冨士隼斗(平成国際大)【ドラフト】

ドラフト 候補の冨士隼斗(ふじ はやと)は、181cm・85kgの右投右打の投手。埼玉県出身。平成国際大所属。

最速155km/hのストレート、変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカーを操る。

スカウトからは「大化けする可能性ある」という評価を受ける。

基本情報
名前冨士隼斗
(ふじ はやと)
出身地埼玉県
生年月日2002年3月10日
身長181 cm
体重85 kg
血液型
SNS
選手情報
投打右・右
守備位置投手
最高球速155 km/h
球種スライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカー
好きな球団

また、読者の皆様の指名順位予想もご紹介していますので、ご投票頂けますと嬉しく思います!

冨士隼斗の経歴・プロフィール

経歴(所属チーム)
小学校大宮パワーズ
中学校桜木中学校
高校大宮東
大学平成国際大
国際大会
全国大会

中学校時代にさいたま市選抜に選出

小学校時に大宮パワーズで野球を開始。

桜木中学校では軟式野球部に所属し、3年生時にはさいたま市選抜に選出されています。

大宮東では公式戦未登板

大宮東では2年生冬から本格的に投手に転向します。

しかし、故障しがちな右ひじの影響もあり、公式戦未登板で終わります。

なお、高校時代の最速は138km/hを計測しています。

平成国際大では入学後にフォーム変更

平成国際大では入学後に投球フォームを変更。

2年生秋からベンチ入りを果たし、リリーフとして3試合に登板し無失点に抑えます。

3年生春季リーグではリリーフながら複数イニングをこなすようになり、15投球回で20奪三振を奪います。

大学3年生秋に覚醒&日本代表候補に

秋季リーグからは先発を任されます。

白鷗大戦では延長10回にサヨナラ負けを喫するも、2失点12奪三振完投という素晴らしい投球を見せます。

関東学院戦では17奪三振ノーヒットノーランを達成するなど活躍し、最多奪三振のタイトルを獲得。

リーグ戦終了後には大学日本代表候補に選出され、強化合宿に参加しています。

強化合宿での紅白戦では自己最速タイの155km/hを計測しています。

冨士隼斗の動画と特徴

関甲新学生野球連盟秋季リーグ戦1部 平成国際大学 vs 作新学院大学

セットポジションから足を挙げてタメを作り、躍動感あるフォームで投げ込みます。

勢いあるストレート

ストレートの最速は155km/hで、先発時でも常時145km/h以上を投げ込みます。

やや球質のバラつきはあるものの、指に掛かったときはノビを感じます。

高めで多くの空振りを奪っており、一級品のボールと言っていいでしょう。

現時点でもNPBで通用するボールだと思います。

抜群のスライダー

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカーが持ち球です。

中でも武器になっているのは大きく変化する135km/h前後のスライダーです。

多くの空振りが奪えており、球速・変化ともに申し分なしです。

その他に、大きく落ちるチェンジアップや、緩いカーブ、新球のシンカーを投げます。

制球面は課題がある?

制球面では課題があります。

全体的に抜けるケースが多く、バラつきが大きい印象です。

特にストレートが甘く入ってしまうケースが多くなっています。

ボールが通用する相手には力で押し込めますが、レベルが上がってくると苦しい投球になるかもしれません。

今後、どこまで制球が安定してくるかに注目です。

冨士隼斗の成績

試合投球回防御率奪三振率与四死球率被安打率
22春7153.6012.006.606.60
22秋7491.6512.123.314.41
リーグ通算17672.0111.964.165.10

成績は2022年終了時です。

リーグ戦通算では防御率2前後と安定した成績です。

特に2022年秋季リーグでは抜群の結果を残しており、先発転向したにも関わらず、さらに成績を上げています。

奪三振率12以上という、イニング数を大きく超える三振数を記録し、三振が非常に多く奪えるタイプであることがわかります。

また、被安打率が4台と、安打自体もあまり打たれていないことがわかります。

これだけで、ボール自体が一級品であることがわかります。

2022年春季リーグでは与四死球率が6を超える高い数字でしたが、秋季リーグでは半分近くに抑えられています。

制球面でも大きな成長を見せていることがわかります。

2023年でどこまで成績を伸ばせるかに注目です。

冨士隼斗のスカウトコメント・視察情報と指名予想

球団評価コメント視察情報
ヤク
阪神
巨人
広島
中日
横浜
オリ
千葉
楽天後関スカウト部長ボールが強くて、魅力がある。制球の課題はあるが、大化けする可能性がある
福岡福元スカウトスピードが魅力。ストレートは147キロ以上の球ばかりで、来年のリーグ戦が楽しみになってきた
ハム
西武

現時点で複数球団からコメントが出ています。

スピードやボールの強さを評価するコメントとなっています。

楽天からは「大化けする可能性」というコメントが出ており、将来性を高く評価していることがわかります。

大学日本代表合宿で素晴らしいアピールができているので、多くの球団でリストアップされているでしょう。

今後の活躍次第ではコメントもどんどん出てきそうです。

皆様のドラフト指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

冨士隼斗のドラフト指名順位を予想しよう

冨士隼斗のまとめ

以上が、冨士隼斗のご紹介でした。

最速155km/hのノビのあるストレートや抜群のスライダーが魅力の本格派右腕。

ドラフト2023では一位指名の可能性もありそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2023】注目候補ランキングと候補一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA