【ドラフト】菅田大介(奈良学園大)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】菅田大介(奈良学園大)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフトの注目選手を見ていきましょう。

その中の一人が奈良学園大学の菅田大介選手で、大学では投手と野手の両方で出場する二刀流をやっています。

投手としては最速146km/hで、野手としても走攻守揃ったプレーが魅力の、野球センス抜群の選手です。

今回はそんな2019年ドラフト候補 奈良学園大学・菅田大介経歴や成績、特徴、スカウト評価をご紹介します。

菅田大介(奈良学園大)の経歴は?

まずは菅田大介の経歴です。

経歴
  • 名前:菅田大介(すがた だいすけ)
  • 出身地:大阪府守口市
  • 生年月日:1997年12月27日
  • 身長:187cm
  • 体重:83kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手・外野手
  • 経歴:守口市立金田小学校 → 東淀川ボーイズ(守口市立庭窪中学校)→ 京都共栄学園高校 → 奈良学園大学

詳しく見ていきましょう。

菅田大介の小学校、中学校時代は?

小学校2年生の時に軟式野球を始めます

中学生になってからは、硬式野球チームの東淀川ボーイズに所属。

高校は京都共栄学園高校に進みます。

菅田大介は甲子園出場なし!

高校2年生夏にはセンターのレギュラーとなり、府大会2回戦の洛北高校戦で2打点を挙げますが、3回戦(峰山高校戦)で敗退。

3年生夏の府大会は、3回戦までは4番を打ち、初戦の園部高校戦で本塁打を含む2安打3打点、3回戦の亀岡高校戦で3打数1安打1盗塁と活躍します。

4回戦からは1番を打ち、京都八幡高校戦では2安打、準々決勝の城南菱創高校戦で2四死球を選び1盗塁。

準決勝の立命館宇治高校戦では先発投手として5 1/3回を投げ6失点、試合は延長1戦まで入りますが、ベスト4に終わりました。

府大会ベスト4が最高成績で、甲子園出場はありませんでした。

菅田大介は1年生から全日本大学野球選手権に出場!

高校卒業後は奈良学園大学(近畿学生野球連盟)に進学。

多くの大学から誘いがありましたが、「1年生から頑張ってほしい。このチームと一緒に上を目指そう」と熱意のある言葉を監督からかけて頂いた事もあり、奈良学園大を選びます。

1年生春から外野手としてリーグ戦に出場し規定打席をクリア、打率.379(リーグ3位)、1本塁打、5盗塁を記録でベストナインに選ばれます

全日本大学野球選手権にも出場し、1回戦の中京大学戦、2回戦の九州国際大学戦でタイムリーヒットを打ちました。

しかし、準々決勝以降はノーヒットに終わり、準決勝の中京学院大学戦で敗れます。

1年生秋もベストナインに選ばれました。

菅田大介は2年生から投手に挑戦!

2年生からは投手が不足したため、高校時代に投手経験があったこともあり練習試合に登板。

社会人の練習に参加した時も「野手をやりながら投手をやること」をすすめられました。

本人も「投手をやりたい気持ちが強くなった。打者より投手の方が、プロ入りの可能性がありそう」と思うようになり、2年生秋からはリーグ戦でも投手として出場します。

2年生秋は、4試合に登板したほか、バッティングでもリーグ3位となる打率.421の成績でベストナインに選出。

因みに、指名打者制のリーグですが、登板する時は指名打者なしで打席にも立つそうです。

本格的な二刀流ですね。

菅田大介は3年生の時に大学野球日本代表候補に選出!

3年生春は、自身2度目となる全日本大学野球選手権に出場。

3番ライトで出場した1回戦・立命館大学戦では、タイムリーヒットを2本打ちったほか、6回途中からは投手として登板し、3 2/3回を無失点に抑え4奪三振でしたが、試合は敗れました。

大学野球日本代表候補にも選ばれ、全日本大学野球選手権後の選考合宿にも参加。

外野手としての選出でしたが、投手としてもマウンドに立ちました。

4年生春に阪神タイガースとの練習試合に先発、NPB球の影響もあって初回は3失点しますが、5回を4失点に抑え、打つ方でも2安打1打点とスカウトの前でアピールします。

リーグ戦では、先発としても投げるようになりました。

その一方です、打率.476で首位打者となり、4度目となる外野手のベストナインに選ばれます。

4年生秋は、リーグ戦途中にプロ志望届を提出し、投手・野手どちらで指名されるかも注目です。

菅田大介(奈良学園大)の成績は?

続いて、菅田大介の成績を、投手、打者の両方から見ていきましょう。

菅田大介の投手成績は?

まず、投手成績です。

投手成績
  • 全国大会通算(18全日本):1試合、3 2/3投球回、防御率0.00、被安打率4.91、奪三振率9.82、四死球率4.91
  • リーグ戦通算(17秋~19春):13試合、50投球回、防御率2.52、被安打率6.12、奪三振率7.20、四死球率3.96

大学1年生の時は投手をやっておらず外野手兼任の中、打たれたヒットが多くなく失点も抑えられています

ただ、四死球が多めのようです。

しかし、4年生春に限ってみると、34 2/3回を投げ四死球率が2.86で四死球による出塁を減らす事が出来ています。

また、4年生春に先発した4試合のうち、8回以上投げた試合が3試合とスタミナもありそうです。

菅田大介の打撃成績は?

続いて、打撃成績です。

タイトル
  • 全国大会通算(全日本:16、18):5試合、打率.286、1二塁打、4打点、4三振、出塁率.286
  • リーグ戦通算(16春~18秋):66試合、打率.303、16二塁打、4三塁打、2本塁打、29打点、35三振、32四死球、出塁率.392、11盗塁

3割前後の打率を残せており、二塁打、三塁打、本塁打と長打を打てています

4年生以降の成績の詳細は不明ですが、4年生春は打率.476の高打率を残し、首位打者となりました。

四死球を選んでの出塁も出来ていますが、四死球数(全国0、リーグ戦32)よりも三振数が上回っており、三振数が多めです。

三振数を減らせるかが今後の課題となるでしょう。

また、三塁打を打ったり盗塁を決めているなど、足も速そうです。

菅田大介(奈良学園大)の特徴は?

菅田大介の特徴です。

まずはこちらの動画(2019春の阪神との練習試合)を見ていきましょう。

右足を一塁方向に上げてタメを作っています。

テイクバックは小さく腕はしっかりと振って投げています。

スリークォーターに近い投げ方ですね。

菅田大介はノビのあるストレート!

プロ相手ですが、バッターが振り遅れている場面も見られました。

最速146km/h、常時130km/h台以上ですが、球速表示以上に速く感じ、球にノビがありそうです。

また、ストレートの質も良さそうです。

菅田大介の変化球は?

変化球はスライダーを投げていて、打者の近くで鋭く変化しています。

打ち取ったりカウントを取る事も出来ていて、決め球として使えそうです。

他には、チェンジアップ、カーブも投げるそうです。

菅田大介の制球力は?

キャッチャーの構えた所に概ね投げられており、内外角に投げ分けることもできています。

その一方で、明らかなボール球になることもあり、制球力はまずまずといったところでしょう。

菅田大介はバットコントロール!

次にこちらの動画(2018全日本大学野球選手権、立命館大学戦)を見ていきましょう。

右足を少し上げてタイミングを取っています。

そして、しっかり振り切ってスイングをしていますね。

動画の55秒辺りでは内角寄りの球をライト前へのヒットにしています。

こういった内角の球にもスムーズにバットが出ており、バットコントロールがありそうです。

また、バットをしっかりと振り切っているので長打を打つことも打てそうです。

菅田大介の選球眼はまずまず

ボール球やボール気味の球をしっかりとを見送ることが出来ています。

三振が多めですが、四死球を選んでの出塁もできており、選球眼はまずまずといったところでしょう。

菅田大介は野球センスがある!

大学に入学してからも、ピッチャーと外野手の両方でプレーしています。

ピッチャーをやっていて肩が強いので、肩の強さを外野手としても活かせそうです。

また、50m走のタイムは5秒8と足も速く、身体能力が高く野球センスがありそうです。

菅田大介の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速146km/hのストレート
  • 変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ
  • 制球力はまずまず
  • バットコントロールがある
  • 選球眼はまずまず
  • 足は速い

です。

投手としては、最速146km/hのストレートとスライダーなどの変化球が魅力です。

1年ほど野手に専念しており外野手兼任であることを考えると、まだ、伸びしろがあるといっていいでしょう。

野手としても、バットコントロール、肩の強さ、足の速さといった、野球センスがあります。

どちらも能力が高いですが、左腕なので投手としてプレーした方が良さそうです。

菅田大介(奈良学園大)のスカウト評価は?

続いて菅田大介のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・山本アマスカウト「スケールの大きい選手。二刀流の両面を見ていく」
  • 広島・鞘師スカウト「投手になったのも最近のようなので1年かけて見ていきます」

これらは、阪神タイガースとの練習試合の時のコメントで、投打両方で注目されているようです。

本人は、「評価していただける方で行きたい。投手で選ばれたらうれしいけど、ぜいたくは言っていられない。両方でアピールしたい。」とコメント。

投手希望ではあるものの、評価された所でのプロ入りを目指しているようです。

2019ドラフトで指名される可能性は、投手、野手ともにありそうですね。

菅田大介(奈良学園大)のまとめ

以上が、奈良学園大学・菅田大介経験や成績、特徴、スカウト評価でした。

投手としては左腕で最速146km/hのストレートとスライダーなどの変化球が魅力。

野手としてもバットコントロール、肩の強さ、足の速さといった、野球センスがあります

2019ドラフトでは、投手、野手どちらでも指名される可能性がありそうですね。

今後の菅田大介の活躍や動向に注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です