coincheck(コインチェック)の売上規模を検証!GOX補償で仮想通貨返却あるのか?

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

昨日はcoincheckのハッキングということで、仮想通貨界に激震が走りましたね~

あのマウントゴックス以上のハッキング事件という事で、仮想通貨界の歴史に残る大惨事です。

会見を見ていると、coincheck側でのコールドウォレットの対応が遅れていたりと、セキュリティーに対しての対応が悪かったのかな?とうことを感じます。

しかし、あの会見を見て怖いなーという感想でした。

私も社長でこれから事業を立ち上げるという立場なので、あれがもし自分だったらと考えると・・・・

我々は仮想通貨の怖さを改めて知りました。また業界も改めて認識したでしょう。

これをプラスに捉え、これから仮想通貨界が良い方向に行くことを願っていますし、私も何か出来ることは無いか模索したいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、被害にあわれた方は何といっても自分の資産が大丈夫なのか?ということですよね。

なので、私なりにcoincheckの売上状況を算出して、どのくらい補償額が出せるのか?といった予想をしてみました。

情報が非常に少ないのでかなり推測が入りますが、参考にしてみて下さい。

違っていても私を責めないようにお願いします(笑)

1月28日追記:coincheckの補償について発表がありました。全額補償という形です。

 

coincheckの売り上げはどう算出するの?

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

coincheckの売り上げを予想は下記手順で算出します。

  1. coincheckの取引高シェア算出
  2. 世界の仮想通貨取引高の算出
  3. 世界の仮想通貨取引高からcoincheckの取引高算出
  4. coincheckの取引高から売買手数料を算出

売り上げの内、売買手数料で大半を占めるでしょうから、これでだいたいの売り上げは出るはずです。

そこから、人件費と開発費などの出費を引けば、現在coincheckが持ってるお金がどのくらいなのか?というのが見えてきます。

その上で補償額がどこまで出せるのか?と予想してみます。

coincheckの世界シェアを算出

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

coincheckの売り上げを予想するにはまず、coincheckが取り扱っている仮想通貨の取引高の市場シェアを調べる必要があります。

結論から先に言いますとcoincheckシェアは

BTC 約7%

XEM 約5.5%

その他アルトコイン 約3%

です。

それではなぜそのように算出したのか理由を書きます。

まず、一つ参考になるのはcoincheckはハッキングされたXEMです。

XEMは発行数量が約90億枚ですが、今回coincheckがハッキングされたのは5億枚

和田社長は「ほぼ全てのXEMを盗られた」と言っていますので、シェアは約5.5%程と考えられます。

しかし、XEMは大手海外取引所では扱っていない為に、日本取引所のシェアは高めに出るはずですので、これを基準に全て考えるのは危険です。

なので、coincheckのビットコインのシェアを基本にするのが良いでしょう。

Bitcoin日本語情報サイトからcoincheckの月別BTC取引高がわかります。

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

12月の取引量は31,802億円です。

coinmarketcapの12月のBTC総取引量は459,577億円となっています。

coinmarketcapで記載されているのが世界のBTC取引量の全てであると考えれば、coincheckのシェアは

31,802億円÷459,577億円=7%ほどとなります。

さて、これを基準にしてと考えるのはまだ早いです。

coincheckはBTCは取引所形式ですが、その他の仮想通貨は販売所形式です。

なので、販売所でそこまでの取引を行うのか?とう考えからシェアはBTCの1/4くらいだろう(笑)

ということでその他のアルトコインは2%と仮定。→適当(笑)

このようにして、coincheckの取引高シェアを

BTC 約7%

XEM 約5.5%

その他アルトコイン 約2%

としました。

各仮想通貨の世界取引量は?

各仮想通貨の取引高はcoinmarketcapで調べることが出来ます。

coincheckが取り扱っている仮想通貨の世界での月別取引高は下記になります。

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

ちなみにビットコインを入れていない理由は、coincheckのBTC取引手数料が0円なので、売上にほぼ影響していないということで省いています。

昨年の中盤からの取引高の上昇具合やばすぎ(笑)

coincheckの各仮想通貨の取引高

先ほどの各仮想通貨の月別取引高coincheckシェアを入れ込みます。

BTC 約7%

XEM 約5.5%

その他アルトコイン 約3%

するとcoincheckの各月の各仮想通貨取引高が出てきますね。

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

coincheckでは2017年に約1.4兆円分の仮想通貨が取引されているという結果に!!

ビットコイン抜かしてこの取引量。

さらに販売所・・・

やばいですね~

coincheckの各仮想通貨の手数料う売上

先ほど算出したcoincheckの各月の各仮想通貨取引高売買手数料を入れ込めば売り上げが出ます。

coincheckは販売所形式なので、通常の取引所と違って非常に多くの手数料が入ってきます。

売買の価格差が約6%程なので、取引量の6%がcoincheckの売り上げということになります。

それを踏まえて各月の各仮想通貨の手数料は下記になります。

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

2017年の仮想通貨売買では約840億円の売り上げがあることがわかります。

12月だけでも320億円の売上だったということになりますね~

1月はまだ途中ですが、12月の半分だとしても160億円くらいの売り上げがあると予想できるでしょう。

そうなると、ここ一年で1000億円くらいの売り上げ規模になっているということですね。

XEMハッキングの補償はどうなる?

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

直近1年の売り上げが1000億円ということを前提に、そのうちどこまで補償に回せるのか?ということですね。

まず考えなければならないのは出費です。

会社運営の大きな費用といえば下記でしょうか?

①人件費

②開発費

③広報

人件費

人件費については、現在社員数71名とホームページに記載してあります。

ざっくり、一人100万円/月とすれば8.5億円です。

ボーナスなどもあるので10億円くらいでしょうか?

さらに会見ではサポートが50人と言っていたような気がするので、100人くらいは派遣やパート、外に依頼していそうです。

ざっくり1億円として、合計して11億円くらいでしょうか。

開発費

ここら辺はまったくわかりません(笑)

大手のシステム開発屋に依頼していると思いますが、月1000万円くらいは払っているでしょうか?

それでも約1.2億円ほどですね。

多めに見て3億円くらいでしょうか。

あとはシステム運用費としてざっくり2億円くらいとしておきましょう(適当)

合計で5億円くらいでしょうか。

広告費

これはTVのCMに出ているくらいなのでかなりあるでしょう。

1回流すので40~80万円といわれています。

さらに製作費で1本5000万円といわれています。

500本放映として、約4.5億円ですね。

さらにアフィリエイト報酬があります。

ざっくり、アフィリエイトで10万人登録して、一人当たり1.5万円の報酬だとして、15億円となります。

他にも広報的な活動はしているでしょうから25億円くらいは広告宣伝費として使っていそうです。

coincheckが持っているお金はどのくらい!?

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

先ほどの費用の合計をして40億円ほどです。

辛く見てこれの倍の費用がかかったとしても100億円くらいでしょう。

直近1年の売り上げ予想は1000億円なので、900億円分くらいのお金(資産)はあるのではないでしょうか?

ただ、これはただの売り上げ予想です。

coincheckは販売所として、仮想通貨を相当数保有しています。

これらの保有していた仮想通貨の価格は、2017年中盤から年末にかけ爆発的に価格が上昇しています。

一旦下がってるとはいいえ、coincheck自身もこの恩恵はかなり受けていると考えるのが普通でしょう。

予想売上は単に1000億円ですが、この価格上昇を考えると数倍の資産を保有していてもおかしくはないでしょう。

なので、多少の費用を差し引きしても、最低でも900億円分、もしかしたら数千億円以上の資産を保有しているのかもしれません。

なので、私の予想としてはXEM分の580億円であれば、ユーザーへの補償最優先で考えれば全額補償は出来るのではないかという結論です。

XEM以外のGOXがなければという前提です(笑)

まとめ

coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

以上がcoincheckの売り上げ予想と、XEM分の580億円の補償があるのか?とういう予想でした。

直近1年の売り上げが1000億円なので、ユーザーへの補償最優先で考えれば全額補償は出来るでしょう。

思っていた以上に売上が多かったので、正直驚きました。

そりゃあ、CMバンバン打てるわ・・・

特に販売所という形式なので、とんでもない売り上げになっています。

取引所と比較すると販売所はほぼ詐欺に近いですよね(笑)

私は反販売所派なので、最近はcoincheckを全く使っていませんでしたが、結構coincheckに通貨を置いている方が多くて驚きました。

ともあれ、私の予想ではcoincheckはGOX分を補償しても破綻せずに運営を出来ると思いますが、この信用を取り戻すのは難しいでしょう。

入出金制限解除したら、かなり多くの方が避難するでしょうからね・・・

coincheckの対応がどうなるかわかりませんが、とりあえず動向を見守りましょう。

*この計算はあくまでも推測なので、あてにしないようにお願いします(笑)質問も受け付けません(笑)






coincheck 売り上げ 規模 検証 GOX 仮想通貨 返ってくる 補償

Twitterで

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です