【ドラフト】小野大夏(Honda )の成績・経歴・特徴

【ドラフト】小野大夏(Honda )の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手はHondaの小野大夏投手です。

力のあるストレートやフォークなどの変化球が武器の本格派右腕です。

高卒2年目の社会人日本選手権でも登板し、球速150km/hをマークします。

今回はそんなHonda 小野大夏経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

小野大夏(Honda)の経歴

小野大夏の投球フォーム

まず、小野大夏の経歴です。

経歴
  • 名前 : 小野大夏(おの だいな)
  • 出身地 : 群馬県高崎市
  • 生年月日 : 1999年7月25日
  • 身長 : 177cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:高崎市立滝川小学校 → 高崎市立高南中学校 → 高崎健康福祉大高崎高校 → Honda

詳しく見ていきましょう。

小野大夏は高校時代に投手と捕手を兼任!

小学校時代から野球をはじめます

中学校では軟式野球部に所属していました。

高校は、地元の高崎健康福祉大高崎高校に進みます。

高校入学時は投手でしたが、一時期、捕手としても試合に出場しました。

これは、チーム事情によるもので、打撃が良く肩が強いため捕手を任せられたようです。

2年生春は、8番キャッチャーで関東大会に出場しました。

夏の県大会では、6試合中3試合でスタメン出場(うち1試合はレフト)し、2回戦及び準々決勝にリリーフ登板します。

しかし、決勝戦で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

小野大夏は高校3年生春のセンバツ甲子園で球速を145km/hまで伸ばす!

2年生秋は、関東大会1回戦の明秀日立高校(茨城)戦で、1回を投げ無失点(2奪三振)、この試合で143km/hをマークしました。

関東大会でベスト4となり、3年生春はセンバツ甲子園に出場します。

センバツ甲子園では、1回戦の札幌第一高校戦で1回を投げて無失点、3奪三振に抑えました。

2回戦の福井工大福井高校戦では、1失点するものの球速を145km/hまで伸ばします

準々決勝の秀岳館高校(熊本)戦では、ビハインドの場面から登板しますが、自らも失点し、試合も敗れました。

センバツで変化球が通用しなかったので、甲子園の後は変化球の練習に力を入れたそうです。

3年生春の関東大会では、1回戦の石岡第一高校(茨城)戦では変化球で打たせて取るピッチングをし、5回途中までノーヒット、6回を投げ1安打無失点に抑えます。

3年生夏の県大会は6試合に登板、準決勝まで無失点でした。

決勝の前橋育英高校戦では先発し、4回途中3失点で降板、準優勝に終わります。

巨人の湯浅大内野手とは高校の同級生です。

小野大夏は入社2年目の社会人日本選手権で球速を150km/hまで伸ばす!

高校卒業後はHondaに入社します。

1年目から公式戦に出場し、1年目から先発1試合を含む5試合に登板しました。

1年目の都市対抗野球、社会人日本選手権、2年目の都市対抗野球にチームは出場しましたが、登板機会はなく、社会人二大大会に初出場したのは2年目の社会人日本選手権です。

社会人日本選手権では、2回戦の三菱自動車岡崎戦にビハインドの場面でリリーフ登板し、2回を無失点(2奪三振)に抑えますが、試合は敗れました。

なお、この試合で球速150km/hをマークしています。

今後は、都市対抗野球、社会人日本選手権など重要な大会での登板も増えそうです。

小野大夏(Honda)の成績

次に、小野大夏の成績です。

成績
  • 二大大会通算(19日本選手権):1試合、2投球回、防御率0.00、被安打率9.00、奪三振率9.00、四死球率0.00
  • 都市対抗予選・スポニチ大会通算(19):5試合、14 2/3投球回、防御率1.27、被安打率6.75、奪三振率7.98、四死球率1.84

成績は、2年目の社会人野球日本選手権終了時のものです。

ややヒットを打たれやすいですが、その割には失点が少なくなっています。

与えた四死球が少ないからでしょう。

そして、奪三振率を見ると三振を奪う事も出来るピッチャーのようです。

小野大夏(Honda)の特徴や動画

続いて小野大夏の特徴です。

まずはこちらの動画を見ていきましょう。

左足を一塁方向に高く上げてタメを作った後は、大きな体重移動を使って投げています

リリースポイントはやや打者寄りで、肘の使い方も柔らかそうです。

小野大夏のストレートはプロ並みの回転数!

球に力があるのか、動画ではバッターが振り遅れています。

ストレートの球速は最速150km/h、常時140km/h前半ですが、球速以上に早く感じそうです。

上の動画では回転数が紹介されています。

ストレートの回転数はメジャーリーグの平均を超えており、質の良いストレートを投げられています。

そのため、打者から空振りも奪いやすそうです。

数字的にも十分プロで通用しそうですね。

小野大夏は変化球も高レベル

動画ではフォーク、カーブを投げています。

フォークボールは、回転数が少なく、ジャイロ気味の回転です。

なので落差が大きく空振りが奪えていますね。

カーブは、トップスピン成分があり、縦の変化が大きく、打たせて取るのにも空振りを奪うのにも使えると思います。

これらの変化球は決め球として使えそうです。

小野大夏の制球力はまずまず

きっちりコースへ投げ込めるタイプでは無さそうです。

ある程度キャッチャーの構えたところに投げられており、アバウトに内外角に投げ分けている印象ですね。

四死球も多くないので、ストライクに投げ込める制球力はある、といった感じです。

なので、四死球で崩れるタイプでは無いでしょう。

ただ、逆球もまだまだ見られます。

さらに上のレベルで活躍するには、こういった抜け球を減らしていきたいところですね。

小野大夏はランナーがいても球威が落ちない!

動画の1分25秒辺りではクイックでのタイムを測定してあります。

クイックのタイムは1.3秒前後で、まずまずの早さです。

球速も安定しており、制球も出来ているので、ランナーがいる場面でも安定して投げられそうです。

小野大夏の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速150km/hの力のあるストレート
  • 変化球は、フォーク、カーブ
  • 制球力はまずまず
  • セットポジションでも力を発揮できる

です。

最速150km/hの力のあるストレートとフォークなどの変化球を投げ分けて抑えることができます。

ピンチの場面でも球威が落ちないので、要所で抑えられそうです。

入社後も球速を伸ばしており、まだ伸びしろもあると思います。

小野大夏(Honda)のスカウト評価や指名の可能性

次に、小野大夏のスカウト評価です。

残念ながら、現時点で、スカウトが寄せたコメントはありません。

高卒2年目で、大きな大会に出場し始めたのが2年目秋の社会人日本選手権なので、まだ、注目度は低いのかもしれません。

日本選手権を視察したスカウトはいると思うので、今後、視察するスカウトが増えそうです。

今後の活躍次第では、2020ドラフトで指名される可能性が高まると思います。

小野大夏(Honda)のまとめ!

以上が、Honda 小野大夏経歴、成績や特徴でした。

最速150km/hの力のあるストレートとフォークなどの変化球が武器の本格派右腕。

高卒二年目としては非常にレベルの高さを感じます。

社会人選手ですが、若さというアドバンテージもあるので、2020ドラフトで指名される可能性も高いでしょう。

今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です