴、成績や特徴でした。

最速140km/hのキレのあるストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球が持ち味で、制球力も高めです。

2021ドラフトでの指名も十分に考えられ、活躍次第では上位指名もあると思います。

まずは、2020センバツ甲子園での活躍に期待です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です