会社設立の費用は?流れは?楽に時間を掛けず会社設立手続きしよう!①

起業
f:id:takepon85:20170910152442j:plain

今回は会社設立の手続きに関する記事を書きたいと思います!!

実際に私が利用した会社設立JPでの手続きを紹介致します。

流れに沿ってやれば簡単で時間を掛けずに会社を設立することが出来ます。しかし、スムーズに手続きする為にはいくつか注意点があります。私はその為少々時間がかかってしまいました。

記事内容を参考に無駄なく簡単にそして時間を掛けずに会社設立をしましょう!!

手続き代行を利用する理由

費用を抑えられる

自分で会社設立した場合の費用については下記です。

定款認証手数料 ・・・・5万円

印紙代 ・・・・ 4万円

登録免許税 ・・・・15万円

定款の謄本 ・・・・1部1000円

ーーーーーーーーーーーーーーーー

計                          約24万円

しかし、世の中には電子定款というものがあります。

電子定款であれば印紙代4万円は不要となります。

しかし自分で電子定款を作るには機材が必要でコストがかかります。

そこで機材を持っている業者に電子定款で依頼すると印紙代4万円が浮きますので、代行手数料数千円を支払っても自分でやるよりは安くなるという事です。

これだけでも面倒な手続きを代行する選択になるのではないでしょうか。

私の場合は現物出資の手数料5千円と、印鑑8千円をいれて22万円ほどでした。

手続きが簡単

既にフォーマットが用意されていて、いくつかの項目をこちらが提示してその通りに作るだけなので依頼主も時間を取られず簡単です。

また、公証人役場での定款内容の事前確認で自分が足を運ぶ手間も省けるため、変に自分でやるよりは代行に任せた方が圧倒的に楽で時間を節約でき失敗も少ないと思います。

そんな理由で私は代行に依頼した方が良いと考えました。

手続きの進め方

会社設立JPでの会社設立の流れ

手続きの流れは下記になります。

①各種項目の記入と回答

②印鑑証明や出資者を証明する通帳、代表者の身分証明書をスキャンして送付

③先方で定款作成しこちらで確認

④調印書類が送付される

⑤公証役場で定款の受け取り

⑥調印書類、印鑑証明を先方へ送付

⑦先方で登記申請

⑧申請後約10日で登記完了(会社設立日は申請日)

⑨こちらで適宜、謄本・印鑑証明書・印鑑カード等のご取得。先方へ謄本コピー送付

⑩先方で設立後の税務署等への届け出書類作成&こちらへ送付

⑪税務署等へ届出

f:id:takepon85:20170910152059j:plain

はじめに

はじめに下記を準備おいて下さい。

①出資者

出資金額は資本金となります。定款には出資者の名前、住所、出資金額が必要です。

資本金は会社を運営していく資金ですが、融資を受ける際に金額を決める目安にされます。日本政策金融公庫では平均で資本金の3倍くらいの融資をしているそうです。

ここで資本金を増やす為に現物出資という手段もあります。例えばお金ではなく車を100万円分として出資することが出来ます。500万円未満であれば簡単に出資出来るので活用も検討してみては如何でしょうか。

②会社名

自分が決めた会社名が既に登記されていないか確認が必要です。登記済会社名は国税庁法人番号公表サイトで調査可能です。また、会社ホームページ取得も考えてお名前.comでその社名のドメインが使えるかも確認しておいてください。

③所在地

私はIT関係の会社を設立しますので、まずはお金が掛からないという理由で自宅を所在地としました。もし自宅が嫌という場合はレンタルオフィスやバーチャルオフィスで住所だけ借りることも可能ですが、法人口座開設や融資制度の申し込み時に信用の面で不利になることもあるようですので、よく調べてから活用下さい。

④事業目的

定款に記載する際の目的の最後に「前各号に附帯関連する一切の事業」と付くのでそこまで細かく沢山書く必要はありません。

⑤決算月

資本金額が1,000万円以下の場合は設立第一期目と第二期目は消費税が免除されるので、基本的には設立月の前を決算月にしましょう。

手続きの前に代表者の印鑑証明、出資者の印鑑証明と空の口座に出資者から出資金を入金してもらった通帳(個人口座で大丈夫です。出資者口座から入金してもらうと通帳に名前が記載されるのでそれが証明になる)まで準備したほうが良いでしょう。(取締役で出資者の場合は印鑑証明が2部必要です)

手続きの進め方

起業

必要事項の記入

会社設立JPの左上にある「申し込みはこちらから」をクリックすると準備していたことが聞かれるのでその通り記入するだけです。

私は会社設立コースをメールコンサルにしましたが、急いでない場合はこれで良いかと思います。

公告は無料でドメインを取得してくれるので、最初はそれを使っての電子公告が費用も少なく済むのでお勧めです。公告方法は定款に記載するのですが、私はここで相談して決めたいにしてしまったので、先方が定款作成後にどうするか聞いてきて来て、そこからのドメイン取得申請になり、取得に5日も掛かり設立日が遅れた経験をしました。ドメイン取得なんてすぐ出来るのに・・・・

印鑑も自分で発注するのが面倒であれば依頼して良いと思います。

自分で用意する場合、印鑑は登記申請前に必要になるのでそれまでに準備して下さい。

その他オプションですが、私は一切頼みませんでした。自分で探すのが面倒とかかわからない人は頼んでも良いかと思います。

必要書類の送付

一通り記入が済んで会員登録されると、自社のページへ案内されチャット形式でやり取りが出来ます。(メールコンサルの場合だけ?)

そこで定款作成へ進む前に印鑑証明、通帳のコピー、代表者の身分証明書の送付依頼が有るので送付すると定款作成が始まります。

定款の作成

必要書類を送り数日すると定款の叩き台が完成しましたと確認メッセージが来ます。会員登録時から変更が無いか?と現物出資がある場合は証明書類の提出と任意の評価額を要求されます。また公告を相談したいにした場合はここでどうするか聞かれます。聞くの遅すぎ(笑)

私の場合は車を現物出資したので、車検証と出資する車と同等程度の車をネット中古ショップで検索して価格や写真や詳細が記載されている画面をプリントスクリーンして送りました。

変更内容があった場合はそれを修正し、現物出資内容を盛り込んだ定款が完成しますので、こちらで問題ないか確認します。

基本的には定款内容は問題ないと思います。私も本やネットで一項目ずつ調べながら確認しましたが、十分な内容と思います。

内容確認して問題無ければ公証人役場の指定をして完了です。

調印から公証人役場へ

これで調印する書類が2日くらいで送られてくるので各書類に調印を押します。送付される書類は下記となります。

  1. 定款認証用の委任状
  2. 登記申請用の委任状
  3. 復代理の委任状
  4. 払込証明書
  5. 本店所在地決定決議書
  6. 就任承諾書
  7. 印鑑届書
  8. 空のCD(公証役場での電子定款格納用)

現物出資がある場合は下記も一緒に来ます。

  1. 財産引継書
  2. 調査報告書
  3. 資本金の額の計上に関する証明書

これだけの書類を作ってくれて押印個所を指示した紙も一緒に添付され、公証人役場へ持って行く必要がある書類はクリップでまとめてあるので、本当に押印するだけ。非常に楽ですね!!

f:id:takepon85:20170901130229j:plain

さらに印鑑を依頼していた人はここで印鑑が届きます。

たかが印鑑なんだけどそれを見ると自分の会社ができるんだ!!と興奮しますね(笑)

f:id:takepon85:20170901130327j:plain

出資者の実印も必要ですので、出資者が複数人いる場合は事前に出資者に方にアポを取って実印を押してもらう段取りをとっておいた方がスムーズに行くでしょう。

調印が完了したら先方に日程を伝え公証人役場に行き電子定款を受け取りに行きます。

電子定款を受け取りに行く際は「定款承認用の書類です」と記載がある書類一式とCD-Rと定款認証代金 約5万+数千円を必ず持参して下さい。

公証人役場では予約した〇〇ですと言い、書類を渡し10分くらいで電子定款を受け取ってお金を支払って終わりです。ここで紙の定款を貰いますので、定款と登記登録用の書類を送り返して下さい。

ここくらいまでには設立費用のご案内で記載されている費用を先方に支払っておいてください。支払いがされないとこの後の登記申請はしてくれません(笑)

以上が定款受取までです。

私の場合は夏休みを挟んだので、ここまで3週間ほどでした。

この後、先方にて登記申請となりますが、この続きは次回にします。

今日はここまで!ありがとうございました!

続きは下記から!

会社設立の費用は?流れは?楽に時間を掛けず会社設立手続きしよう!②

2017.10.18







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です