ドラフト2019候補 紅林弘太郎(駿河総合)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 紅林弘太郎(駿河総合)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、駿河総合高校の紅林弘太郎選手です。

現時点では、県大会2回戦が最高成績で、甲子園の出場もありません。

それでも、高校野球日本代表の1次候補に選ばれ、スカウトからも注目されている選手です。

今回は、そんな駿河総合高校 紅林弘太郎経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

2019年ドラフト 紅林弘太郎(駿河総合高校)の経歴は?

紅林弘太郎の経歴です。

経歴
  • 名前:紅林弘太郎(くればやし こうたろう)
  • 出身地:静岡県藤枝市
  • 生年月日:2001年度
  • 身長 : 186cm
  • 体重 : 79kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:遊撃手
  • 経歴: 藤枝市立青島小学校 → 藤枝市立青島中学校 → 静岡県立駿河総合高校

詳しく見ていきましょう。

紅林弘太郎は、高校1、2年生夏は初戦敗退

小学校2年生の時から軟式野球をはじめます

藤枝市立青島中学校では軟式野球部に所属。

高校は静岡県立駿河(するが)総合高校に進学します。

1年生の時からベンチ入り。

1年生夏の静岡県大会は5番ショートで出場し、初戦(2回戦)の小笠高校戦でヒットを打ち打点を挙げますが試合は敗れます。

2年生夏の県大会も1回戦(浜松工業高校戦)で敗退、因みに、この試合では二塁打を打ちました。

紅林弘太郎は2年生秋の地区予選で3試合連続本塁打

2年生秋の静岡中部地区予選の2回戦(初戦)の静岡大成高戦で二塁打と三塁打を打ちます。

3回戦以降は、島田商業高校戦、静岡商業高校戦、清水東高校戦と3試合連続本塁打を打っています

決勝の清水桜が丘高校戦でも2安打を打つ活躍で、駿河総合高校の大会初優勝に貢献。

その後は県大会に進みますが、初戦の御殿場西高校戦は1対7で敗れています。

現時点での最高成績は県大会2回戦で、甲子園の出場はありません。

それでも、高校野球日本代表(18歳以下)の1次候補に選ばれ、代表入りになるかも注目です。

2019年ドラフト 紅林弘太郎(駿河総合高校)の成績は?

紅林弘太郎の成績です。

成績
  • 夏の県大会通算成績(2017、2018):2試合、打率.250、1二塁打、2打点、長打率.375
  • 高校通算本塁打:23本

夏の県大会では初戦で敗退しているので、2試合のみなので、参考程度に見ておきましょう。

打率が3割を下回っていますが、秋の地区予選では1試合複数安打を打った試合もありました。

今後は安定してヒットを打てるようになるといいでしょう。

一方、夏の県大会では二塁打を打ち、秋の地区予選では三塁打、本塁打を打っており、長打も打てます

2019年3月の時点で高校通算本塁打は23本です。

本人は「チームを夏の甲子園に導くことが大事。その上で本塁打50本を打てたら」と話しています。

高校通算本塁打をどこまで伸ばせるかも注目です。

盗塁をしたという情報はありませんが、三塁打を打っているので、足もそこそこ速そうです。

2019年ドラフト 紅林弘太郎(駿河総合高校)の特徴は?

紅林弘太郎の特徴です。

まずはこちらの動画(2018年秋の県大会・御殿場西高校戦)を見ていきましょう。

高校生にしては長身で、恵まれた体格ですね。

バットを高めに構えていて、さらに大きく見えそうです。

左足を上げてタイミングを取っていて、足を踏み出すと同時に体重移動し、バットを振り抜いています。

当たれば遠くに飛ばせそうです。

紅林弘太郎は広角に長打を打てる!

動画の前半部分は、打撃について特集していますが、レフト方向だけでなくライト方向(逆方向)にも打っています。

特に、2打席目は低めの球をライトに運んでヒットにしていて、打撃センスがある印象を受けます。

右足に体重がしっかりと乗っていて、軸がぶれないので球を見極める事ができそうですね。

そして、体重移動をして最後まで振り切っているので、打球が伸びています。

紅林弘太郎の選球眼は?

次にこちらの動画を見てみましょう。

じっくりボールを見れており、余裕を感じますね。

動画の43秒前後ではボール球をストライクコールさせれていますが、打ちに行きながらバットを止められています。

ボール球もしっかり見送れているので、選球眼は良さそうです。

紅林弘太郎の守備は?

最初の動画の35秒目以降が守備についての特集です。

ショートへのゴロを捕りに行っていますが、守備範囲が広そうですね。

外野へ抜けそうな打球にも追いついています。

守備の動きが軽快で、50m走は6秒2で足の速さもまずまずです。

そして何より、捕ってからの送球が速く、スムーズな身のこなしです。

大柄な選手ですが、こういったスムーズな動きが出来るので、高い身体能力があることがわかります。

遠投は100mまででき、肩も強いです。

紅林弘太郎の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 恵まれた体格
  • 広角に長打を打てる
  • 選球眼は良い
  • 守備範囲が広く打球への反応がいい
  • スムーズな身のこなしの守備
  • 足の速さはまずまずで、肩も強い

です。

広角に長打が打てる打撃と守備範囲の広さ、守備の身のこなしの良さが魅力の内野手です。

大柄な体格ですが、動きがスムーズなので、高い運動能力があることがわかります。

将来が非常に楽しみな選手ですね。

2019年ドラフト 紅林弘太郎(駿河総合高校)のスカウト評価は?

紅林弘太郎のスカウト評価です。

  • プロスカウト「ドラフト指名は間違いない」

球団等の詳細は不明ですが、現時点でも高い評価のコメントが挙がっています。

また、阪神がドラフト候補のリストに追加したという情報もあります。

紅林選手は背中の痛みで欠場しましたが、2019年3月中旬の練習試合をオリックス、ヤクルト、巨人のスカウトが視察したそうです。

2019年4月の高校野球日本代表選考合宿にも参加したので、背中の痛みに関しては一時的なものとみてよさそうです。

打てる遊撃手が欲しい球団は将来性を考えて獲得を考えていると思います。

今後はスカウトの視察も増えると思うので、スカウトの前でアピールしておきたい所ですね。

2019ドラフトで指名される可能性は高く、今後の活躍次第では上位指名もあるかもしれません。

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019年ドラフト 紅林弘太郎(駿河総合高校)のまとめ!

以上が、駿河総合高校 紅林弘太郎経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

長打を広角に打てる打撃と守備範囲の広さ、守備の身のこなしの良さが魅力の選手です。

現時点でも注目しているスカウトがいて、2019ドラフトで指名される可能性も高そうです。

「高校野球日本代表に選ばれるか」、「高校通算本塁打をどこまで伸ばせるか」にも注目です。

駿河総合高校 紅林弘太郎の今後の成長に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です