【ドラフト】丸山和郁(明治大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、明治大の丸山和郁です。

NPBでもトップクラスの走力を誇る韋駄天外野手です。

高校・大学では日本代表に選出されています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 明治大・丸山和郁

記事の内容

をご紹介しています。

丸山和郁の経歴やプロフィール

丸山和郁

まずは、丸山和郁の経歴です。

プロフィール
  • 名前:丸山和郁(まるやま かずや)
  • 出身地:群馬県高崎市
  • 生年月日:1999年7月18日
  • 身長:174cm
  • 体重:77kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:倉渕ファイターズ(高崎市立倉渕小学校) → 高崎市立倉渕中学校 → 前橋育英高校 → 明治大学
  • 関連ページ:明治大大学野球部HP侍ジャパンHP東京六大学HPTwitter

詳しく見ていきましょう。

中学時代は軟式野球

高崎市立倉渕小学校一年生時に倉渕ファイターズで野球を開始。

高崎市立倉渕中学校では軟式野球部に所属していました。

二年生夏に甲子園初出場

前橋育英高校では、外野手兼投手の二刀流で活躍。

二年生春の春季県大会では、主に一番打者ながら投手としても登板し、チームの優勝に貢献しています。

関東大会では、登板はなかったものの、レギュラーとして関東大会優勝に貢献。

夏の選手権予選では、準決勝の前橋工戦でホームランを放つなど活躍し、チームを優勝に導きます。

続く甲子園初戦の嘉手納戦では、5番センターとして二塁打を放ち、9回からは投手として登板し、138km/hを記録するも敗戦となっています。

三年生春には二期連続の甲子園出場

秋季県大会では、一番打者兼リリーフとしてチームの優勝に貢献。

続く関東大会でも全試合登板を果たし、ベスト4進出で選抜出場を決めています。

三年生春の選抜では、初戦の中村戦で先発し5回無失点の好投で勝利に貢献。

続く報徳学園戦では、2回4点のビハインドから7回無失点の好投も、チームは敗戦となっています。

三季連続の甲子園で大会タイ記録

夏の選手権予選を突破し、3期連続の甲子園出場を果たします。

甲子園では、初戦の山梨学院戦での4盗塁を皮切りに、3試合で8盗塁を決め、大会タイ記録を残しています。

甲子園後には高校日本代表に選出され、U18ワールドカップに出場。

センターのレギュラーとして、チームの三位に貢献しています。

明治大大学では野手に専念し、主将を経験

明治大学では、春のオープン戦で右肩を脱臼し手術を経験。

この影響で投手を断念しています。

リハビリを経て、二年生春の春季リーグでは二番センターとしてスタメンの座を勝ち取ります。

規定打席に達し、打率.318という好成績を残します。

リーグ戦終了後には大学日本代表に選出され、大学日米野球大会優勝に貢献しています。

秋季リーグでは左肩痛の影響で離脱し、三年生秋季リーグで復活の兆しを見せ、冬にはキャプテンに就任しています。

丸山和郁の特徴や動画

次に、丸山和郁の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】丸山和郁の打撃シーン&走塁シーン&守備シーン

三年生時までは足を大きく上げるスタイルでしたが、四年生時に足を上げないスタイルに変更しています。

抜群の走力

一番の魅力は走力です。

一塁到達タイムは3.85秒と、NPBでもトップクラスです。

また、二塁盗塁タイムが3.22秒と、こちらもNPBトップクラスです。

元阪神の赤星憲弘が3.2秒台とのことで、同等の走力であることがわかります。

走力を生かした守備力

走力を生かした守備力も魅力です。

打球への反応が良く、走力が高いので守備範囲が広いです。

高校時代に144km/hを記録した肩力があり、送球の強さもまずまずと言えます。

NPBでもセンターを任せられるレベルと言っていいでしょう。

広角にヒットが打てる打撃技術

打撃では長打力はないものの、バットコントロールに優れています。

コースに逆らわない打撃が出来ており、内角の難しいボールにも対応できています。

ただし、三年生時まではボール球を追いかけてしまう場面が多くあり、三振が多くなっていました。

四年生から打撃フォームを変更しているので、これがいい方向に行っているのでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • NPBでもトップクラスの走力
  • 走力を生かした広い守備範囲
  • 最速144km/hの肩はまずまず
  • 広角に打ち分ける打撃技術

です。

一番の魅力は走力です。

NPBでもトップクラスで、走力と守備面ではすぐにでも一軍で通用するでしょう。

課題だった打撃面でも、打撃改造がいい方向に進んでいそうです。

今後の活躍に注目しましょう。

丸山和郁の成績

続いて、丸山和郁の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(~21春):30試合、打率.292、6二塁打、2三塁打、0本塁打、12打点、出塁率.328、26三振、9盗塁
  • 21春季リーグ:6試合、打率.333、1二塁打、0三塁打、0本塁打、3打点、出塁率.385、5三振、4盗塁

成績は2021年5月10日時点です。

怪我などもあり出場数は多くありませんが、リーグ戦通算打率.292とまずまずで盗塁数も多くなっています。

しかし、試合数に近い三振数を記録しており、粗さがありそうです。

また、出塁率もそこまで高くないのが気になるところです。

しかし、2021春季リーグでは、三振数はそこまで変わりませんが、やや四死球が選べている傾向のようです。

その為、打撃面では改善傾向が見えているといえるでしょう。

丸山和郁のスカウト評価や指名の可能性

続いて、丸山和郁のスカウト評価です。

大学時代に寄せられたコメントのみ紹介します。

スカウトコメント
  • 阪神・平塚スカウト「ミートはしっかりできるし、足と肩は魅力で、守備範囲が広い」

現時点では阪神からのコメントが出ています。

走攻守で評価していることがわかります。

その他には、広島や日本ハムが視察したとの情報が出ており、注目度は高そうです。

守備走塁面はNPBでもすぐに通用するでしょうから、ドラフト2021での指名の可能性は十分ありそうです。

打撃面でさらなる成長が見られれば、上位指名も見えてくるでしょう。

今後の活躍に注目です。

丸山和郁の関連ニュース

続いて、丸山和郁の関連ニュースです。

>>ドラフト候補の明大・丸山が2安打阪神スカウト「足と肩は魅力」

>>明大・丸山主将「暢仁さんみたいに」理想は広島森下

丸山和郁のまとめ

以上が、明治大 丸山和郁経歴、成績や特徴でした。

高校・大学と日本代表を経験している韋駄天外野手です。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です