仮想通貨 BCPT は分散型クレジットプロトコル!?特徴や将来性、購入方法はこちら!

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

今回は仮想通貨の紹介をしようと思います。

それはBlockMason Credit Protocol(BCPT)。

BlockMason Credit Protocol(BCPT)は債務/債権の発行や、貸借情報の記録/管理に特化した分散型クレジットプロトコルです。

3月6日にLNDNというお金の貸し借りが出来るアプリケーションがリリースされる予定なので、注目したいですね。

購入はBinanceから可能です。

仮想通貨 ビットコイン BTC binance バイナンス 取引所 手数料

 

仮想通貨 BlockMason Credit Protocol(BCPT)とは?

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

BlockMason Credit Protocol(BCPT)のwebサイトは下記です。

紹介動画は下記です。

動画のコメントの要点やホワイトペーパーの翻訳をまとめてみました。

BlockMason Credit Protocol(BCPT)を利用することで、信用は債務にまつわる機能を有する様々なアプリケーションをイーサリアム上にリリースすることが出来るようになります。

会計監査・債務不履行のプロセスや、売掛金の追跡なども可能にする重要な技術が濃縮されています。

BlockMason社はBlockMason Credit Protocol(BCPT)をオープンソース化、開発ドキュメントをリリースしているので、開発者はこれらを使って債権と債務を扱った様々なアプリケーションを容易に開発出来るようになります。

債権と債務以外にもファイナンス、ヘルスケア、電力、娯楽、法律、小売り、流通、エンターテイメントの分散型アプリケーションを開発していくでしょう。

また、BlockMason社がリリースする「LNDR」はBlockMason Credit Protocolを利用した初めての分散型アプリケーションです。

LNDRによって二者間における債権と債務を改ざんされないままで、永久に記録できます。発生した債務は仮想通貨を使って帳消しに出来ます。

LNDRは、Venmo、WeChat Pay、Alipayなどのアプリケーションとは異なり、シンプルなスポット決済や即時債務返済よりはるかに複雑で報酬の高い取引を可能にします。

LNDRは、あなたとあなたの友人が今日実験を始めることができる、社会的な借入とマイクロローンの新しく強力なシステムを可能にします。

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

BlockMason Credit Protocol(BCPT)はイーサリアム上に債務や債権や信用の記録をのせ、管理することに特化した分散型クレジットプロトコルです。

これにより、債権や債務を扱ったサービスだけではなく、ヘルスケアや小売りなどの分散型アプリケーションの開発の助けとなります。

実際にBlockMason社はBlockMason Credit Protocol(BCPT)を使ったアプリケーションである「LNDR」を2018年3月6日にリリースする予定となっており、ホームページは既にカウントダウンが始まっています。

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

LNDRでは一般消費者向けに個人間のお金の貸し借りが出来るサービスとなっています。

このようにお金の信用にまつわるサービスをBlockMason Credit Protocol(BCPT)を利用して容易に開発出来るのは面白いですよね~

追記:アプリは日本ではダウンロード出来ませんでした(笑)対応を待ちましょう!

https://twitter.com/yukihirotakeda/status/971268340374228992

追記:アプリ使えるようになっています!!

仮想通貨 BlockMason Credit Protocol(BCPT)の価格、時価総額は?

2018年3月3日現在、BlockMason Credit Protocol(BCPT)の仮想通貨時価総額ランキングは現在234位です。

時価総額ランキング:234位

時価総額:41,553,988 USD(43.9億円)

単価:0.92 USD(約66円)

発行数量:116,158,667 BCPT


 

上は価格推移ですが、上場してから約6倍くらいになっていますね。

時価総額は234位なので、まだまだこれからでしょうし、債務や債権や信用のブロックチェーンプロトコルという面白い内容なので今後に期待したいですね。

仮想通貨 BlockMason Credit Protocol(BCPT)のこれから

BlockMason Credit Protocol(BCPT)のロードマップは下記画像です。

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

まずはLNDRのバージョン1のリリースとなっています。これは先ほどご紹介した通り、3月6日予定です。

その後の予定は日程が記載していないのでわかりませんが、

LNDRはバージョン2で一般決済を導入、バージョン3で借入契約などの機能を追加して行くようです。

まずは、バージョン1のリリースを楽しみに待ちましょう!

仮想通貨 BlockMason Credit Protocol(BCPT)が購入できるのはBinance

現在一番 BlockMason Credit Protocol(BCPT)が取引されているのがBinancenのみで、70%のシェアとなっています。

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

Binanceは600万ユーザーを誇り、現在世界取引高1位の取引所で銘柄も豊富で使いやすく非常におすすめです。

仮想通貨 ビットコイン BTC binance バイナンス 取引所 手数料

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の登録方法と使い方!激安手数料でおすすめ!

2017.11.13

海外取引所を使ったこと無いという方は下記手順で購入するのがおすすめです。

BlockMason Credit Protocol(BCPT)の購入方法
  1. ZaifBitbankに登録する(登録していない方は両方登録推奨)
  2. ZaifかBitbankでBCHを購入する。
  3. Binanceに登録する。
  4. ZaifかBitbankからKuCoinにBCHを送る。
  5. BinanceでBCHでBTCを購入する。
  6. BinanceでBTCでBCPTを購入する。

手数料を安く、送金時間も考慮すると上記が良いでしょう。

手順の詳細は下記を参考にしてみて下さい。

ビットコインの買い方!取引所やおすすめ仮想通貨ご紹介

2017.12.29

ビットコイン初心者必見!購入はどこから?おすすめ仮想通貨取引所ランキング!

2017.12.23

手数料や時間を気にしない方は、ZaifかBitbankでETHを購入して、BinanceへETHを送付して、ETHでBCPTを購入しても良いでしょう。

仮想通貨 BlockMason Credit Protocol(BCPT)は分散型クレジットプロトコル

仮想通貨 BCPT 分散型 クレジットプロトコル 特徴 将来性 購入方法

以上がBlockMason Credit Protocol(BCPT)のご紹介でした。

BlockMason Credit Protocol(BCPT)は現在時価総額が234位なので、まだまだこれからの仮想通貨です。

イーサリアム上に債務や債権や信用の記録をのせ、管理することに特化した分散型クレジットプロトコルということで面白い内容となっています。

BlockMason社はBlockMason Credit Protocol(BCPT)を使ったアプリケーションである「LNDR」を2018年3月6日にリリースする予定なので、注目されそうですよね。

BlockMason Credit Protocol(BCPT)の今後の動向に注目しましょう。

仮想通貨の節税対策はふるさと納税がおススメです!下記の記事をチェック!

仮想通貨の節税対策!ふるさと納税の仕組みは?おススメサイトは?限度額計算も!

2018.03.13

ブログで紹介中の仮想通貨銘柄の一覧表作成しました!






Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です