坂井陽翔(滝川第二)【ドラフト】

ドラフト 候補の坂井陽翔(さかい はると)は、186cm・81kgの右投右打の投手。兵庫県加古川市出身。滝川第二高校所属。

最速148km/hのストレート、変化球はスライダー、カーブ、フォーク、シュートを操る。

スカウトから「将来的に155~156km/hを投げられる」と評価されている。

基本情報
名前坂井陽翔
(さかい はると)
出身地兵庫県加古川市
生年月日2005年4月5日
身長186 cm
体重81 kg
血液型
SNS
選手情報
投打右・右
守備位置投手
最高球速148 km/h
球種スライダー、カーブ、フォーク、シュート
遠投104 m
50m走6.3 秒
好きな球団 オリックス

また、読者の皆様の指名順位予想もご紹介していますので、ご投票頂けますと嬉しく思います!

坂井陽翔の経歴・プロフィール

経歴(所属チーム)
小学校氷丘南小学校
中学校播磨ボーイズ
氷丘中学校
高校滝川第二
国際大会
全国大会

中学校時代は硬式野球

氷丘南小学校2年生時に野球を開始。

氷丘中学校では播磨ボーイズに所属し、外野手を任されていました。

滝川第二では入学直後に投手転向

滝川第二では入学直後に投手に転向。

1年生夏の選手権予選ではライト兼投手として投打でチームに貢献します。

秋からはエースを任されるも、秋季県大会では初戦の報徳学園戦で敗戦となります。

2年生からエースで4番

二年生春季大会では4番を任され、チームのベスト4入りに貢献します。

夏の選手権予選では、初戦の神戸第一で先発し、8球団のスカウトが視察する中、5回1失点6奪三振。

4回戦の神港学園戦では6回無失点9奪三振でチームのコールド勝ちに貢献します。

準々決勝の加古川西戦では3失点7奪三振完投するもチームは敗戦となっています。

2年生秋に148km/hを計測

秋季県大会では、初戦の関西学院戦で先発し、スカウトのスピードガンで自己最速の148km/hを計測

5回4奪三振無失点で勝利に貢献しています。

3回戦の神戸学院大付戦ではリリーフとして登板し、5回1失点でベスト8進出を決めます。

準々決勝の報徳学園戦では、7回まで無失点の投球を見せるも、8回に失点を喫しチームは敗戦となっています。

坂井陽翔の動画と特徴

【プロ注目右腕】滝川二・坂井陽翔(2年・氷丘)【2022秋季兵庫県大会・1回戦】
【22夏 兵庫】4番エースの2年生が 注目校対決でも大活躍だ!滝二・坂井投手「9奪三振完封&3安打3打点」【2022選手権兵庫県大会 4回戦 滝川二×神港学園 】

ノーワインドアップから足を上げ、状態を一塁側方向に傾けて上から叩く投球フォームです。

ノビのあるストレート

魅力はストレートです。

最速148km/hで常時140km/h以上を投げ込みます。

力を入れた際には145km/hを計測する出力の高さがあります。

また、上体を一塁側方向に傾け、上から叩くようなフォームなので、回転軸が縦回転に近く、ノビのあるボールを投げられています。

高めで空振りが奪える威力あるボールです。

多彩な変化球

報道によると7球種操るそうですが、主にスライダー、カーブ、フォーク、シュートを投げます。

変化球の軸となっているのはスライダーです。

横変化量が大きく鋭く変化するので多くの空振りが奪えています。

また、球数は少ないですがフォークも有効です。

落差が大きくこちらも空振りが奪えているボールです。

その他には、緩いカーブや、2年生夏に習得したシュートがあるようです。

制球面で安定

制球面で安定しています。

捕手の要求したコースにしっかり投げ分けが出来ています。

ストレートは外角だけでなく、打者の懐をつく、内角の厳しいコースにも投げられています。

また、スライダーは右打者の外角にしっかり投げられ、空振りが奪えています。

ストレートだけでなく、変化球もしっかり制球出来るので、指先感覚が良いのでしょう。

四死球で崩れるタイプではありません。

坂井陽翔の成績

試合投球回防御率奪三振率与四死球率被安打率
22夏4201.8010.350.906.75
22秋3182.50

成績は2022年終了時です。

2022年秋季大会の詳細は一部不明ですが、夏には防御率1点台という素晴らしい結果を残していました。

奪三振率は10を超えており、イニング数以上の三振が奪えていることから、三振が奪えるタイプであることがわかります。

また、被安打率が低いので、ボール自体のレベルが高いことがわかります。

さらに注目したいのは与四死球率の低さです。

1試合平均1以下の0.90という非常に優れた数値となっています。

その為、制球面でも安定していることがわかります。

坂井陽翔のスカウトコメント・視察情報と指名予想

現時点で複数球団からコメントが出ています。

オリックスからは「将来的に155~156km/h」というコメントが出ており、将来性を高く評価していることがわかります。

また、その他の球団からも投手として高い評価をしていることがわかります。

8球団が視察したとの報道も出ており、注目度は非常に高そうですね。

今後の活躍に注目です。

皆様のドラフト指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

坂井陽翔のドラフト指名順位を予想しよう!

坂井陽翔のまとめ

以上が、坂井陽翔のご紹介でした。

最速148km/hのノビのあるストレートと切れ味抜群のスライダーが魅力の本格派右腕。

ドラフト2023では上位指名確実で、成長次第では一位指名の可能性もありそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2023】注目候補ランキングと候補一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA