【ドラフト】大川慈英(常総学院)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、常総学院の大川慈英です。

最速147km/hの回転数の多いストレートとキレの良いスライダーが武器の本格派右腕。

2021選抜でも力強いストレートを投げ込んでいました。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 常総学院・大川慈英

記事の内容

をご紹介しています。

大川慈英の経歴やプロフィール

大川慈英

まずは、大川慈英の経歴です。

プロフィール
  • 名前:大川慈英(おおかわ じえい)
  • 出身地:神奈川県平塚市
  • 生年月日:2003年10月28日
  • 身長:176cm
  • 体重:70kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:平塚リトル → 湘南ボーイズ(平塚市立浜岳中学校) → 常総学院
  • 関連ページ:常友会

詳しく見ていきましょう。

父は総合格闘技、母はバレーボール日本代表

父は元総合格闘技の政則さん、母はアトランタ五輪のバレーボール日本代表の鳥居千穂さんです。

小学校三年生までは母親がバレーボールの指導を行っていたようです。

近くの中学校にバレーボール部がないことがわかり、小学校四年生から野球を開始し、平塚リトルでプレーしました。

平塚市立浜岳中学校では湘南ボーイズに所属。

常総学院では二年生秋からベンチ入り

二年生秋季大会からエースの秋本璃空の二番手として背番号10を任されベンチ入りします。

県大会では主にリリーフとしてチームの準優勝に貢献。

関東大会準々決勝の東海大甲府戦では、先発を任され6回完封勝利を挙げています。

選抜ではロングリリーフで勝利投手

三年生春の選抜で甲子園初登板を果たします。

2点リードの8回から登板するも、味方のエラーなどで同点に追いつかれます。

9回も1死満塁のピンチを招きますが、全球ストレートで抑え込むピッチングで、チームのサヨナラ勝ちに貢献。

続く中京大中京戦では、ビハインドの5回からマウンドに上がり3回1失点とまずまずの投球を見せています。

大川慈英の特徴や動画

次に、大川慈英の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【2021年度注目投手】大川慈英(常総学院)【第93回選抜高校野球大会敦賀気比戦奪三振シーン】

ノーワインドアップで柔らかい腕の振りから球持ちの良い投球フォームで投げ込んでいます。

勢いのあるストレート

投球割合はストレートが大半を占めています。

最速は147km/hとなっており、力を入れる時は140km/h台を計測しています。

相手打者が空振りしたりファールになるケースが多く勢いを感じます。

下記のサイトによると回転数は約2450rpmとなっており、MLB平均を大きく上回っています。

>>【ドラフト2021】回転数調査ランキング

中継のスロー映像では、回転軸はややジャイロ成分が多めで、水平成分の傾きが少なめとなっています。

その為、ホップ量はまずまず多いと思われます。

キレのあるスライダー

変化球はスライダー、チェンジアップを投げます。

スライダーは120km/h前半でやや遅めです。

ジャイロ回転に近く、縦に変化する球質です。

チェンジアップは115km/hとなっています。

回転数が多めで、サイドスピン成分が多く、三塁側方向に大きく変化しながら落ちる球質です。

制球面では課題がある

制球面では課題があります。

成績では四死球の数はそこまで多くありませんが、抜け球や逆球が多いです。

ボールの自体が良いので、高校生レベルでは力で抑え込めていますが、相手のレベルが上がってくると厳しい投球となるでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速146km/h
  • 回転数が多い勢いがあるストレート
  • 変化球はスライダー、チェンジアップ
  • スライダーはジャイロ系で切れがいい
  • 制球面では課題がある

です。

最大の魅力はストレートです。

回転数が多く、ホップ量が多めなので、空振りやファールが奪えています。

また、体格面でもまだまだ細身なので、今後の成長が非常に楽しみな選手です。

大川慈英の成績

続いて、大川慈英の成績を見ていきましょう。

成績
  • 20秋季大会:6試合、25 2/3投球回、防御率1.40、奪三振率5.26、四死球率2.10、被安打率5.61
  • 21選抜:2試合、9投球回、防御率1.00、奪三振率5.00、四死球率3.00、被安打率5.00

秋季大会や選抜では安定した成績を残しています。

四死球率がそこまで高くなく、被安打率も低く抑えられているのが要因でしょう。

ただ、球質の割には奪三振率が低くなっています。

投球の大半がストレートということで、的を絞りやすいのが要因でしょう。

投球パターンを臨機応変に変えられるようになると、成績はさらに上がるでしょうね。

大川慈英のスカウト評価や指名の可能性

続いて、大川慈英のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • セ・リーグスカウトD「身長はまだ伸びているみたいだし、両親の血筋(父は格闘家、母はバレーボール五輪代表)もいいから、今後の成長に期待したい選手のひとりです。ただ、ボールにスピードはあるけど、キレがない印象を受けました。力の入れ具合も”強”だけで”弱”がない。そのあたりの実戦力を身につけることができれば、大化けする可能性はあると思います」

匿名でのコメントが出ています。

ボールの切れがないという評価ですが、今後の伸びしろに期待しているという内容です。

今後の成長次第では、十分ドラフト候補になってい来るでしょうね。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

大川慈英の関連ニュース

続いて、大川慈英の関連ニュースです。

>>センバツでスカウトが注目した12投手。大会ナンバーワンと評されたのは?

>>プロ注目の常総学院・大川 大学生相手に5回1失点

大川慈英のまとめ

以上が、常総学院 大川慈英経歴、成績や特徴でした。

回転数の多いストレートとキレの良いスライダーを投げ込む本格派右腕。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です