【ドラフト】北山亘基(京都産業大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、京都産業大の北山亘基です。

最速151km/hのノビのあるストレートが魅力の本格派右腕。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 京都産業大・北山亘基

記事の内容

をご紹介しています。

北山亘基の経歴やプロフィール

北山亘基

まずは、北山亘基の経歴です。

プロフィール
  • 名前:北山亘基(きたやま こうき)
  • 出身地:京都府京都市
  • 生年月日:1999年4月10日
  • 身長:182cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:京北ファースト少年野球クラブ(京都市立京北第一小学校) → 京都市立周山中学校 → 京都成章高校 → 京都産業大
  • 関連ページ:Twitter京都産業大野球部HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は軟式野球

京都市立京北第一小学校三年生時に京北ファースト少年野球クラブで野球を開始。

五年生時に内野手から投手へ転向します。

京都市立周山中学校では軟式野球部に所属

三年生春季大会でノーヒットノーラン

京都成章高校では一年生春からベンチ入り。

夏の選手権予選初戦の日星戦で先発するも、3 1/3回で降板し敗戦となっています。

二年生夏の選手権予選では、初戦の福知山戦でリリーフとして1/3回を無失点に抑えるも、その後は登板なしでチームは敗退。

三年生春の春季大会では、初戦の洛星戦で16奪三振ノーヒットノーランを達成するなど活躍し、チームのベスト8入りを牽引しています。

夏の選手権予選では全6戦に登板し、5完投でチームの優勝に貢献。

初の甲子園で11奪三振の力投

初の甲子園では、初戦の神村付学園戦で先発。

142km/hを記録し、11奪三振を奪う力投を見せるも、9回1アウトからサヨナラ負けを喫しています。

その後、プロ志望届を提出するも指名漏れとなっています。

大学二年生時に151km/hを記録

京都産業大では一年生春からベンチ入りを果たします。

秋季リーグではリリーフとして9試合に登板し、防御率0.96という安定感を披露。

二年生春は先発として3勝を挙げ新人賞を獲得しています。

秋季リーグでは主戦として8試合55投球回を投げ、自己最速を更新する151km/hを記録。

防御率1.80という成績を残しています。

北山亘基の特徴や動画

次に、北山亘基の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】北山亘基の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

セットポジションで一塁側プレートから投げ込みます。

ノビのあるストレート

最大の魅力はノビのあるストレートです。

最速151km/h、常時140km/h前半で、力を入れた際には140km/h後半を記録しています。

回転数が2500rpmを超えており、水平成分の傾きやジャイロ成分が少なくなっています。

その為、シュート変化しながら伸び上がるホップ量が非常に大きい球質となっています。

こういった球質を生かすために、一塁側プレートを踏んでいるのかもしれませんね。

多彩な変化球

変化球はカットボール、カーブ、チェンジアップ、フォークを投げています。

カットボールは130km/h前後で投球割合は多く、軸となっているボールのようです。

チェンジアップは120km/h台とやや遅めで、低めに投げられてはいるものの、打者に対応されている印象です。

カーブは120km/h弱で、回転の質が良く、十分使えるボールだと思います。

その他には、フォークを投げています。

制球面は課題がある

制球面はやや課題がありそうです。

きっちり狙ったコースに投げるタイプではなく、アバウトにストライクに投げ込むタイプです。

その為、ボールが通用している相手には四死球も少なく安定した投球が出来るでしょう。

ボール自体の質は良いので、上のレベルでも四死球で崩れるようなことは無さそうです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのストレート
  • ストレートはシュート変化量やホップ量が多い球質
  • 変化球はカットボール、カーブ、チェンジアップ、フォークと多彩
  • 制球面でやや課題がありそうだがボールの質が良いので特に問題はなさそう

です。

魅力はストレートです。

シュート変化やホップ量が多い、変化量の多い球質と言えるでしょう。

空振りが奪えるボールなので、上のレベルでも通用するボールと言えます。

制球面が向上してくると、上のレベルでも安定して活躍できる投手となるでしょう。

北山亘基の成績

続いて、北山亘基の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(~20秋):29試合、136 2/3投球回、8勝6敗、防御率2.17、奪三振率8.17、四死球率3.36、被安打率6.19
  • 21春季リーグ:4試合、36投球回、2勝2敗、防御率0.75、奪三振率9.00、四死球率1.75、被安打率4.50

成績は2021年5月8日時点です。

三年生までの通算防御率は2.17と安定した成績を残しています。

四年生時はさらに安定感が増し、ここまで防御率0.75という素晴らしい成績です。

四死球率が約半分に減り、奪三振率や被安打率が向上しているのが要因でしょう。

北山亘基のスカウト評価や指名の可能性

続いて、北山亘基のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 阪神・和田テクニカルアドバイザー「一番の魅力は強いストレートで切れは申し分ない」
  • 阪神・熊野輝光スカウト「直球の切れが良い」「やっぱり真っすぐはいいね。スピードもスタミナも問題ないし、順調に成長している」「フォームのバランスが良くなって、コントロールで崩れることがなくなった」「スピードは出ているし、ボール自体は良かった」
  • 中日・米村チーフスカウト「元々いいストレートに加えて、カーブなどの変化球を使えるようになったことで投球の幅が出てきた。伸びしろを感じるので、最終的に12人の中に入ってくる可能性もある」
  • 西武・潮崎編成グループディレクター「フォークもあるし、先輩の平野(オリックス)のよう。上位の可能性もある」

現時点で阪神と中日のコメントが出ています。

ストレートのキレを評価しており、中日は「(ドラフト一位の)12人に入る可能性もある」という非常に高い評価をしています。

また、その他にセリーグ6球団が視察したという報道も出ており、注目度は高そうです。

4年生時に成績をグッと上げていることや、実力の高さからも、ドラフト2021での上位指名の可能性が高いでしょう。

今後もこの成績を続けられれば、一位指名も見えてきそうです。

北山亘基の関連ニュース

続いて、北山亘基の関連ニュースです。

>>京産大・北山 8球団13人のスカウトの前で猛アピール!!8回までわずか1安打 阪神スカウトも成長評価

>>京産大・北山を中日、阪神など8球団視察 15K&2失点完投

>>【スポニチ潜入 大阪発(5)】京産大・北山 オリックス平野佳追う最速151キロ右腕 新兵器で新境地

>>開幕!関西六大学野球 ドラフト候補の京産大・北山2安打完封 セ6球団が視察

>>北山亘基(京産大・投手) 151キロ右腕が見据える主将兼エースの矜持

北山亘基のまとめ

以上が、京都産業大 北山亘基経歴、成績や特徴でした。

最速151km/hのノビのあるストレートが魅力の本格派右腕。

2021ドラフトで上位指名される可能性は高いでしょう。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です