【ドラフト】井上温大(前橋商)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】井上温大(前橋商)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、前橋商業高校の井上温大投手です。

最速144km/hのキレのストレートと縦横のスライダーが持ち味の左腕投手。

夏の大会初戦では9球団35名のスカウトが集結した注目選手です。

今回はそんな前橋商業高校 井上温大経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

井上温大(前橋商)の経歴は?

井上温大の経歴です。

経歴
  • 名前 : 井上温大(いのうえ はると)
  • 出身地 : 群馬県前橋市
  • 生年月日 : 2001年5月13日
  • 身長 : 174cm
  • 体重 : 68kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:岩神リトルファイターズ → リトル大胡スターズ → 前橋市立大胡中学校 → 群馬県立前橋商業高校

詳しく見ていきましょう。

井上温大の小学校・中学校時代は?

兄・唯人さんの影響で幼稚園年長から軟式野球を始め、岩神リトルファイターズに入ります。

小学校3年生からリトル大胡スターズに移り投手としてプレー。

前橋市立大胡(おおご)中学校では、軟式野球部に所属しました。

因みに父・典之さんも、元高校球児(群馬・樹徳高校で投手)でした。

井上温大は高校2年生冬から増量に力を入れる!

高校は地元の群馬県立前橋商業高校に進み、1年生秋からベンチ入り。

2年生夏の県大会では、リリーフや先発として計9イニングを投げ3安打無失点という成績を残しました。

2年生秋の時点で体重が61kgしかなく、どちらかというと小食でしたが、2年生冬から夕食でどんぶり3杯のご飯を食べるなど、増量に力を入れ、68kgにまで増やします

3年生春の県大会は、2回戦の嬬恋高校戦で6連続奪三振。

準々決勝の健大高崎高校戦では、ビハインドの場面でリリーフ登板し、5回を2安打7奪三振無失点に抑える投球を見せますが、試合は敗れます。

6月に行われた拓大紅陵高校(千葉)との練習試合で、球速を144km/hに伸ばしました

井上温大を9球団35名のスカウトが集結!

3年生夏の県大会では、1回戦の富岡高校戦で公式戦では自己最長となる8回を投げ1失点(6奪三振)。

この試合では、なんと9球団35名のスカウトが集結しています。

かなりの注目度であることがわかりますね。

3年生春まででは、県大会ベスト8が最高成績でした。

夏の大会では決勝まで進むも、前橋育英に敗戦し敗退となっています。

試合終了後にプロ志望であることを表明しています。

井上温大(前橋商)の成績は?

井上温大の成績です。

成績
  • 県大会通算(18夏、19春、不明分除く):14投球回、防御率0.00、被安打率3.21
  • 2019夏県大会:6試合、50 1/3投球回、防御率2.14、奪三振率7.87、四死球率2.86

2019年夏の県大会までの成績です。

防御率2点台前半と、安定した投球が出来ています。

奪三振率が7を超えており、三振を多く奪えるタイプであることがわかります。

四死球率は3前後となっておりまずまずです。

ただ、2回戦で7四死球していることを考えると、好不調の波はありそうです。

それでも大崩れをしていないので、試合をまとめる力がある投手と言えるでしょう。

井上温大(前橋商)の特徴は?

井上温大の特徴です。

こちらの動画(2019夏の県大会、富岡高校戦)を見ていきましょう。

右足を大きく上げてタメを作ってから、体全体を使ったダイナミックなフォームで投げています。

投球フォームは非常に綺麗で、投球センスを感じますね。

井上温大はキレのあるストレート!

球にキレがあり、バッターが振り遅れ、空振りも取れています。

腕の振りがしなるように柔らかく、キレのあるストレートを投げられるのかもしれません。

ストレートの最速は144㎞/hですが、球速よりも早く感じそうです。

また、ほぼ、上から投げ下ろすので、ストレートの回転の質もよさそうです。

ただ、シュート回転するなど、回転の質にばらつきがある時があります。

井上温大は縦横のスライダー!

動画内では、縦横のスライダーを投げています。

いずれのスライダーも打者の手元で曲がり、ストライクカウントを取ったり、打ち取れています。

横方向のスライダーは、左打者から空振りを奪うのにも使え、決め球にもなりそうです。

他には、カーブ、カットボールやチェンジアップも投げるそうです。

井上温大の制球力は?

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げており、ストライクゾーンぎりぎりの所にも投げられています

一方で、投球が高めに浮いてしまう場面も見られたので、制球力はまずまずといったところでしょう。

上のレベルに行くほど、失投を逃さないバッターが多いので、より正確な制球力を身に付けられるかが今後の課題となりそうです。

井上温大の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速144km/hでキレのあるストレート
  • 変化球は、縦横のスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

最速144km/hのキレのストレートとスライダーなどの変化球とのコンビネーションで抑えるタイプのように思います。

球速を伸ばし、スタミナもついてきているので、伸びしろもありそうです。

井上温大(前橋商)のスカウト評価は?

井上温大のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「とにかくフォームがきれい。けん制、フィールディングを含めて直すところがない。伸びしろがものすごくある投手」
    「将来的には内海(現西武)。高校生の左腕で5本の指に入るでしょう」
  • 巨人・長谷川スカウト部長「投げ方のバランスがいい。球速はもっと出るはず。体をいかに強くしていくかでしょう」
  • 巨人・内田スカウト「ピッチングがうまい。きれいなフォームで将来性がある」
  • DeNA・吉田球団代表補佐兼スカウト部長「いいフォームをしている。可能性を感じる」「高橋尚成(巨人、DeNAなど)タイプかな」
  • ロッテ・永野チーフスカウト「これほどシルエットがきれいな左投手は見たことがない。ボールが指にかかればもっと球速も出る。体ができれば本当に楽しみな投手」
  • 阪神・吉野スカウト「ボールのキレ、コントロールがいい。体ができてくればもっとよくなる」
  • 中日・正津スカウト「指先の感覚がいい。ピッチャーとしていいものを持っている」
  • 楽天・沖原スカウト「いじるところが見当たらない。3年後にはすごい投手になっているはず」

2019年6月に行われた拓大紅陵高校との練習試合あたりから注目され始め、短期間に多数のコメントが出ています。

2019年夏の県大会1回戦には、9球団35名のスカウトが集結しました。

ボールのキレ、コントロール、フォーム等を評価されており、将来性に期待しているスカウトが多そうです。

特に、ヤクルトは高校生左腕で5本の指に入るというコメントをしており、非常に高い評価です。

投球内容を見る限りでは、2019ドラフトで指名される可能性もありそうです。

井上温大(前橋商)のまとめ!

以上が、前橋商業高校 井上温大経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速144km/hのキレのストレートと縦横のスライダーが持ち味の投手です。

2019ドラフトでの指名も十分あるでしょう。

夏の県大会をはじめとする、今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です