ドラフト2019候補 野村健太(山梨学院)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 野村健太(山梨学院)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフトの高校注目野手を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは山梨学院の野村健太です。

「山梨のデスパイネ」というあだ名を持ち、そのあだ名通りの強打者で現在通算34本のホームランを打っています。

2019年の春のセンバツにも出場が決まっており活躍が期待されている選手です。

今回はそんな2019年ドラフト候補 山梨学院高校・野村健太の経歴や成績、特徴をご紹介します。

2019ドラフト 野村健太(山梨学院)の経歴は?

まずは経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:野村健太(のむら けんた)
  • 出身地:愛知県安城市
  • 生年月日:2001年8月27日
  • 身長:180cm
  • 体重:88kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:安城リトル (安城市立安城北部小学校)→ 愛知衣浦シニア(安城市立東山中学校)→ 山梨学院

詳しく見ていきましょう。

野村健太は中学時代は投手も経験

野村健太は小学3年生の頃から安城リトルで硬式野球を始めました。

小学生のスタートから硬式野球を始めるのは稀なケースですよね。

そのまま中学でも愛知衣浦シニアに入団し、その恵まれた体格からサードと投手を兼任していました。

現在は外野手ですが、投手をできるだけの強肩があるので外野としての素質も高い選手です。

野村健太は11kgの体重を減量

山梨学院に入学した野村健太の当時の体型は身長180cm、体重99kgという超高校級スラッガー並みの体重がありました。

その体型からソフトバンクのデスパイネ選手に似ていることからデスパイネとあだ名をつけられたそうです。

もちろん、強打者として期待されていたので十分すぎる体重だったのですが、体のキレを出すために88kgまで体重を絞りました。

絞ったと言ってもその筋力は健在で高校通算で34本のホームランを打てるだけのパワーがあります。

野村健太は苦手な守備を克服

野村健太は持ち前の打力で高校1年の秋からベンチ入りをし公式戦にも代打で出場し安打を記録しています。

しかし、野村健太は守備が苦手だったため2年の春にはベンチ入りすることができませんでした。

打撃に魅力があるためもちろん代打としてでもチームの力になれたとは思うのですが、監督から更なる飛躍を期待されてあえて外したようですね。

その期待に応えて野村健太は苦手な守備を克服し、レフトのレギュラーを勝ち取りました。

そして2年の夏には5番レフトで試合に出場し、チームの甲子園出場に大きく貢献しています。

野村健太は甲子園でホームランを放っている

2年の夏大会から野村健太は大暴れします。

2回戦の山梨高校戦で2打席連続本塁打を記録すると、毎試合安打を放ち決勝戦でも3安打3打点と大活躍。

その勢いのまま甲子園に乗り込み、1回戦で高知商業高校と戦いでソロホームランを放っています。

ただチームは乱打戦の末、12対14で敗れてしまいましたが、野村健太は全国大会でアピール十分です。

2019ドラフト 野村健太(山梨学院)の成績は?

続いて野村健太の成績をご紹介します。

成績
  • 甲子園通算:1試合、打率.200、1本塁打、1打点
  • 2018年夏季山梨大会:5試合、打率.471、8安打、4二塁打、2本塁打、8打点、2盗塁、長打率1.059
  • 2018年秋季関東大会:3試合、打率.400、4安打、2本塁打、4打点、2盗塁、長打率1.000

大活躍した夏の地区大会と秋の関東大会の記録にスポットを当てました。

打率の高さが素晴らしいのに加えて半分以上が長打となっています。

長打率の高さが以上な数値ですよね。

もちろん打数が少ないというのはありますが、これだけの成績を残しているというのは当たれば長打が期待できる選手と言えます。

さらに盗塁を決めているため足の速い選手であると言えます。

ただ、長打を放つだけではなく外野の間を越せばしっかり2塁打にできるだけの走力もあります。

2019ドラフト 野村健太(山梨学院)の特徴は?

次に野村健太の特徴をご紹介していきます。

動画を見ていきましょう。

この動画は関東大会の中央学院戦の打席です。

初球を振り抜き、左中間の深いところに本塁打を放っています。

まず動画を見て思うのがガタイの良さですよね。

きているユニホームがピチピチではち切れそうです。

フォームはゆったりと構えており、足も大きくあげずにタイミングを取っていますが、インパクトの瞬間のスイングの鋭さと押し込みが強く、打った瞬間にホームランとわかるあたりでした。

力のある選手は力みがある選手が多いですが、野村健太は0から100の力の使い方ができているため、かなり打撃センスがあることがわかります。

完成度の高い選手だと感じました。

野村健太の魅力は165m飛ばす長打力

野村健太の異名である「デスパイネ」は、体型が似ているというだけでつけられたわけではありません。

練習試合の時に左中間のスタンドにあった高さ30mのネットを軽々と超えるホームランを放っています。

そのあたりは推定165m弾だったと言われています。

この打撃力もデスパイネ級だったこともあり、今もなお愛称として呼ばれているようです。

野村健太は外角の球をホームランにする腕力がある

長打力に定評がある野村健太ですが、長打力を生み出しているのはその腕力です。

先ほどの動画を見るとわかるのですが、外角の球をいとも簡単に左中間スタンドに運んでいます。

もちろん体の使い方うまいということもありますが、外の球を持っていくには腕の力が大事になってきます。

また力んだままだと引っ掛けてしまうので、インパクトの瞬間に力を入れているからこそ打てる打球です。

高校2年生ということでこの冬でもさらに体を大きくしてくるのではないでしょうか。

春の選抜大暴れする姿をぜひ見てみたいですね。

野村健太は逆方向にもホームランが打てる

関東大会の前橋育英戦で2試合連続となるホームランを放っています。

ここで注目すべき点は逆方向にホームランを打っているということです。

外角の球をしっかりと待ってから、一番力の入るポイントでボールを叩けています。

自身初の逆方向へのホームランということでしたが、良い傾向だと思います。

このまま逆方向にも長打、ホームランが打てる選手になると手のつけられない選手になっていくでしょうね。

このホームランをきっかけに更なる成長が期待できそうです。

野村健太は脚力もあり強肩でもある

打撃に目がいってしまいがちですが、その身体能力にも目を見張るもがあります。

50m走が6.5秒とその体型からは想像できない速度ですよね。

公式戦でも盗塁も決めているため十分な速さがあると言えます。

また、中学時代に投手をしていたこともあり遠投は100mと強肩。

苦手な守備も克服してレギュラーをとっているので全体的にポテンシャルが高い選手です。

2019ドラフト 野村健太(山梨学院)のスカウト評価は?

続いて野村健太のスカウト評価です。

残念ながらまだスカウトからの評価はないようです。

しかし、春の選抜出場が決まっており注目選手としても取り上げられています。

春の選抜で活躍することができれば、スカウト人からも注目されるでしょう。

現状でも長打が打ててポテンシャルが高いので、ドラフト指名の可能性は高そうです。

とはいってもまだまだ活躍できる場は多いので、これから大暴れしてくれることを楽しみにしたいですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】候補まとめ!評価一覧や特徴をご紹介!

2019ドラフト 野村健太(山梨学院)のまとめ

以上が2019年ドラフト候補 山梨学院高校・野村健太の経歴や成績、特徴の紹介でした。

長打が魅力的な選手ですので、高校生トップクラスの飛距離であることがわかります。

金属バットとはいえ、ここまでの飛距離を出せる選手はなかなかいません。

これからの活躍が楽しみな選手ですね。

まずは春のセンバツで存分に力を発揮して、夏の大会へと弾みをつけて全国にその名を轟かさせて欲しいですね。

合せて読みたい!

【2019】春の選抜 注目選手やドラフト候補まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です