仮想通貨向け e-taxでオンライン確定申告!所得計算方法やツールのご紹介!

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

こんにちは~

仮想通貨で儲かっている方~

そろそろ確定申告の時期ですよ~

確定申告は2月15~3月15日となっています。

平成29年の仮想通貨の所得は雑所得になるので20万円以上の儲けには税金がかかります。

儲けはいわゆる利確した際に発生するのですが、仮想通貨で他の仮想通貨を購入した際や、仮想通貨で何かを購入した際にも利確と判断されるので計算が面倒なんですよね(笑)

一番面倒なのは仮想通貨による所得の計算ですが、自分でやるのは面倒だという方は外注するのも一つの手です。

今回は一連の流れとして、仮想通貨の税金に関するお話から仮想通貨の所得計算、e-taxを使ったオンライン確定申告の方法をご紹介します。

決して脱税はしないように!!

 

仮想通貨の税金は?

税金は様々な所得に課せられますが、仮想通貨の場合は総合課税の中の「雑所得」になります。

所得区分概要
利子所得預貯金や公社債の利子並びに合同運用信託、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得
配当所得株主や出資者が法人から受ける配当や投資信託及び特定受益証券発行信託の収益の分配などに係る所得
不動産所得土地や建物、地上権や不動産や船舶・航空機の貸付けによる所得
事業所得農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業を営んでいる人のその事業から生ずる所得
給与所得サラリーマンなどが勤務先から受ける給料、賞与などの所得
譲渡所得土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得
一時所得懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金、生命保険の一時金、法人から贈与された金品、遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等
雑所得公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などの9種類の所得のいずれにも当たらない所得

気になるのは税率ですよね?

所得税の税率は下記のとおりです。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
   195~330万円10%97,500円
330~695万円20%427,000円
695~900万円23%636,000円
900~1,800万円33%1,536,000円
1,800~4,000万円40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

例えば仮想通貨での所得が1,000万円の場合は?

1,000万円(所得)×30%(税率)-1,536,000円(控除額)=1,464,000円(課税額)

つまり仮想通貨所得が1000万円の方は税金を146.4万円支払う必要があるんです。

ちなみに、住民税は税率10%なので、これに上乗せして住民税を支払う必要があります。

なので実質的な税率は15~55%となります。

けっこう大きい金額ですよね~

仮想通貨の節税対策はふるさと納税がおススメです!!下記記事をチェック!

仮想通貨の節税対策!ふるさと納税の仕組みは?おススメサイトは?限度額計算も!

2018.03.13

仮想通貨の所得の計算方法

ではどうやって仮想通貨の所得を計算するのか?

国税庁が発表している内容は下記リンクです。

順に見ていきましょう。

仮想通貨の売却

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

この例ではビットコインの部分売却ですね。

4BTCを200万円で購入したので1BTCが50万円ですね。

0.2BTCを11万円で売りましたが、元の価格で言うと0.2BTCは10万円です。

つまりこの差額の1万円が所得(儲け)ということになります。

このように、仮想通貨の所得は持っているだけでは所得にカウントされません。

日本円などに変えた場合の利確(利益確定)時に所得がカウントされます。

仮想通貨での商品の購入

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

次は仮想通貨で何かを購入した場合です。

これも先ほどの売却した場合と同じで、使用した=利確と判断されます。

仮想通貨と仮想通貨の交換

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

仮想通貨から別の仮想通貨への交換も同じで、これも利確とみなされます。

面倒ですね~(笑)

仮想通貨の取得価額

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

お!今度はビットコインを購入したり売却したり、商品を購入したり、買い増ししたりの場合ですね。

学校の教科書みたいになんだ(笑)

このような場合は2種類の計算方法があるようです。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

通常は移動平均法というものを使うようです。

移動平均法とは棚卸資産の評価方法のひとつで、その時点での在庫に合算して、合計金額と合計数量から平均原価を求める手法ですね。

つまり現在保有している仮想通貨、この場合はBTCの保有数と保有金額追加分の金額と数量を合算して、1BTC価格の平均を取得額としてしまう考えです。

これにより、3月9日の買ったBTCの残りが〇個で、11月30日に買ったBTCの残りが〇個、今回利確したのが3月9日のBTCだから・・・・という計算が不要になります。

仮想通貨の分岐

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

ハードフォークの際の仮想通貨の付与については、取得時点での価格になるそうですが、分岐時点で取引相場が存在していなければ取得価格は0円だそうです。

これについては付与された取引所で取得時に取引出来る状態だったのか?ということですね。

損失の取り扱い

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

仮想通貨での損失はほかの所得と相殺することは出来ません。

もちろん雑所得内での相殺は出来ます。

なので、BTCでは100万儲けたけど、ETHで50万損した場合は合算して50万円の雑所得になるということですね。

仮想通貨の証拠金取引

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

仮想通貨の証拠金取引は申告分離課税の適用ではないので、通常取引と同じく雑所得になります。

外国為替などの証拠金取引は申告分離課税が適用されるので、仮想通貨も早く適用されて欲しいですよね。

仮想通貨のマイニング等

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

マイニングの場合は取得時点での価格から電気代などの必要経費を引いた金額が所得になります。

なんか個人でマイニング出来ることを想定していないような内容ですよね(笑)

以上が仮想通貨の所得の計算方法のご紹介です。

仮想通貨所得計算ツール

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

先ほど仮想通貨の所得の計算方法をご紹介しましたが、結構面倒ですよね。

特に、海外取引所を使って草コインをばんばん買い漁っている私のような人間は非常に面倒です。

少しでも仮想仮想通貨所得の計算を楽にする方法はないのか?

探してみたところ、ここ最近仮想通貨所得計算ツールがサービスとして出始めていますね!

私が調べたサービスを紹介しておきますので、参考にしてみて下さい。

G-tax

現在β版のテスト中で、テストユーザー上限に達したので登録は出来ません。

近日中に再度募集があるらしいので、応募してみては如何でしょうか?

CRYPTACT

取引履歴ファイルをアップロードして損益計算を自動でしてくれます。

既にCryptopiaやbitfinexなどの海外取引所への対応もしており、これから対応取引所も増えていくそうです。

BitTax

取引履歴ファイルをアップロードして損益計算を自動でしてくれます。

bitFlyerやcoincheck、Zaifの国内取引所に対応しています。

この3か所しか利用していないという方はBitTaxで良いですね。

Coin Tool

2月8日にサービスリリースする予定のCoin Toolです。

現在キャンプファイヤーにてクラウドファンディングを行っています。

初めは国内取引所のみで、Binance等の海外取引所への対応を進めることを表明しています。

キャンプファイヤーで支援すると、安く利用できる特典もあるようです。

以上が仮想通貨所得計算ツールのご紹介です。

私のような草コインを買い漁るような方にとっては、海外取引所への対応がポイントになりそうですね。

面倒な場合は税理士にご相談という手も

また、仮想通貨の所得計算は非常に複雑で面倒なので税理士にお願いするという手もあります。

下記では無料でその人に合った税理士を無料で紹介してくれます。もちろん税理士を頼んだ場合の相場なども聞けるので気軽に相談しましょう!

e-taxでのオンライン確定申告

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

先ほどご紹介したように仮想通貨の所得の計算が出来たら、確定申告が必要です。

今回はe-taxを使ったオンライン確定申告の方法をお教えします。

まず下記の準備が必要です。

①マイナンバーカードの取得

②ICカードリーダーの購入

③ICカードリーダーの設定

④公的認証サービス 利用者クライアントソフト設定

⑤e-taxでの確定申告書類の作成

マイナンバーカードの取得

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

オンラインで完結するにはマイナンバーカードが必須です。

まだの方はそろそろマイナンバーカードの取得をしても良いのではないでしょうか?

ネットから申請手続きをして、市役所などの窓口に通知カードと身分証明書を持参すれば、交付してくれます。

確定申告書類をe-taxで作成して、申請は税務署へ行くという方はマイナンバーカードは特に必要ありませんのでご安心ください。

ICカードリーダーの購入

マイナンバーカードを使ってオンラインで完結するにはICカードリーダーが必須です。

マイナンバーがあっても読み取れる機会が無いと意味がありません(笑)

私の場合はソニーのRC-S380を購入しました。

ここではRC-S380で説明をしていきますので、設定に自身の無い方は同じものを買った方が良いでしょう。(たいして難しい設定はありませんが)

ICカードリーダーの設定

RC-S380を購入した方はソニーの下記ページに設定方法があります。

一緒に同封していた説明書と同じで、見れば簡単に設定は出来るでしょう。

一点注意したいのはSurface(サーフェス)を使っている方です。

なぜか「NFCポートの自己診断ツール」が使用出来ないそうなので、この手順は気にせず飛ばして大丈夫です。

私もSurfaceを使用しているのですが、問い合わせしたら「Surfaceは使えないという問い合わせが多く使えないみたいです」とのこと(笑)

公的認証サービス 利用者クライアントソフト設定

公的認証サービスの利用者クライアントソフトのインストールを行います。

下記リンクからインストールしましょう。

インストール後は全てのプログラムから「ICカードライタ設定」を立上げ、PC/SC対応(P)にチェックしてSony Felica Port/PaSoRi 3.00を選択。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

設定をクリックして完了です。

RC-S380以外の方は購入されたICカードリーダーの説明書をよく読んで対応下さい。

e-taxでの確定申告書類の作成

下記のリンクをクリックしてください。

対象ブラウザはInternet Explorer 11です。

ほとんど使われていないIE推奨はやめて欲しいですね(笑)

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

確定申告書を作成するをクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

続いて画面中央の作成開始をクリック。

すると下の画面になるのでe-taxを選択。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

すると下記の警告が・・・

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

どうやら事前準備セットアップというのもが必要らしい。

「事前準備セットアップファイルのダウンロードはこちら」クリックします。

「平成29年分事前準備セットアップ」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

ダウンロードファイルを実行しましょう。

インストール後に元の画面まで戻ると警告が無くなっています。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

全てチェックをして画面下の「入力終了(次へ)」をクリック。

すると下記の画面になります。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

利用識別番号を持っている方は左を、持っていない方は右をクリックしましょう。

持っていない方の場合は氏名や生年月日などの入力をして利用者登録します。

「お持ちの方」をクリックして、次の画面の「はい」にチェックすると下記の画面になります。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

ここに利用者識別番号とe-taxの暗証番号を入力、チェックをして情報検索をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

作成してなければ、なにもありません。

次へ。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

次へをクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

該当する申告書の作成が出来ます。

仮想通貨の場合は所得税コーナーをクリック!

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

サラリーマンなどの給与・年金以外に所得がある方は真ん中の「左記以外の所得のある方」「作成開始」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

e-taxにょり税務署に提出するにチェックをして、生年月日を入力しましょう。

一番下の「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にもチェックして、入力終了をクリック。

メッセージが出ますが、OKをクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

会社からの給与がある方は、まず給与をクリックしましょう。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

源泉徴収票の通りに入力してきましょう。

全部入力すると下記の画面になります。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

複数の所から給与を受け取っている場合は「もう1件入力する」をクリック、1か所の場合は次へをクリックしましょう。

全て入力完了すると「給与」の部分に金額が入力され、その他の部分も反映されていることがわかりますね。

続いて副業や仮想通貨での所得がある場合は雑所得になりますので、「雑」の「その他」をクリックします。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

上記以外欄の「入力する」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

例えば仮想通貨の場合は下記のように入力します。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

全て入力したら「入力終了」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

金額を確認して入力終了をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

右側の課税される所得金額が追加徴収が必要な税金となります。

全て入力したら、画面一番下の右にある「入力終了」をクリック。

続いて住民税についても申告していきます。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

住民税・事業税に関する事項をクリックしましょう。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

給与から差引きにチェックすれば務めている会社が給与から差し引いてくれるようですので、副業OKの会社は給料から差引きで良いでしょう。

会社に副収入がバレたくない場合は、自分で納付にチェックがよいかと思います。

ただし、副業の職種や市区町村によって別納にならない場合があるそうですので、注意が必要です。

その後は指示通りに入力して行きましょう。

入力終了をクリックすると住民税等の入力画面に戻りますので「入力終了」をクリック。

すると下記の画面になるので、指示通りに入力していきます。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

1~3を入力して完了です。

最後にマイナンバーを入力して申告書の作成は終了です。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

次の画面では帳簿の確認ができます。

内容確認して次へをクリック。

e-taxでオンライン確定申告送信

続いてe-taxでの送信作業に入ります。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

利用識別番号の入力などをして、一番下の「入力データーの一時保存」をクリック。

続いてICカードリーダーを繋げて「入力終了」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

ICカードの準備枠内の認証サービス名の公的個人認証(マイナンバー)を選択して、次へをクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

パスワード!!なんだっけ(笑)

パスワードがあっていれば電子証明書の情報が出るので「次へ」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

また暗証番号(笑)を入力して「送信」をクリック。

これで完了のはずです。

私の場合は電子証明書の登録をしていなかったので、警告が出ました。

指示通りにやれば手続き出来ます。

すると下記の受信通知が出ます。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

画面右下の「送信終了」をクリック。

送信票券送付書等印刷画面が出るので印刷や保存をして「送信・印刷終了 次へ」をクリック。

e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

これで作業は終了です。

e-taxでオンライン確定申告!所得計算方法やツールのご紹介!まとめ

以上が仮想通貨の税金の話からe-taxを使った確定申告のご紹介でした。

面倒なのは仮想通貨所得の計算です。

他の作業は手順に沿って行えば大した問題は出ないでしょう。

所得の計算にあまり時間を掛けたくない方は、ご紹介したサービスで計算してしまうのが楽ではないでしょうか?

ただ、海外取引所への対応はまだまだの感じなので、これからの各サービスの対応次第といったところでしょうか。

私の場合一番苦労したのは、surfaceを使っていたので、ICカードリーダーの「NFCポートの自己診断ツール」が出来なかったことですね(笑)

最後に一点だけ、脱税は絶対にやめましょう!!






e-tax オンライン 確定申告 登録 納税 紹介

Twitterで

2 件のコメント

  • わかりやすい記事ありがとうございます。特に雑所得の書き方は参考になります。
    一点気になったのでコメントいたしました。

    > 仮想通貨や副業の場合は会社が差し引いてくれませんので(笑)、
    > 自分で納付をしなくてはなりませんので、「自分で納付」にチェック。

    給与から差し引きにチェックすれば会社が差し引いてくれますよ。会社に副収入をバレたくないという話であれば、自分で納付にチェックがよいかと思いますが。ただし、副業の職種や市区町村によって別納にならない場合があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です