素人でも大丈夫!?webサービス・アプリ開発をしよう!!

アプリ開発

こんにちは~

たけぽんです。

現代はスマートフォン革命で常に誰でもネットが繋がる時代となり、ビジネスでもwebサービスは重要な位置づけとなっています!

なので自分はプログラマーじゃないけどwebサービスやアプリをリリースしたい!って人いますよね?

私もその一人でした(笑)

webサービス・アプリ開発は専門家じゃないと無理と思うかもしれませんが、そんなことは無いんです。

今回はweb関係の全くの素人である私が実際に行ったアプリ開発方法について紹介したいと思います!

はじめに

アプリ開発には

①開発者

②仕様書

が必要です。

まず開発者ですが、エンジニアを雇うとなると高い人件費を支払わなくてはなりませんので、創業したては厳しいですよね!私もそうでした。

しかも創業したての会社に入ろうというエンジニアもなかなかいません(笑)

信頼のある大手企業への外注も良いのですがこれも高い!!ですよね・・・

開発はクラウドソーシングで!

www.youtube.com

そんなわけでたけぽんが実際に行ったのはクラウドソーシングです。ご存知の方は多いとは思いますが、フリーランスの方々と依頼者をインターネット上でマッチングするサービスがあります。これを使って仕事を依頼することをクラウドソーシングと言います。

つまり安く出来るということ(笑)

私が使ったサービスはランサーズでしたが、他にもクラウドワークスやCraudiaやシェフティー等、googleでクラウドソーシングで調べると沢山出ます。

ランサーズでの仕事の依頼

というわけで私はランサーズを選びましたので、ランサーズでの仕事依頼を紹介したいと思います!

まず初めに見積もり依頼を

まず依頼先を決めなくてはなりません。いきなり誰が良いのかなんてわからないので、「仕事を依頼する」からプロジェクト方式で依頼をしましょう!

素人には相場も全くわからないので、とりあえず依頼をしましょう!

プロジェクト方式とは見積もりを募集し、提出された見積もりで希望に合う方がいればその方と契約するという方式です。

私も全くわからずに依頼しました。しかもここでは詳細の仕様書を出していません。なぜなら提出したものが拡散するのが嫌だったのと、開発費の検討がつかないのでサービス自体の採算が合うかわからない状態で仕様書作成に手間を掛けたくなかったからです。

参考の類似サービスを提示してあげれば、相手もどのくらいの仕事量がわかるので概算見積もりとしてはまあまあの精度で出てきます。

依頼する際はオプションも選べますが、私の場合は選ばなくても20件くらいの提案が来て驚きました(笑)

ここで皆さんが見積もり金額を提示してきますのでおおよその金額がわかります。私の場合は50~300万とかなり開きました。高いのは大手企業で、個人や小規模会社は50~100万くらいといったとこでした。 大手企業は高いですね(笑)

f:id:takepon85:20170926005508j:plain

絞り込みと見積もり依頼へ

詳細の仕様書を提出していればそのまま依頼先を決めて仕事を進めれば良いと思います。私は提出していませんので、見積もり条件で数人に絞り、さらにメッセージのやり取りをして1人に絞りこの方のみに詳細の仕様書を提出することにしました。

絞り込む際は相手の実績、評価やメッセージやり取りのレスポンスを基準にすると良いでしょう!

メッセージで仕様書を送付し、次に説明するprottで作ったプロトタイプを共有し、最終的な見積金額を頂きました。

この後に直接この方に仕事依頼をするので一旦プロジェクト方式で依頼した仕事をキャンセルという形で完了させておきます。放置するとペナルティーがあるそうなので・・・

直接仕事の依頼

メッセージで見積もりが出たら、直接本人に仕事を依頼出します。相手のページへ進めば右側の方に「この人に仕事を依頼」ボタンがあるのでそこから金額を記入し仕事を依頼すれば完了です。

プロトタイプ制作ツール

次に仕様書ですが、全くの素人なのでどう書けばいいのやら・・・

これは私も困ったのですが、良いツールがあるのでそれを使うと下手な仕様書を書くより相手に伝わります。

それは「prott」というサービスで、簡単にwebサービスやアプリのプロトタイプが出来るという素晴らしいサービスです。他にadobeにも同様のサービスがあるようです。

prottを使ったプロトタイプ作成

prottapp.com

動画を見てもらうとわかりやすいですね。下の動画のように写真を取り込んで動作をさせることが出来るので簡単にプロトタイプが作れます。

vimeo.com

既存のサービスを参考にしたい場合も画面をスクリーンショットして貼り付けて行けばパクリwebサービスやアプリも簡単に出来ます(笑)

プロジェクトの共有も出来るので招待した人にプロトタイプを見てもらうことも可能です。

直接各画面へコメントも書き込めるので、こうしたいという依頼やこうした方が作りやすいといった提案などのやり取りも可能でスムーズな開発が出来ますね。

さらに作ったプロトタイプから遷移図も作ってくれるので手間もだいぶ省けます。

これでプロトタイプを作り、簡単な機能説明を付け加えるだけで通常の仕様書よりも簡単に相手に伝わります!

今なら30日間無料ですべての機能が使えるのでこれを機会に使ってみては如何でしょうか?

以上、今回は素人でもwebサービス・アプリ開発する方法のご紹介でした~

皆さんも何かサービスを作りたいと思ったら参考にしてみて下さい!

ありがとうございました!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です