【ドラフト】山城響(富士大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、富士大学の山城響選手です。

長打が魅力の三拍子揃った外野手。

リーグ戦では、盗塁王、ベストナイン(遊撃手及び外野手)の表彰を受けています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 富士大学・山城響

記事の内容

をご紹介しています。

山城響の経歴やプロフィール

山城響
まずは、山城響の経歴です。

プロフィール
  • 名前:山城響(やましろ ひびき)
  • 出身地:沖縄県南風原町
  • 生年月日:1999年4月7日
  • 身長:178cm
  • 体重:75kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手、遊撃手
  • 経歴:南風原町立北丘小学校 → 南風原町立南風原中学校 → 沖縄県立知念高校 → 富士大学
  • 関連ページ:富士大HPTwitterInstagram

詳しく見ていきましょう。

高校1年生秋から4番を打つ!

小学校3年生の時から野球を始めます

中学校では、軟式野球部に所属しました。

高校は、沖縄県立知念高校に進みます。

1年生の時からベンチ入りし、1年生秋から4番を打ちます

1年生秋の県大会では、1回戦の向陽高校戦では延長15回表に先頭打者として出塁し、タイムリーヒットで生還し、これが決勝点となりました。

2年生夏の県大会では、1回戦の名護商工高校戦でヒットを打ちますが接戦の末に敗れます。

2年生秋の県大会では、2回戦の名護商工高校戦、3回戦の浦添商業高校戦と2試合連続でタイムリー三塁打を打ちました。

しかし、準決勝の興南高校戦では、チャンスの場面で敬遠されたこともあり完封負けとなります。

3年生夏は、県大会3回戦の浦添商業高校戦でタイムリー三塁打を打ちますが、試合は逆転で敗れました。

大学1年生春のリーグ戦からレギュラーとなる!

高校卒業後は富士大学(北東北大学野球連盟)に進学し、1年生春からリーグ戦に出場します。

ノースアジア大学戦では、代打で出場し、リーグ戦初打席で初球を本塁打にしました。

大学の豊田監督は、「初球から強く振れる。あいつは持っている」と、起用した理由を話しています。

本人は、「初球から強く行こうと思った。ここで考えて変な打撃をしても駄目。思い切りの良さが自分の売り。人生で一番すごいホームラン」と振り返りました。

なお、この試合は、負ければ優勝がなくなる可能性があったそうです。

また、八戸学院大学戦では、6番・ショートで先発出場し、2試合で計4安打を打ちます。

リーグ優勝して6月には全日本大学野球選手権に出場、1回戦の中京大学戦では、2番・ショートで出場し三塁打を打ちますが、試合は敗れました。

1年生秋は、遊撃手のベストナインに選ばれます。

3年生秋の東北地区王座決定戦で2試合連続本塁打!

2年生夏のプロアマ交流戦の巨人戦では、大竹寛からヒットを打ちました。

翌日に行われた西武戦では、タイムリーヒットを含む2本のヒットを打ちます。

2年生秋には、5つの盗塁を決め、盗塁王となりました。

3年生になってからは外野を守り、クリーンアップを打ちます。

3年生秋のリーグ戦では、2本の本塁打を打ち、外野のベストナインにも選ばれました。

リーグ優勝して出場した、東北地区大学野球王座決定戦では、初戦(準決勝)の東日本国際大学戦、決勝の東北福祉大学戦と2試合連続で本塁打を打ちます。

決勝では延長戦の末に敗れますが、敢闘賞の表彰を受けました。

因みに、弟・裕飛は同じ大学の1学年下で、「兄弟2人で試合に出られるのはなかなかないこと。リーグ優勝して全国でも勝ちたい」と目標を話しています。

山城響の特徴や動画

次に、山城響の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】山城響の打撃シーン&走塁シーン&打撃フォーム&守備シーン

右足を小刻みに上げてタイミングを取っています。

鋭いスイングで、体重移動を使ってバットを振りぬいていました。

長打力!

動画では、高めに来た球を、ライトスタンドに運んでいます。

高めのボールですが、鋭いスイングからしっかり前で捉えているからこそ、遠くに飛ばせるのでしょう。

足の速さもまずまず!

動画では、外角高めの球をサードへの内野安打としています。

一塁到達タイムは4秒前後で足の速さもまずまずといった所です。

選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見送っており、ストライクゾーンギリギリの球はファウルとしていました。

選球眼はまずまずと言っていいでしょう。

内外野を守れる!

高校から大学1年生まではショート、大学2年生からは外野を守っており、複数ポジションを守ることができます

守備シーンでは外野からの強肩を披露しており、肩の強さがわかります。

またシートノックでもサードを軽快にこなしています。

野球センスもありそうですね。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 長打を打てる
  • 足の速さはまずまず
  • 選球眼はまずまず
  • 強肩
  • 内外野を守れる

です。

長打力があり逆方向にも打てるバッティング、足の速さ、内外野を守れる野球センスが持ち味で、走攻守揃った選手と言っていいでしょう。

山城響の成績

続いて、山城響の成績を見ていきましょう。

成績
  • 全国大会通算(18全日本):1試合、打率.333、1三塁打、出塁率.333、1三振
  • リーグ戦・東北大会計(リーグ20秋、東北20秋):12試合、1二塁打、1三塁打、4本塁打

成績は3年生秋までのもので、リーグ戦・東北大会は分かっているものを載せています。

全国大会での出場は、1試合のみでしたが、1年生6月という入学してから日が浅い時期にも関わらず三塁打を打っています。

リーグ戦等での打数は不明ですが、本塁打数が12試合で4本なので、長打を打てるバッターである言ってよさそうです。

経歴の所でも書きましたが、リーグ戦では、下記の表彰を受けています。

  • ベストナイン:遊撃手18秋、外野手20秋
  • 盗塁王:19秋

打撃だけでなく、守備も含めて評価されているようです。

また、盗塁王の表彰を受け、三塁打を打っているので、足の速い選手といっていいでしょう。

山城響のスカウト評価や指名の可能性

続いて、山城響のスカウト評価です。

コメントを寄せたスカウトは、現時点ではいません。

しかし、プロアマ交流戦を視察した球団関係者はいると思いますし、試合ではプロ相手にヒットを打っているので、継続的に視察する球団もあるかもしれません。

内外野を守れる走攻守揃った選手ということもあり、活躍次第では2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

山城響の関連ニュース

続いて、山城響の関連ニュースです。

>>広島ドラ3・大道の成績が圧巻!北東北大学リーグの表彰選手の顔ぶれ

>>東北大学野球王座決定戦 福祉大延長制す きょう富士大と決勝

>>山城兄弟が富士大けん引「優勝して全国も勝ちたい」

山城響のまとめ

以上が、富士大学 山城響経歴、成績や特徴でした。

長打力が魅力の三拍子揃った外野手です。

活躍次第では、2021ドラフトで指名される可能性もあるかもしれません。

今後の動向や活躍に期待しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です