仮想通貨 Polymath (POLY) 証券トークンプラットフォーム!?特徴や将来性、購入方法はこちら!

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

こんにちは~

たけぽんです。

ビットコインがの価格が徐々に上がってきており、9600ドルほどまで行きましたね。

1万ドルを超えてくるようですとまた勢いが出てきそうですね。

今回は仮想通貨の紹介をしようと思います。

それはPolymath (POLY)です。

Polymath (POLY)は証券トークンプラットフォームを立上げようという試みです。

ICOで注目されており、2月14日にKuCoinに上場したばかりの銘柄でこれからの動向に注目したい案件ですね。

購入はKuCoinから可能です。

仮想通貨 取引所 kucoin クーコイン 流行る 特徴 登録 方法 購入 方法 ご紹介

 

仮想通貨 Polymath (POLY)とは?

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

Polymath (POLY)はイーサリアム(Ethereum)ベースに作られたトークンで、ERC20互換のトークンとなっています。

Polymath (POLY)のwebサイトは下記です。

紹介動画張っておきます。

ホワイトペーパーを翻訳してみました。

証券取引所のプラットフォーム。

過去2年間、ICOモデルは何百もの組織によって30億ドル以上を調達するために使用されてきました。政府機関は現在、非伝統的な資金調達の有価証券への影響を分析しており、証券法に違反するICOに潜在的な影響を及ぼす可能性があります。

本稿では、ブロックチェーンセキュリティトークンの第一次発行と二次取引を容易にするシステムであるPolymathを紹介します。Polymathは、ブロックチェーンベースのシステムを使用して、コーディネーションのためのツールを提供し、参加者がブロックチェーン上で金融商品を共同して立ち上げるようインセンティブを与える。

定義された要件をトークン自体に埋め込む標準的なトークンプロトコルを作成することにより、これらのトークンは検証された参加者間でしか購入および取引できません。

1.証券トークンを取引するための分散型プロトコルを提供します。

2.個人および機関が、身元、居住、および認定ステータスを認証して、幅広いセキュリティトークンオファリング(STO)に参加できるようにします。

3.法定代理人が、新しい発行体に入札して、規制に準拠した方法で発行体が発行体を表すことを可能にする。

4.発行者のSecurity OfferingパラメータをERC20互換トークンを生成する安全なコードに変換できる開発者と発行者を照合します。

Polymathのシステムは、参加者、資産、マーケットプレイス、およびプロセスのセットのためのツールとしてモデル化することができます。

近年でICO(Initial Coin Offering)で資金調達が増えているけど規制される可能性がある、なのでPolymathはブロックチェーン上で証券取引が出来るプラットフォームを作りますって話ですね。

ICOはトークンを発行して購入者から資金調達をしますが、証券のように配当があったり経営権を持てるわけでもないので、違法では?という見解もあり規制の対象になりかねません。

トークンにも配当や経営権などの投資契約を結べるようにして、証券化を試みれば良いのでは?というのがPolymathの試みで、イーサリアムのスマートコントラクトを活用することで、容易に契約をすることが出来ます。

要はIPO(新規上場株式)をブロックチェーン上で、かつ誰でも資金調達を可能にしようという試みで、彼らはこのことをSTO(Security token offerings)と呼んでいます。

下のリンクも参照してみると良いかもです。(英語ですがw)

先ほど説明した通り、IPOは証券取引所の審査があって一定基準以上の法人しか行えませんが、STOは誰でも可能ということですから「株式投資型クラウドファンディングをトークンでやる試み」という方がしっくりくるでしょうかね?

Polymathが言うには、米国ではデラウェア州とワイオミング州でこのSTOが法律的に可能な状況にあるとのことですが、投資型クラウドファンディングと考えれば普通に合法的に出来るのではないでしょうか?(トークンに配当があるというあたりは規制対象になってもおかしくはないですが・・・)

STOにより投資家と起業家がマッチングしやすくなり資金調達の手段が増えるわけで、投資家からしてもベンチャー投資がしやすくなるなるということですから試みとしては面白いですよね。

仮想通貨 Polymath (POLY)の価格、時価総額は?

2018年2月10日現在、Polymath (POLY)の仮想通貨時価総額ランキング84位の仮想通貨です。

時価総額ランキング:84位

時価総額:252,150,084 USD(260億円)

単価:1.05 USD(約108円)

発行数量:1,000,000,000 POLY 

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

上は価格推移ですが、2月頭に上場したばかりとなっており、そこまで大きな価格変動はしていませんね。

仮想通貨 Polymath (POLY)のこれから

Polymath (POLY)のロードマップは下記画像です。

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

 

フェース1のホワイトペーパーのリリースは完了しています。

フェーズ4でPolymathのプラットフォームをリリースするようですが、肝心の日時がわかりません(笑)

フェーズ5ではPolymathでの証券発行会社を発表するとのことで、既にいくつかの会社が予定されているようです。

日程感はわかりませんが、今後の動向に注目しておきましょう。

仮想通貨 Polymath (POLY)が購入できるのはBinance

現在一番Polymath (POLY)が取引されているのがKuCoinで、約75%のシェアとなっています。

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

KuCoinはユーザーも200万人突破したそうで、今後世界でもトップクラスの取引所になる可能性が高いです。

登録していない方は今のうちに登録しておいた方が良いでしょう。

仮想通貨 取引所 kucoin クーコイン 流行る 特徴 登録 方法 購入 方法 ご紹介

KuCoinの紹介、登録の方法などは下記のリンクに解説してあるので参考にしてみて下さい。

仮想通貨取引所kucoin(クーコイン)!登録方法、配当、特徴、購入方法ご紹介

2017.12.27

海外取引所を使ったこと無いという方は下記手順で購入するのがおすすめです。

Polymath (POLY)の購入方法
  1. ZaifBitbankに登録する(登録していない方は両方登録推奨)
  2. ZaifかBitbankでBCHを購入する。
  3. KuCoinに登録する。
  4. ZaifかBitbankからKuCoinにBCHを送る。
  5. KuCoinでBCHでBTCを購入する。
  6. KuCoinでBTCでPOLYを購入する。

手数料を安く、送金時間も考慮すると上記が良いでしょう。

手順の詳細は下記を参考にしてみて下さい。

ビットコインの買い方!取引所やおすすめ仮想通貨ご紹介

2017.12.29

ビットコイン初心者必見!購入はどこから?おすすめ仮想通貨取引所ランキング!

2017.12.23

手数料や時間を気にしない方は、ZaifかBitbankでETHを購入して、KuCoinへETHを送付して、ETHでPOLYを購入しても良いでしょう。

仮想通貨 Polymath (POLY)は証券トークンプラットフォーム

仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

以上がPolymath (POLY)のご紹介でした。

Polymath (POLY)は現在時価総額は84位でまだまだこれからの仮想通貨です。

証券トークンプラットフォームということで、面白い内容です。

イメージ的には株式投資型クラウドファンディングをトークンにしたような内容なので、これならサービス的には合法で出来る可能性は高いのではないでしょうか?

Polymath (POLY)の今後の動向は注目しておいた方が良さそうです。






仮想通貨 Polymath POLY 証券 トークン プラットフォーム 特徴 将来性 購入方法

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です